シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
007 スペクター
SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved
英題:
SPECTRE
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ/イギリス
日本公開:
2015年12月4日
(TOHOシネマズ日劇ほか)
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
製作会社:
イオン・プロダクション
カラー

チェック:長い間人々をとりこにしてきた大ヒット作『007』シリーズで、ダニエル・クレイグが4度目のジェームズ・ボンドを体当たりで演じたアクション大作。前作同様サム・メンデス監督がメガホンを取り、新たなる敵スペクターとボンドの死闘を描く。ボンドガールを『サイの季節』などのモニカ・ベルッチと、『アデル、ブルーは熱い色』などのレア・セドゥというイタリアとフランスを代表する美女が熱演。苦悩するボンドの葛藤はもとより、明らかになる彼の幼少期の秘密に期待。

ストーリー:ボンド(ダニエル・クレイグ)は、少年時代の思い出が詰まった生家“スカイフォール”で焼け残った写真を受け取る。彼はM(レイフ・ファインズ)が止めるのも無視して、その写真の謎を解き明かすため単身メキシコとローマを訪れる。死んだ犯罪者の妻ルチア(モニカ・ベルッチ)と滞在先で巡り合ったボンドは、悪の組織スペクターの存在を確信する。

007 スペクター
SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved

映画短評

  • 中山 治美
    メンデスなりに007のお約束を入れてみました!って感じ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     S・メンデス監督なりに奮闘したのだと思う。
    しかし列車シーンは前作「スカイフォール」のデジャブ、2度も登場するテムズ川ロケはロンドン五輪のベッカムか??  どのアクションも既視感バリバリ。本作を見ながら、常に新たなアクションに挑んでファンを楽しませてくれるT・クルーズ株が一気に上昇だ。
     ボンドガールの扱いも雑。M・ベルッチのシーンなんて、やっつけ感さえ漂う。ファンが期待する007お約束のシーンには興味はないのだろう。
     前作のMの最期同様、今回もMI6メンバーとの些細なやり取りのシーンの方が俄然、物語が躍動する。英国らしい皮肉の効いたセリフも抜群。監督には向き不向きがあるってことで。

  • ミルクマン斉藤
    それにしてもサム・メンデス、爆破フェチだね。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    冒頭のかなり壮大な長回し移動シーン(サウンドデザインも完璧)から「女に強いボンド」色を打ち出して、そういう意味ではコネリー版への回帰。しかし徐々に『女王陛下の007』的恋愛要素が大きくなり(レア・セドゥがノーブルかつエロくてイイ)、極めつけはブロフェルドの登場だ。C.ヴァルツ演じる宿敵像は『オースティン・パワーズ』がパロったようなあからさまなものでなく“判る人は判る”的アプローチでそれもまた良し。ただちょいと場所移動が多く話の繋がりがスムーズでないし、H.ヴァン・ホイテマの色調を抑えた撮影は彼らしいが如何せん地味。前作『スカイフォール』の完成度には及ばぬものの、ファンが楽しめぬことは全くない。

  • なかざわひでゆき
    シリアス路線を見直す時期に来たのかも?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ダニエル・クレイグ版ボンド4作目となるシリーズ第24弾。今回は秘密組織スペクターとボンドの宿命的な戦いの始まりが描かれる。
     メキシコを舞台にド派手なアクションの展開するオープニングは絶好調。崩れ落ちるビルからの脱出劇や、大群衆の頭上を駆け巡るヘリコプター内での肉弾戦はなかなかの迫力だ。これは『スカイフォール』に続いてまたもや当たりか…?と高まる期待も虚しく、その後は一向に盛り上がらず。なんというか、拍子抜けするくらい地味なのだ。
     ボンドガールのレア・セドゥにも華がなく、存在感では10分程度しか出番のないモニカ・ベルッチに完敗。そろそろシリアス路線も限界なのでは?と思わせられる。

  • 森 直人
    英国代表として、第二の全盛期へ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    まさに貫禄。ビートルズのデビューと同じ62年に始まった映画『007』が再び絶頂を迎えている。

    D・クレイグ時代に入ってからは伝統と時代の間で、一作ごとに「007とは何か?」との問いかけがあった。実質リブートの『カジノ・ロワイヤル』、ジェイソン・ボーン・コンプレックスが露骨に出た『慰めの報酬』。そしてS・メンデスの作家性をぶつけて止揚した『スカイフォール』の重要な達成。

    そこから「円環」的に初期色へと接続させたのが今作で、アイデンティティの問題を延長しつつ再構築。クレイグのボンドは完成形に達した。英国代表にふさわしく主題歌も前作がアデル、今作がサム・スミス。『007』に時代も味方したのだ。

