シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

チェック:劇作家・脚本家として絶大な人気を誇り、次々と話題作を世に送り出してきた三谷幸喜監督による奇想天外なSFコメディー。三谷映画として初めて宇宙空間を舞台に、木星のそばに浮かぶ人工居住区「うず潮」と地球を結ぶスペース幹線道路「ギャラクシー街道」の脇に立つ、こぢんまりとした飲食店に集まる異星人たちが織り成す物語を描く。主人公の宇宙人夫妻ノアとノエを、三谷監督作『ザ・マジックアワー』にも出演した香取慎吾と綾瀬はるかが演じる。

ストーリー:西暦2265年、木星のそばに位置する人工居住区「うず潮」は、「ギャラクシー街道」と呼ばれるスペース幹線道路で地球と結ばれている。以前はにぎわった街道も開通して150年がたち、老巧化が問題視されてきた。そんな街道の脇で営業している飲食店には、さまざまな星からそれぞれに事情を抱えた異星人たちが集まっており……。

ギャラクシー街道
(C) 2015 フジテレビ 東宝

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    不向き、としか言いようがない。やりたかったんだろうけど。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    三谷幸喜の笑いに毒が多く含まれているのは百も承知だが、やはり笑えてナンボのこと。ブラック・ユーモア、という次元以前の問題な気がするが、とにかく笑いの質が不快なのだ。「宇宙」という設定は単に免罪符に過ぎず、繰り出されるのは徹頭徹尾かなり差別的な笑いばかり。もちろん差別が笑いの本質にあることは僕も否定するものではないし、そこで想起したのは筒井康隆だ。筒井もSF(あるいは奇想小説)という枠を借りて差別的な笑いを臆せず扱い、読む者の内に宿る社会通念を蹂躙してきたわけだけれど、この映画の場合そこまでの黒い意思を感じられないのがなんとも辛い。そもそも香取&綾瀬では無理だよねぇ…「HR」は大好きだったが。

  • くれい響
    一話30分の連ドラだったら…。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    “三谷幸喜監督のSF”と聞けば、『ギャラクシー・クエスト』や『アポロ13』的な作風を期待してしまうが、地上で十分に成り立つ話である。しかも、オープニングの「奥様は魔女」オマージュじゃないが、あえてお得意のシットコムで勝負したのも間違い。同じ香取慎吾主演だった「HR」じゃないが、一話30分の連ドラならまだ目をつぶれるギャグをスクリーンで見るのは酷だ。おまけに、クライマックスの展開がこれまた問題作『エイプリルフールズ』と大被りなのもいかがなものか。香取をはじめ、好演しているキャストにとって黒歴史になったわけだが、最悪ミュージカルに徹し、石丸幹二らにも歌わせれば、この大事故は回避できたかもしれない。

動画

香取慎吾x三谷幸喜監督最新作『ギャラクシー街道』予告編

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ギャラクシー街道』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画:「ギャラクシー街道」♪。 from ☆みぃみの日々徒然日記☆ (2015年11月12日 16時8分)
    平成27年11月12日(木)。 映画:「ギャラクシー街道」。 監督・脚本:三谷幸喜 衣裳デザイン:宇都宮いく子 特殊メイク:江川悦子 SFX/VFXスーパーバイザー:田中貴志 キャスト: ノア:香取慎吾・ノエ:綾瀬はるか・ハナ:大竹しのぶ ゼット:山本耕史・… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「ギャラクシー街道」 from 珍竹鱗  映画とネットとモバイル機器の日々 (2015年11月6日 8時2分)
    映画「ギャラクシー街道」を観ました。 三谷幸喜の悪いところが目立ちそうな映画かなと思ったら案の定。 懐かしいドリフやたけしのコントを延々見せられるような感じで、映画の尺でそれはないと思いました。 宇宙人という設定を活かして、起こったトラブルを協力して解… ...[外部サイトの続きを読む]
  • ギャラクシー街道~NHK(日本崩壊街道) from 佐藤秀の徒然幻視録 (2015年10月28日 22時55分)
    公式サイト。三谷幸喜監督・脚本。香取慎吾、綾瀬はるか、小栗旬、優香、西川貴教、遠藤憲一、段田安則、石丸幹二、秋元才加、阿南健治、梶原善、田村梨果、浅野和之、山本耕史、 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ギャラクシー街道」:寒々と、冷え冷えと from 大江戸時夫の東京温度 (2015年10月25日 23時24分)
    映画『ギャラクシー街道』は、シットコム仕立てのスペースSFコメディーという発想自 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ギャラクシー街道 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年10月25日 0時52分)
    「ギャラクシー街道」オリジナルサウンドトラック [CD]西暦2265年、スペース幹線道路、通称“ギャラクシー街道”は、かつては賑わっていたが、150年がたって老朽化が進んでいた。その ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年10月19日の週の公開作品
  3. 『ギャラクシー街道』