シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ヒロイン失格
(C) 2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C) 幸田もも子/集英社
製作年:
2015年
製作国:
日本
日本公開:
2015年9月19日
(新宿ピカデリーほか)
上映時間:
制作プロダクション:
ダブ
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:ベストセラーを記録している幸田もも子のコミックを実写化した青春ラブコメディー。思いを寄せる相手にとって自分こそがふさわしいと考える自信過剰な少女が、さまざまな騒動を巻き起こす。メガホンを取るのは、『貞子3D』シリーズなどの英勉。ヒロインに『女子ーズ』などの桐谷美玲がふんし、彼女と三角関係になってしまう少年たちを『L・DK』などの山崎賢人、『娚の一生』などの坂口健太郎が快演する。ときめきあふれる物語はもちろん、変顔や丸刈り姿まで繰り出す桐谷のコメディエンヌぶりも必見。

ストーリー:幼なじみの寺坂利太(山崎賢人)のことが好きで、自分は彼にとってのヒロインだと信じて疑わない松崎はとり(桐谷美玲)。しかし、クラスの中でも最もイケていない女子・安達未帆が彼に告白して付き合うことになってしまう。激しいショックを受けて落ち込むものの、略奪愛もいとわない勢いで利太へ猛アタックをするはとり。そんな中、容姿端麗で成績優秀、さらにスポーツ万能という、学校で女子からの一番人気を誇る弘光廣祐(坂口健太郎)に興味を持たれ、思いも寄らなかった三角関係が始まってしまう。

ヒロイン失格
(C) 2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C) 幸田もも子/集英社

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    陰陽極端な前半はそれはそれで買い。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    2ページにひとつ大コマがある無粋な漫画のような演出や、ほぼすべてをナレーションで語ってしまう脚本には辟易するが、それも許せる気にさせるのが桐谷美玲のコメディエンヌぶり。間断なく要求されるオーバーアクトに余裕の顔芸で応えて見事の一言。彼女以外にもメガネっ娘の複雑な心象を真摯な演技でこなす我妻三輪子はめっけものだし、恐るべき精度でクールなツッコミを入れまくる福田彩乃など女性陣が光る。ただしこのノリは長く続かず、後半は笑えもキュンともしない陳腐な恋愛劇に堕するのが惜しい。また「とてつもないイケメン」役の坂口健太郎が全くそう見えないのも苦しいな(ただし次作『俺物語!!』ではちゃんとそう見えるのだよ)。

  • くれい響
    英勉監督が得意ジャンルに戻ってきた!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『高校デビュー』の英勉監督が少女マンガ原作に戻ってきたことは喜ばしく、『ハンサム★スーツ』から続く、遊び心たっぷりの演出、いい意味でTVバラエティ的ノリは、本作でも健在だ。悪名高き『貞子3D』シリーズと比較にならないほど活き活きし、原作の売りだった変顔をノリノリで披露する原作のモデルになった桐谷美玲も、ついにメジャー作品の恋敵役まで上り詰めた我妻三輪子もいい感じだ。あくまでも、中盤までは…。修学旅行に突入する後半では、なぜかその遊び心が一気に失速。『アオハライド』の胸キュンにも遠く及ばず、総合的に平均的な少女マンガ映画化に終わってしまった。普通に、ラブコメで112分の尺は長すぎです。

  • なかざわひでゆき
    恋愛感情の痛いところを遠慮なく突いてくる率直さが◎
    ★★★★
    »読む«閉じる

     なかなか振り向いてくれない幼馴染の一匹狼男子か、それとも自分を好いてくれる学校一のイケメン男子か。そんな2人の間で揺れ動く女子高生のドタバタ恋愛模様を描く。
     王道的ラブコメのあるあるネタを逆手にとった自虐的ギャグの数々にニヤリ。それって本当の愛情なのか、それとも単なる自己満足や独占欲じゃないのか、恋に恋しちゃいないか、人間をルックスや評判で判断していないかなど、ズバズバと痛いところを突いてくる率直さも共感できる。
     それでいて、きっちり胸キュン要素を押さえているところも秀逸。唐突だけど絶妙な豪華ゲストの一発ギャグも含め、ラブコメが苦手な男子でも十分楽しめるはず。デートムービーには最適かも。

動画

映画『ヒロイン失格』予告編
映画『ヒロイン失格』特報
映画『ヒロイン失格』予告映像
山崎賢人にキュン!映画『ヒロイン失格』新スポット(利太編)
映画『ヒロイン失格』メイキング映像

ポスター/チラシ

  • 映画『ヒロイン失格』ポスター
    ポスター
  • 映画『ヒロイン失格』ポスター
    ポスター
  • 映画『ヒロイン失格』チラシ
    チラシ
  • 映画『ヒロイン失格』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ヒロイン失格』クリアファイル
    クリアファイル

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原作: 幸田もも子
監督:
脚本: 吉田恵里香
音楽: 横山克

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ヒロイン失格』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『ヒロイン失格』★利太が安達サンにOKした理由から from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2016年10月24日 22時48分)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/167095/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   高校生の「はとり」と利太(りた)は、幼なじみ。   はとりは、いつか、利太の彼女(ヒロイン)になるのは自分で 周りの女子はエキストラだと、タカをくくっていて 利太に告白するつもりもない。   そんなある... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヒロイン失格 from ダイターンクラッシュ!! (2016年1月5日 22時35分)
    2015年9月20日(日) 20:55~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 「愚かなる中島」役の福田彩乃が、とてもいい 『ヒロイン失格』公式サイト フリーパス13本目。 桐谷美玲は、かなりワザとらしい。 話は他愛のないもので、「君に届け」に遥かに及ばない。 お薦め度:☆☆★ ウザい度:☆☆☆ 俺度:☆☆★ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ヒロイン失格」 from 元・副会長のCinema Days (2015年10月28日 6時27分)
    前半こそ英勉監督の持ち味は出ているが、中盤以降はただの低調なラブコメになってしまう。しかも、その前半部分も同監督としてはノリが悪い。どうせ子供向けのシャシンだから高い出来栄えを期待しているわけではないが、もうちょっと気張って欲しかったというのが本音... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヒロイン失格 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年9月22日 0時46分)
    映画ノベライズ ヒロイン失格 (集英社オレンジ文庫) [文庫](ショートバージョン)はとりは、同じ高校に通う幼馴染の利太が大好きで、自分こそが彼の運命の相手だと疑わない女の子 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年9月14日の週の公開作品
  3. 『ヒロイン失格』