シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ルック・オブ・サイレンス

公式サイト:http://www.los-movie.com
ルック・オブ・サイレンス
(C) Final Cut for Real Aps, Anonymous, Piraya Film AS, and Making Movies Oy 2014
英題:
THE LOOK OF SILENCE
製作年:
2014年
製作国:
デンマーク/インドネシア/ノルウェー/フィンランド/イギリス
日本公開:
2015年7月4日
(シアター・イメージフォーラムほか)
上映時間:
日本語字幕:
岩辺いずみ
配給:
トランスフォーマー
カラー/DCP/5.1ch/ビスタサイズ

チェック:インドネシアで起きた大量虐殺の加害者たちを追った『アクト・オブ・キリング』のジョシュア・オッペンハイマーが、今度は被害者にスポットを当てたドキュメンタリー。兄を無残に殺された男が視力検査を装いながら、加害者たちと対峙(たいじ)する姿を追う。製作総指揮には『緑のアリが夢見るところ』などのヴェルナー・ヘルツォーク監督ら、『アクト・オブ・キリング』のメンバーが集結する。虐殺の加害者と被害者が向き合うことによって浮かび上がる責任なき悪に、考えさせられる。

ストーリー:1960年代のインドネシアで秘密裏に行われ、およそ100万人もの命が奪われた大量虐殺。眼鏡技師の青年アディさんは、自分が生まれる前に兄が惨殺されたことを知り、さらに加害者たちがインタビュー映像でその模様を喜々として語る姿にショックを受ける。加害者たちがどのような思いで殺りくに手を染めたのか、そして罪を犯したことを自覚させたいと考えたアディさんは、ジョシュア・オッペンハイマー監督と一緒に彼らと会うことを決意。視力検査を行いながら、加害者たちからさまざまな言葉や真実を引き出そうとするが……。

ルック・オブ・サイレンス
(C) Final Cut for Real Aps, Anonymous, Piraya Film AS, and Making Movies Oy 2014

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    「映像」が持つ前向きな力を実感せよ!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    かつて行った虐殺行為を嬉々として自ら再現する男たちを真正面から捉え、人間という存在のダークサイドを白日に晒した『アクト・オブ・キリング』の姉妹編。ただしこちらは被害者側の家族から描いたものだというので“それって当たり前の視座やん”という予想を軽く裏切る、さらなる酷薄さが凄絶。だって主人公は前作のプロットの発案者だから、そのガチ感は尋常じゃないのだ。しかし本作の本質は、虐殺加担者にその事実関係を問うた後に訪れる沈黙の時間。そこにインタヴューイの真実の心象が現れるのを冷徹に、しかし糾弾一辺倒ではなく記録しているのが、特異なサディスト集団の物語ではないことを言外に伝えて凄まじい。

  • 山縣みどり
    「許し」って言うは易し、実践は……。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    インドネシア大虐殺の真相はいまだに闇の中で、国民の大半は歪んだ歴史観を信じている状況を白日の下にさらすのが本作だ。兄を虐殺された検眼士アディが『アクト・オブ・キリング』で殺人自慢した老人たちと淡々と対峙する姿を追うが、被害者を前にした加害者たちの態度が千差万別。悪事と認識していたのが態度に現れる人もいれば、正義と言い張る人あり。監督とアディが暴くのは、国家が推進した殺人に盲目的に加担する人間心理だ。怖い。でももっと怖いのが双方が何もなかったかのように共存しなきゃいけない事情。加害者に「許し」を与える展開は理想的かもしれないが、「怨恨」を抱えて生きるアディと両親を思うと現実は甘くないと実感する。

  • なかざわひでゆき
    犠牲者が虐げられ続ける大量虐殺の不条理
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     100万人以上が犠牲となったインドネシアの大量虐殺の真実に迫った『アクト・オブ・キリング』の続編的な本作は、犠牲者の遺族の目から事件を振り返る。
     加害者の多くが今も英雄視されているため、愛する家族を殺された遺族は恨み言を口にすることすらできない。亡き兄の末路を探る男性アディの行為自体、実は危険極まりない挑戦だ。
     首を切る、ペニスを切る、腹をかっ捌く。当事者が自慢げに語る殺害方法のなんと酷いことか。息子を殺されたアディの父はストレスで歯が抜け落ち、母は髪が真っ白になった。彼らが息子恋しさに涙しながら貧しい苦渋の人生を歩む一方、加害者たちは恵まれた生活を送る。その不条理に呆然とする。

動画

『アクト・オブ・キリング』のジョシュア・オッペンハイマー監督作!映画『ルック・オブ・サイレンス』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ルック・オブ・サイレンス』ポスター
    ポスター
  • 映画『ルック・オブ・サイレンス』ポスター
    ポスター
  • 映画『ルック・オブ・サイレンス』チラシ
    チラシ
  • 映画『ルック・オブ・サイレンス』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ルック・オブ・サイレンス』特製ポストカード
    特製ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ルック・オブ・サイレンス』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ルック・オブ・サイレンス』 正義の正体 from 映画のブログ (2015年9月12日 11時27分)
    アクト・オブ・キリング やらせ  ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』の記事を書いてから、そんな検索キーワードでアクセスされることが続いている。  記事の中に「やらせ」という単語があるのは確かだが、私がその言葉を用いたのは『アクト・オブ・キリング』の中に実話に基づく映画づくりのシチュエーションが含まれていたからであり、このドキュメンタリーが「やらせ」というわけではない。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年6月29日の週の公開作品
  3. 『ルック・オブ・サイレンス』