シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ラン・オールナイト
(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年5月16日
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:『アンノウン』『フライト・ゲーム』のジャウマ・コレット=セラ監督とリーアム・ニーソンが3度目のタッグを組んだアクション。息子の命を守るため親友でもあるマフィアのボスの息子を殺害してしまったことから、復讐(ふくしゅう)に燃えるボスに命を狙われる殺し屋の逃走劇を描く。組織のボスに名優エド・ハリスがふんするほか、主人公を30年以上も追う刑事を『フルメタル・ジャケット』などのヴィンセント・ドノフリオ、主人公の息子を『ロボコップ』などのジョエル・キナマンが演じる。

ストーリー:ブルックリンのマフィアのもとで暗躍するすご腕の殺し屋ジミー・コンロン(リーアム・ニーソン)は、命を狙われた息子を救うため相手を亡き者にする。ところが相手がマフィアのボスで親友ショーン(エド・ハリス)の息子だったため、復讐(ふくしゅう)に燃えるショーンはジミーと彼の息子を殺すことを宣言。ジミー父子は、組織や金で買われた警察が包囲網を張り巡らせたニューヨークで、迫り来る追手を必死に振り切ろうとするが……。

ラン・オールナイト
(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    やっぱリーアムとの相性は抜群だな、J.コレット=セラ。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    なんだかアクション映画のヒトになっちゃった感もあるL.ニーソンだが、『96時間』の生ヌルさはここにはない。義理と人情を秤にかけた、アイルランド系マフィアのまさしく任侠映画。敵となるのは兄弟分E.ハリスだが、どちらの言い分も間違ってはいないのに闘わねばならぬ『博奕打ち 総長賭博』ぽい運命論が泣かせる(操車場での西部劇的な対決は名シーン!)。いわばヤクザな親父を持った彼らそれぞれの息子たち(対極とは云える育ちかただが、いずれにしろ不幸を背負っている)のために殉ずる、という悔恨の情に満ちた父親同士の闘いであり、それが激しいカーチェイスやスナイパー相手の緊迫したサスペンス以上に心動かされるのだ。

  • なかざわひでゆき
    ある意味、愛憎入り混じるオヤジ同士のラブストーリー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     裏社会を牛耳るボスのバカ息子を殺してしまったマフィアのヒットマンが、報復の標的となった自分の息子を守るために夜のN.Y.を駆け回る。
     お膳立ては極めてシンプル。しかし、主人公とボスが実は少年時代からの親友で、しかもお互いに息子との間には根深い確執がある。ヤクザ稼業ゆえに父親としては失格な2人の中年男。そんな彼らの複雑な友情を軸にすることで、数多の逃亡サスペンスとは一味違うハードボイルドな男のドラマに仕上がっている。
     やはり見どころは、リアム・ニーソンとエド・ハリスという強面オヤジの競演。愛情と憎しみが激しくぶつかり合う姿は、さながら男同士の「風と共に去りぬ」。これだけでお腹いっぱいだ。

  • 相馬 学
    コレット=セラ、もはや巨匠!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ジャウマ・コレット=セラ監督はただ者ではないと思っていたが、これは想像以上。まさに嬉しい驚きだ。

     リーアム・ニーソンを3度主演に迎えた本作は、前2作以上の筆圧。スネに傷を持つヤバいヤツらの人間模様の描写には無駄がなく、なおかつ必要な情報がすべて詰め込まれている。最小限の描写で濃密に描き切る手腕。これはやはりただ者ではない。

     見どころは多いが、単なる一夜の逃避行モノに終わらせない工夫も光る。リーアムふんする主人公が、決して息子を犯罪者にしないという意志をもって行動している点が妙味。かといって親子愛をしつこくアピールしない、あざとくない点もイイ。大人向けの本格派ハードボイルドだ。

  • 山縣みどり
    生まれ変わるならリーアム・ニーソンの子になりたいの
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    戦う60代、リーアムが今度は息子のために命を張る! 今回は義理と人情の板挟みになるのがポイントで、悪の排除に躊躇しない『96時間』のイメージとはチョイ違う。ただし高倉健的な逡巡はなく、割とあっさり息子を選ぶあたりがハリウッド。父と息子の不仲もお約束っぽいが、コレット=セラ監督作に深い人間ドラマを期待するほうが野暮ってもの。ありふれた設定で十分。とはいえヒネリは必要で、リーアム演じる殺し屋ジミーにある種の敬意を抱いている風にも見える刑事が登場。三つ巴の拮抗状態が生む緊張感がじわじわ来る。侘び寂びは無いけど、渋さはある。見終わって、生まれ変わるならリーアムの子になりたいとまたもや思いました。

