シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
おかあさんの木
(C) 2015「おかあさんの木」製作委員会
製作年:
2015年
製作国:
日本
日本公開:
2015年6月6日
上映時間:
配給:
東映
カラー

チェック:小学校の国語教科書に長期にわたり掲載された大川悦生の児童文学を基に、7人の子供を戦地に送り出した母の愛を描いたヒューマンドラマ。貧しいながらも子供たちを育て、戦地へ行った彼らを待つ母親を、『血と骨』などの鈴木京香が演じる。メガホンを取るのは、『解夏』『がんばっていきまっしょい』などの磯村一路。共演には、三浦貴大、志田未来、田辺誠一、奈良岡朋子らが名を連ねる。母と子供の関係性や周囲の人々との交流、どんなつらい時代にも強く生きる登場人物たちの姿が感動を呼ぶ。

ストーリー:昭和初期、長野県の田舎の村。7人の息子を生んだミツ(鈴木京香)だったが、若くして夫・謙次郎(平岳大)が心臓発作により他界。息子たちは立派に成長するも次々と出征し、ミツはそのたびに畑に桐の木を植えていた。謙次郎の同僚だった昌平(田辺誠一)やその娘・サユリ(志田未来)らに気遣われながら、ミツは木に語り掛け、息子の帰りを待っていた。

おかあさんの木
(C) 2015「おかあさんの木」製作委員会

映画短評

  • 山縣みどり
    息子を国に捧げた母親の悲しみに反戦を誓いたい
    ★★★★
    »読む«閉じる

    憲法改正で戦争が他人事ではなくなっている今こそ、見るべき映画だろう。幸せな結婚をして7人の息子をもうけた農村の娘ミツに寄り添いながら、きっぱりと反戦を掲げている。出征した息子の無事を願って桐の苗を1本1本植える母親の姿が泣かせるが、息子の戦死で“軍神の母”扱いされながらも心の痛みにそっと耐えた上げくに汽車に乗り込む息子の足にしがみつく姿には本当に胸が痛くなった。ミツは字も読めない無学な女だが、息子を捧げさせるような国はどこか間違っていると感じているのが伝わってくる。鈴木京香の耐え忍ぶ表情が実に切なく、心にしみる名演だ。日本のトップはこういう映画を見て戦争の被害者に思いを馳せてほしい。

動画

戦地に向かった子供たちを待つ母は…!映画『おかあさんの木』予告編
映画『おかあさんの木』原作本読み聞かせイベント 田辺誠一コメント映像
鈴木京香、14人の息子役にお汁粉を振る舞う 映画『おかあさんの木』完成披露会見

ポスター/チラシ

  • 映画『おかあさんの木』ポスター
    ポスター
  • 映画『おかあさんの木』チラシ
    チラシ
  • 映画『おかあさんの木』チラシ
    チラシ

スタッフ

原作: 大川悦生
監督:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『おかあさんの木』の映画ニュース

  • 興行通信社が8日に発表した土日2日間(6月6日~7日)の全国映画動員ランキングで、名優ジョージ・クルーニーが主演を務めたディズニーのSFアドベンチャー『トゥモローランド...た。 その他の新作では、鈴木京香主演の『おかあさんの木』が7位にランクイン。全国203スクリーンで...
  • 女優の鈴木京香が6日、都内で行われた、映画『おかあさんの木』初日舞台あいさつに登壇。主人公の強く優しいおかあさん・田村ミツを演じた鈴木は、7人の愛する息子たちから...を細めた。(取材・文:鶴見菜美子) 映画『おかあさんの木』は全国公開中...
  • 児童文学の名作を映画化した『おかあさんの木』で、7人の息子を兵隊にとられた母親役で主演を務めた鈴木京香が、作品への思いと25年余りの女優人生について語った。 近年で...まれている。(取材・文:石塚圭子) 映画『おかあさんの木』は6月6日より全国公開...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • おかあさんの木 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2015年6月11日 20時20分)
    美輪明宏の思い出話も加味? 公式サイト。大川悦生原作、磯村一路監督。鈴木京香、志田未来、三浦貴大、平岳大、田辺誠一、有薗芳記、奈良岡朋子、大杉漣、波岡一喜、松金よね子。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • おかあさんの木 from 単館系映画と舞台 (2015年6月10日 23時0分)
    おかあさんの木 イオンシネマ浦和美園 2015/6/6公開昭和初期、長野県の田舎の村。7人の息子を生んだミツ(鈴木京香)だったが、若くして夫・謙次郎(平岳大)が心臓発作により他界。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • おかあさんの木 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年6月8日 0時40分)
    ([お]14-1)おかあさんの木 (ポプラ文庫) [単行本]戦地へ息子を送りだす母の思いを描くヒューマンドラマ「おかあさんの木」。あまりにも真面目すぎて悪口も言えないが、母親の側から反 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年6月1日の週の公開作品
  3. 『おかあさんの木』