  • 山縣みどり
    男子の妄想でぱんぱんに膨らんだ冒険活劇
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    死者の祭中のメキシコで007が悪人と戦う冒頭は素晴らしい。「何事?」と思わせ、ヘリコプターのバレルターンなんて荒技に大興奮。でも残念ながら、そこまで。巨悪と007の過去のからみを入れたせいで世界の危機が私怨レベルに引きずり下ろされたし、クリストフ・ヴァルツ演じる悪人のカッコウの卵理論なんて「それじゃ殺す人が違うだろう」と突っ込みたくなる。メイクセンスしなさすぎ。実は007史上最高に突っ込みどころ満載かも。もちろん喪服の未亡人をコマし、拷問やビル爆破にもビクともしない驚不死身っぷりの発揮が007の本随だし、男子の妄想の実現だなと思うのみ。それにしても旧態依然としたマチズモだな~。

  • 清水 節
    犯罪組織と秘密兵器の復活!ベストアルバム構成で挑む活劇の王道
    ★★★★
    »読む«閉じる

     前作がMとの関係を描く母子篇ならば、今作は出自と向き合う父子篇。「ボンド家族」二部作の趣に、クレイグ=ボンド作品を束ねる結節点も用意した。初期の犯罪組織の復活、めっぽう強い殺し屋の出現、Qの発明による秘密兵器の活躍。感傷的で厳かな前作とは打って変わって大らかなアクションの王道を目指すが、その反面シリアスな物語の追求は宙ぶらりんになり、ドラマ作家サム・メンデス演出はバランスを失う。セルフ・オマージュとしてシリーズ名場面を散りばめたベスト・アルバム的な構成は、これぞボンド映画と称える往年の快楽主義者を喜ばせるが、団子の串刺し感は否めない。変革に挑んだ『スカイフォール』の輝きがより増してきた。

  • 相馬 学
    クレイグ版のノリを望むべからず!? とにかく王道を見よ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     『007』に何を求めるか? それによって評価は違ってくるが、かなりきわどい線を狙ってきたなあというのが正直なところ。

     クレイグ版ボンドにこだわれば、その特色であるリアリティが抜け落ちたのはどうか。とりわけラブストーリーは『カジノ・ロワイヤル』の緻密さと比べると見劣る。“スペクター”も荒唐無稽とは言わないまでも、現実味に欠けるのは否めない。

     しかしシリーズを俯瞰して見るぶんには十分にアリだ。ゴージャスなアクションはシリーズの水準に達しているし、ショーン・コネリー期へのオマージュ満載にもニヤリとさせられる。正月映画としての『007』は、そういえばこういうノリだったなあと、ふと思い出した。

  • くれい響
    ウィショーに加えて、バティスタ萌え!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    「死者の日」を舞台にした前作以上にヘリの使い方が巧いオープニングは圧巻。だが、前作『スカイフォール』の壁は厚かったか、スペクターを扱うことで気合いが入りすぎたか、前作より5分増の148分の長尺に問題アリ。久々なWボンドガールの扱いも、雪山シーンも、肩透かしを喰らった感強し。しかも、『96時間』『アンノウン』と同じ殺陣師ゆえにボンドがリーアム・ニーソンに、やりすぎな爆破シーンゆえに『エクスペンダブルズ』に見えてしまうのはいかがなものか。そんななか、しっかりツボを押さえているのは、Qと殺し屋役のデビッド・バウティスタの扱い。総合的に、前作越えは厳しかった『ダークナイト ライジング』感は否めない。

  • 平沢 薫
    新鮮さと伝統の間のバランスが見もの
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     バランスが絶妙。前作「スカイフォール」に続いて本作の監督を務めるサム・メンデスは、前作で"ダニエル・クレイグ主演作からの新たな007スタイル"を変化させ、従来の007スタイルに寄せていき、喝采を浴びた。本作の監督が彼にオファーされたのは、その変更路線を推進するためだが、そこでポイントになるのは、新スタイルと従来のスタイルの間の、どこを着地点にするか。そのために、どの部分の新スタイルを推進し、どの部分を従来のスタイルに戻すか、だ。その観点で本作を見ると、2つの方向性の配分がスリリング。オープニング映像や会話は従来スタイルで、悪役たちのキャラクター造形は新スタイル。そのバランス感覚が見もの。

