シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

パプーシャの黒い瞳

公式サイト:http://www.moviola.jp/papusza/
パプーシャの黒い瞳
(C) ARGOMEDIA Sp. z o.o. TVP S.A. CANAL+ Studio Filmowe KADR 2013
製作年:
2013年
製作国:
ポーランド
日本公開:
2015年4月4日
(岩波ホールほか)
上映時間:
日本語字幕:
松岡葉子
配給:
ムヴィオラ
モノクロ/1:1.85/5.1ch/DCP

チェック:『ニキフォル 知られざる天才画家の肖像』のクシシュトフ・クラウゼと妻のヨアンナ・コス=クラウゼが共同監督を務めた感動の人間ドラマ。ジプシーから初めて誕生した女性詩人、ブロニスワヴァ・ヴァイスの生涯を映し出す。ポーランドでテレビを中心に活躍するヨヴィタ・ブドニクがヒロインを熱演。モノクロームの映像で描かれる、第2次世界大戦前後の主人公を取り巻く激動の近代史に圧倒される。

ストーリー:ポーランドを旅するジプシー一族に生まれたパプーシャことブロニスワヴァ・ヴァイスは、幼少時から言葉に強い関心を持っていた。彼らの言葉で人形という意味の愛称を持つ彼女は空想の世界が大好きで、詩を詠むことが生きがいの少女だった。やがてパプーシャは成長し、ジプシー一族で初の女性詩人となるが……。

パプーシャの黒い瞳
(C) ARGOMEDIA Sp. z o.o. TVP S.A. CANAL+ Studio Filmowe KADR 2013

映画短評

  • 轟 夕起夫
    文字を持たない民族、文字では触れえない世界の深度
    ★★★★
    »読む«閉じる

    田村隆一は言った。「言葉なんかおぼえるんじゃなかった」と。その詩『帰途』の中で。さまよえる魂、ポーランドの現代史に翻弄されたヒロインの気持ちもおそらくそうだったのではないか。つまり猛烈な反語。言葉を憎み、しかしどこまでもそれを愛している。

    純粋無垢な才能に打たれて、彼女の言葉をポーランド語に翻訳した詩人フィツォフスキは、詩をつぎのように定義する。「詩とは、昨日感じたことを明日思い出させてくれるもの」。だがジプシーであるパプーシャの姿勢はこうだ。「詩を書いたことなど一度もない」。なぜか? 両者のあいだの、埋めがたい距離、それを明らかにするのがこの映画の存在意義(のひとつ)なのであった。

  • 森 直人
    美しい詩を書いた女性はなぜ迫害されたのか
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ユダヤ迫害を扱った『イーダ』に対し、こちらはジプシーを描く。といってもクストリッツァやガトリフのジプシー映画のような人懐っこい抒情は全くない。かつてのポーランド派の再来と呼びたくなる硬質のモノクローム映像で“負の歴史”を丹念に掘ろうとする。

    ヒロインは、詩人として評価されたことでジプシーのコミュニティから疎外されてしまった実在の女性だ。民族の尊厳と、同調圧力の表裏一体。またローカルな文化を外部に向けて記述し、伝達することの難しさも関わってくる。

    独力で知性と感性を開花させながら、「読み書きさえ覚えなきゃ幸せだった」と嘆くパプーシャ。寓話的タッチの中に込められた問題提起は、射程が長く鋭い。

  • 平沢 薫
    映像が彼女の詩そのものになろうとする
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     このモノクロ映像は、黒が濃い。黒の強さは、中世の銅版画を連想させる。主人公であるジプシー初の女性詩人が「父なる森よ 大いなる森よ」と呼びかけるその森は、黒く、深い。それが主人公の瞳の黒さと呼応する。

     そして、森は大きい。画面の中でいつも自然は大きく、人々はごく小さく、顔も判別できない。夜の森の中で、人々が火を燃やして取り囲む情景は何度もあるが、常に森は大きく、火は小さく、人々も小さい。物語の時代は第二次世界大戦前後なのだが、映し出される風景はまるで中世の農民画のようだ。

     映画には、主人公が書いた詩自体はごくわずかしか登場しないが、その代わりに、映像が彼女の詩そのものになろうとする。

動画

ジプシー出身の詩人ブロニスワヴァ・ヴァイスを描いたドラマ!『パプーシャの黒い瞳』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『パプーシャの黒い瞳』ポスター
    ポスター
  • 映画『パプーシャの黒い瞳』チラシ
    チラシ
  • 映画『パプーシャの黒い瞳』チラシ
    チラシ
  • 映画『パプーシャの黒い瞳』チラシ
    チラシ
  • 映画『パプーシャの黒い瞳』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『パプーシャの黒い瞳』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • パプーシャの黒い瞳 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年5月12日 0時30分)
    (ショートバージョン)文字を持たないロマ(ジプシー)の一族に生まれたパプーシャ。幼い頃から言葉や文字に惹かれた彼女は、文学の才能を開花させる。やがてパプーシャは、ジプ ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年3月30日の週の公開作品
  3. 『パプーシャの黒い瞳』