シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
約束の地
英題:
JAUJA
製作年:
2014年
製作国:
アルゼンチン/デンマーク/フランス/メキシコ/アメリカ/ドイツ/ブラジル/オランダ
日本公開:
2015年6月13日
(ユーロスペースほか)
上映時間:
配給:
ブロードメディア・スタジオ
後援:
アルゼンチン共和国大使館
カラー/スタンダードサイズ

チェック:『偽りの人生』などのヴィゴ・モーテンセンが、アルゼンチンの逸材リサンドロ・アロンソ監督とタッグを組んで放つロードムービー。チリとアルゼンチンにまたがる南米大陸の南端にあるパタゴニアを舞台に、娘の行方を捜す父親の想像を絶する旅を描く。主人公の娘を新人のビルビョーク・マリング・アガーが演じ、『キングダム』などのベテラン、ギタ・ナービュが脇を固める。雄大な自然を背景に展開する、幻想的な物語に魅了される。

ストーリー:1882年、デンマーク人のディネセン大尉(ヴィゴ・モーテンセン)は、美貌の一人娘インゲボルグ(ビルビョーク・マリング・アガー)を連れてパタゴニアにやって来る。エンジニアの彼ははるばる海を渡り、アルゼンチン政府軍による先住民を一掃する作戦に参加していた。そんなある日、インゲボルグが海岸沿いの野営地から姿を消してしまい……。

約束の地

映画短評

  • 平沢 薫
    硬質な映像、丸い画面。コントラストで構築された神話的物語
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     映像が硬い。湿気がないので、光が強い。逆に、画面の形は柔らかい。スタンダードサイズの四隅が、古い写真のように直角ではなく丸みを帯びている。この硬さと柔らかさのコントラスト。南米大陸南端の広大な荒野を、北欧のカウリスマキ映画を撮ってきたカメラマン、ディモ・サルミネンが撮るというコントラスト。荒野を歩く主人公を遠くから捕えたカメラは、主人公の姿が画面の外に歩き去るまでフィックスのまま動かず、その姿が消えると無人の荒野が映し出される。大地と人のコントラスト。こうした対極にあるものが背中合わせに存在するという構造は、物語に呼応していて、ひとりの男の旅という神話的な物語は、いきなり別の側面を見せる。

動画

ヴィゴ・モーテンセン×リサンドロ・アロンソ監督!映画『約束の地』予告編

写真ギャラリー

Cinema Guild / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『約束の地』ポスター
    ポスター
  • 映画『約束の地』チラシ
    チラシ
  • 映画『約束の地』チラシ
    チラシ

スタッフ

製作・音楽: ヴィゴ・モーテンセン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『約束の地』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 約束の地 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年7月8日 0時1分)
    Jauja [Blu-ray] [Import] [Blu-ray](ショートバージョン)1882年。デンマーク人のディネセン大尉は、アルゼンチン政府軍による先住民掃討作戦に参するため、美しい15歳の娘インゲボルグを連れ ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年6月8日の週の公開作品
  3. 『約束の地』