  • くれい響
    これぞ観たかった『96時間/レクイエム』!?
    ★★★★
    »読む«閉じる

    疎遠だった我が子が事件に巻き込まれ、ニーソンがまたも覚醒! 警察や暗殺者ら相手にNY中を逃げ惑うが、軸となるのはエド・ハリス演じるニーソンに我が子を殺されたマフィアのボス。つまり『96時間リベンジ』に続く、父親VS父親の戦いだが、2人は苦楽を共にした旧友というキャラ設定や、この顛末をひと晩で描く展開からハードボイルド色が濃厚に。突然轟く雷や場面転換などの過剰演出もあれば、西部劇ばりにじっくり魅せるニーソンVSハリス戦など、メリハリの効いた演出もいい。いろいろカブる部分も含め、これぞホントに観たかった『96時間/レクイエム』。ただ、義娘役のジェネシス・ロドリゲスがあまりにお飾りなのが悔やまれる。

  • 平沢 薫
    父と息子、そして旧友同士の男のドラマ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    「96時間」シリーズは"娘を救う父親"だが、こちらは"息子を守る父親"。息子なので、ただ救えばいいわけでもなく、反撥しあい、共闘しあう。さらに、父親と旧友との友情とライバル意識が絡まり、男のドラマに。
     リーアム・ニーソンは「シンドラーのリスト」以降は演技派路線を行く手もあったのだろうが、アクション・スターになってしまうのは、あのガタイの説得力ゆえか。背がデカく、ムダ肉がなく、あのガタイならそんなことも出来るかと思わせる。息子役のジョエル・キナマンは、顔は別系統だがガタイが同系で、並んで歩く後ろ姿は親子。キナマンのスーパーヒーロー映画「Suicide Squad」のガタイの説得力に期待。

動画

リーアム・ニーソンが躍動!映画『ラン・オールナイト』日本オリジナル予告編
映画『ラン・オールナイト』予告編
映画『ラン・オールナイト』本編映像
映画『ラン・オールナイト』リーアム・ニーソン&エド・ハリスインタビュー動画
映画『ラン・オールナイト』カーチェイスシーンのメイキング映像

写真ギャラリー

Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ラン・オールナイト』ポスター
    ポスター

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ラン・オールナイト』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ラン・オールナイト」 from prisoner's BLOG (2015年6月18日 9時28分)
    ヒーローとエド・ハリスの敵役がそれぞれ息子との関係で悩みを抱えていて、相手の気持ちがわかるだけに辛いという構図が魅力的で、ボスと部下というと共に死地をともに潜り抜けてきただろう男の友情がほの見えるあたりもいい。 ただその割に、いざリーアム・ニーソンが大... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ラン・オールナイト from ダイターンクラッシュ!! (2015年6月8日 1時28分)
    2015年5月23日(土) 16:55~ 丸の内ピカデリー3 料金:1200円(購入特典クーポン) パンフレット:未確認 最強オヤジ、今度は息子を守る 『ラン・オールナイト』公式サイト 「68時間」のオヤジに比較するとくたびれ果てたアル中の粗野なジジイなのだが、無双ぶりは相変わらずだ。 ガス切れとなる終盤までは、ほとんど無敵。 クワイ=ガン・ジン以降、無敵のイメージ定着。 エド・ハリスが、友人兼ボス兼敵役で登場。矮小な男かつ単独での戦闘能力に難があるので、残念だ。 お勧め度:☆☆★ ボス度: ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ラン・オールナイト」 from ここなつ映画レビュー (2015年5月27日 12時28分)
    リーアム・ニーソンは往年の殺し屋なのである。人呼んで「墓掘りジミー」。ショーン・マグワイア(エド・ハリス)のために、汚れ仕事をずっとずっとし続けてきた。今、ショーンは成功してNYの裏社会を取り仕切るボスとなり、一人息子を後継者に、と考えている。ジミーはその生業の非道さから息子にも愛想を尽かされ絶縁されており、クリスマスだというのに暖房も効かない部屋で酒浸りで過ごすのみであった。その日、リムジンの運転手をしているジミーの息子マイク・コンロン(ジョエル・キナマン)が、ヤバイ客をヤバイ相手に送り届けた事により、殺 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ラン・オールナイト・・・・・評価額1700円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2015年5月26日 22時51分)
    譲れない、オヤジの流儀。 もはや何本あるのかすら分からない、リーアム・ニーソン主演のアクション映画だが、回を重ねるごとに劣化が進むベッソン系の「96時間」シリーズと違って、ジャウム・コレット=セラとのコンビ作はハズレがない。 サイコ・ホラーの秀作「エスター」で脚光をあびたコレット=セラは、その後2011年のスパイ・スリラー「アンノウン」以来三作連続でニーソンと組んでいるが、中でも本作... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ラン・オールナイト/すべてを失う覚悟の一夜 from 映画感想 * FRAGILE (2015年5月26日 11時53分)
    ラン・オールナイトRun All Night/監督:ジャウマ・コレット=セラ/2015年/アメリカ リーアム・ニーソンとエド・ハリスが「一線を越える時は一緒だ」って言うんです 新宿ピカデリー シアター6 E-12で鑑賞。 『96時間』の二匹目のドジョウ映画かと思いきや! これは! これは! あらすじ:息子が大変なので一緒に逃げます。 ジミー(リーアム・ニーソン)はアル中寸前で家族にも嫌われてるんだけど、息子(ジョエル・キナマン)が大変な目にあいそうになったので助けたら、相手が長年の親友 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年5月11日の週の公開作品
  3. 『ラン・オールナイト』