シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ミッシング・デイ

公式サイト:http://www.missingday.jp
ミッシング・デイ
(C) 2014 REClAIM FILM, LLC
英題:
RECLAIM
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年4月4日
(ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)
上映時間:
配給:
プレシディオ
協力:
VAP
カラー

チェック:ジョン・キューザック、ライアン・フィリップ、ジャッキー・ウィーヴァーら実力派俳優が共演を果たし、人身売買を題材に描いたサスペンスアクション。養女にしたばかりの娘を奪われた夫婦が、悪質な人身売買組織相手に捨て身の戦いを挑む姿を映す。『愛を問うひと』などのアラン・ホワイトが監督を務め、『バトルフロント』のラシェル・ルフェーブルが妻を好演。互いに一歩も引かない激しいバトルの行方や、スリリングな展開が見どころ。

ストーリー:スティーブン(ライアン・フィリップ)とシャノン(ラシェル・ルフェーブル)夫妻が養女に迎えたばかりのニーナが、プエルトリコの海辺の小さな街で行方不明になってしまう。混乱する二人に接近してきたベンジャミン(ジョン・キューザック)の助言を受けながらも、夫妻は死に物狂いで失踪した娘の消息を追う。やがて彼らは不審な養子援助施設にたどり着き……。

ミッシング・デイ
(C) 2014 REClAIM FILM, LLC

映画短評

  • なかざわひでゆき
    作り手の懐事情が丸見えです
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     子宝に恵まれないアメリカ人夫婦が、南米の養子縁組詐欺グループのカモにされた挙句、元締めと実行犯の内部抗争に巻き込まれてしまう。
     発展途上国の深刻な人身売買問題を背景にした社会派サスペンスだが、どうやらVOD配信用に作られたらしく、ジョン・キューザックにライアン・フィリップ、レイチェル・レフィブレなど中堅俳優を揃えてはいるものの、見た目の安っぽさは如何ともしがたい。
     でも最大の問題は、これみよがしな詐欺にホイホイと騙されていく主人公夫婦の信じられないような軽率さ。コスト削減を最重要視したとしか思えない陳腐な展開を含め、なるべく楽しようという作り手の思惑がモロバレだ。

動画

全く解説になっていない松岡修造風『ミッシング・デイ』予告編解説映像
奪われた娘の奪還作戦!映画『ミッシング・デイ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ミッシング・デイ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ミッシング・デイ』チラシ
    チラシ
  • 映画『ミッシング・デイ』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ミッシング・デイ』の映画ニュース

  • 元プロテニスプレイヤー・松岡修造のものまねで知られるお笑い芸人のこにわが、映画『ミッシング・デイ』の予告編解説を“松岡修造風”に行う映像が公開された。同映像では松...・キューザックがふんしている。 映像で『ミッシング・デイ』の予告が流れると、こにわは「テニスの映...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年3月30日の週の公開作品
  3. 『ミッシング・デイ』