動画

映画『007 スペクター』最新予告編
ボンドとスペクターが対決!『007 スペクター』予告編
ダニエル・クレイグ版ボンド再び!『007 スペクター』メイキング映像!
『007』新作の秘密を監督が証言!『007 スペクター』メイキング第2弾!
『007』最新作の映像公開!『007 スペクター』特報
『007 スペクター』アストンマーティンVS.ジャガー!迫力カーチェイス!
『007 スペクター』アバンタイトルの舞台が明らかに!特別映像第4弾
美しき二人のボンドガール!『007 スペクター』特別映像
CGは不要!映画『007 スペクター』アクションメイキング映像
『007 スペクター』主題歌を歌うサム・スミスからコメント!
『007 スペクター』ギネス認定!大爆発シーンの裏側公開!
ボンドとQが超近距離!映画『007 スペクター』本編映像
ダニエル・クレイグ、インタビュー映像 『007 スペクター』
クリストフ・ヴァルツ、インタビュー映像 『007 スペクター』
Q役ベン・ウィショーもやって来た!「Bond In Motion」展
ダニエル・クレイグ「最高の007ができた!」『007 スペクター』ダニエル・クレイグ&クリストフ・ヴァルツ インタビュー

ポスター/チラシ

  • 映画『007 スペクター』ポスター
    ポスター
  • 映画『007 スペクター』ポスター
    ポスター
  • 映画『007 スペクター』チラシ
    チラシ
  • 映画『007 スペクター』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『007 スペクター』「007」シリーズのデザイン本「Bond by Design: The Art of the James Bond Films (Excerpted Edition)」
    「007」シリーズのデザイン本「Bond by Design: The Art of the James Bond Films (Excerpted Edition)」
  • 映画『007 スペクター』日本限定プレミアムポスター
    日本限定プレミアムポスター
  • 映画『007 スペクター』インターナショナル版“スペクター”ポスター(TOHOシネマズ全国7劇場限定のムビチケ特典(数量限定))
    インターナショナル版“スペクター”ポスター(TOHOシネマズ全国7劇場限定のムビチケ特典(数量限定))

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

主題歌: サム・スミス
プロダクションデザイン: デニス・ガスナー
衣装デザイナー: ジェイニー・ティーマイム

キャスト

ジェームズ・ボンド:
オーベルハウザー:
マドレーヌ:
マネーペニー:
タナー:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『007 スペクター』の映画ニュース

  • 2016年英国インディペンデント映画賞(BIFA)が発表され、旅行雑誌のセールスをしている一行と旅をするティーンエイジャーの女の子を追った『アメリカン・ハニー(原題) /...プロデューサーに贈られるVariety賞は、『007 スカイフォール』『007 スペクター』でイ...
  • マーベルコミックスの破天荒ヒーローを実写映画化したアクション『デッドプール』の続編で、前作に引き続きメガホンを取る予定だったティム・ミラー監督が降板したことが明...、『キングスマン』のソフィア・ブテラ、『007 スペクター』のステファニー・シグマン、...
  • 映画『007』シリーズのジェームズ・ボンドを再び演じることはないと思われていた俳優のダニエル・クレイグが7日、ニューヨークフェスティバルに登場し、同役の続投に前向き...ureなどが報じた。 本シリーズの第21作『007/カジノ・ロワイヤル』から6代目として、...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【007 スペクター】を観た」 from NEW WAY.NEW LIFE (2016年4月10日 10時42分)
    先に観賞した知人に本作はダニエル・クレイグ版ボンドの【慰めの報酬】に匹敵する駄作だと聞いていたので、かなり構えて観た ちなみに【慰めの報酬】が駄作だと言うのには異論があ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「007 スペクター」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2016年1月4日 1時41分)
    今日は年末年始で寝正月の親父を連れてのこの作品。昨年から見たいとリクエストに応える形ではあったが、私はあまり興味なし(笑)。それにしても007シリーズを映画館で見るって何年振りかな?答えは後ほど(笑)。  通常、映画の感想を書く場合はココでざっとあら… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「007 スペクター」:タフでパッツンパッツンなボンド from 大江戸時夫の東京温度 (2016年1月2日 1時8分)
    本年も『大江戸時夫の東京温度』をよろしくお願いします。 映画『007 スペクター ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「007/スペクター」 from 元・副会長のCinema Days (2015年12月26日 6時30分)
    (原題:Spectre )居心地の悪い映画だ。作品のコンセプトが間違っている。前作「スカイフォール」の出来が良かっただけに、質的な凋落は残念だ。おそらくは次回から装いを一新しての“仕切り直し”になるとは思うが、その際にはシッカリとやってほしい。  「スカイフ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「007 スペクター 」極上の映像体験、安心印! from soramove (2015年12月17日 19時10分)
    映画「007 スペクター 」★★★★☆ ダニエル・クレイグ、クリストフ・ヴァルツ、 レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、 ナオミ・ハリス、レア・セドゥ、モニカ・ベルッチ 出演 サム・メンデス監督、 148分、2015年12月4日公開 2015,イギリス,ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (原題/原作:SPECTRE) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年11月30日の週の公開作品
  3. 『007 スペクター』