シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

陽だまりハウスでマラソンを

公式サイト:http://www.hidamarihausu.com/
陽だまりハウスでマラソンを
(C) 2013 Neue Schonhauser Filmproduktion, Universum Film, ARRI Film & TV
英題:
BACK ON TRACK
製作年:
2013年
製作国:
ドイツ
日本公開:
2015年3月21日
(ヒューマントラストシネマ有楽町ほか)
上映時間:
日本語字幕:
寺尾次郎
協力:
東京ドイツ文化センター
提供:
ニューセレクト / ハピネット
配給:
アルバトロス・フィルム
デジタル 5.1ch/シネマスコープ/カラー

チェック:妻と老人ホームに入居した元オリンピックのマラソン金メダリストの老人が、ベルリンマラソン完走に挑戦する人間ドラマ。高齢を言い訳にせず生きがいや目標を見いだそうとする主人公を、ドイツで人気の喜劇俳優ディーター・ハラーフォルデンがこの役のために9キロ減量し体当たりで演じた。『ラブ・アクチュアリー』などのハイケ・マカッシュらが共演。実際のベルリンマラソンで撮影されたクライマックスシーンは迫力満点。

ストーリー:元オリンピック金メダリストとして有名なランナー、パウル(ディーター・ハラーフォルデン)は、妻の病気を機に二人で老人ホームに入居する。70歳を過ぎても至って健康なパウルは、つまらないレクリエーションや規則に縛られるホームに嫌気が差し、再び走り始めることに。ベルリンマラソン完走を目標に頑張る彼の姿を見て、当初はあきれていた妻や入居者たちも応援するようになるが……。

陽だまりハウスでマラソンを
(C) 2013 Neue Schonhauser Filmproduktion, Universum Film, ARRI Film & TV

映画短評

  • 山縣みどり
    「年寄りの冷や水」と陰口叩かれるBBAになりたい!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    老人ホームで子ども扱いされてマジ切れしたパウルが昔取った杵柄のマラソン出場を決意する姿に、集団行動が苦手な身としては共感しまくり。愛妻のコーチっぷりや彼の突飛な行動に心揺れる老人たちも微笑ましい。やや無理がある展開なのにパウルを応援せずにいられないのは、人間としての尊厳をはぎ取られかけた老人の最後の攻防戦という趣が濃いからだ。高齢になると認知症や赤ちゃん返りなどの問題も出て来るが、頭がハッキリしているうちは一人の人間としてリスペクトするべきなのだ。パウルの身の終い方を見て、将来的には「年寄りの冷や水」と陰口を叩かれるババアになりたいと切に願った。今からマラソンの特訓を始めなくては!

動画

元五輪金メダリストの老人がベルリンマラソンに挑戦!映画『陽だまりハウスでマラソンを』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『陽だまりハウスでマラソンを』ポスター
    ポスター
  • 映画『陽だまりハウスでマラソンを』チラシ
    チラシ
  • 映画『陽だまりハウスでマラソンを』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『陽だまりハウスでマラソンを』アンペルマンボールチェーン ソフトリフレクター
    アンペルマンボールチェーン ソフトリフレクター

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスティング: シモーネ・ベーア

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『陽だまりハウスでマラソンを』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『陽だまりハウスでマラソンを』★老夫婦フーフー人生マラソン日記のような^^; from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2015年6月8日 0時46分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166543/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   老人ホームに入居したパウル夫妻。 ホームでの生活になじめないパウルは 昔、選手だったマラソンを、始めることにした―― 高齢者が老後にも、まだまだ花を咲かせるゾ!と言う作品は この頃、よく目にしますが、それだけ老後の生き方についての関心が 高まっているのかもしれません。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 陽だまりハウスでマラソンを (2013) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年4月24日 3時26分)
    老人ホームを舞台にした映画はよくあるけれどこの映画に出てくる老人ホームは300人収容と大規模。ひとり、もしくは夫婦ごとの個室で家具などを持ち込むことができる。入居者の服装は日本の老人ホームより明るいし自由。比較的裕福な人たちが入る施設なのかもしれない。  やっていることは簡単な工作だったりみんなで歌を歌ったりと似たようなもの。拘束はやりすぎだけど、老人虐待とまで言うのは気の毒な気がする。人... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 陽だまりハウスでマラソンを from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年3月24日 0時15分)
    Dieter Hallervorden: Sein Letztes Rennen [CD]元五輪マラソン金メダリストがフルマラソンに再挑戦する姿を描く「陽だまりハウスでマラソンを」。高齢者の尊厳をきちんと描いた佳作。パウルはオ ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年3月16日の週の公開作品
  3. 『陽だまりハウスでマラソンを』