シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
オートマタ
(C) 2013 AUTOMATA PRODUCTIONS.INC.
英題:
AUTOMATA
製作年:
2013年
製作国:
ブルガリア/アメリカ/スペイン/カナダ
日本公開:
2016年3月5日
(新宿ピカデリーほか)
上映時間:
配給:
松竹メディア事業部
製作会社:
Green Moon / Nu Boyana Viburno
カラー/シネマスコープ

チェック:ゴヤ賞やサン・セバスチャン国際映画祭などに出品されたSFサスペンス。人間に代わる労働力として人工知能搭載ロボットが使われている近未来を舞台に、ロボットたちの異変に気付いた男の姿を追う。監督は、『シャッター ラビリンス』などのガベ・イバニェス。『マスク・オブ・ゾロ』などのアントニオ・バンデラス、『ゴースト・ハウス』などのディラン・マクダーモットらが顔をそろえる。人工知能が発達する未来を予見したような物語に加え、随所でさく裂する迫力のアクションも見もの。

ストーリー:太陽風の増加が原因で砂漠化が進み、人類存亡が迫りつつある2044年。人間に代わる労働力としてオートマタと呼ばれる人工知能搭載ロボットが人々の生活に浸透していた。さらに、生命体に危害を加えない、自身で修理・改善しないというルールが製造時に組み込まれており、人間との共存に支障が出ないシステムが確立されていた。そんな中、オートマタ管理者ジャック(アントニオ・バンデラス)は彼らが自発的に修理を行っていたのを知って驚く。その首謀者と目的を探る彼だが、思わぬ事実に突き当たる。

オートマタ
(C) 2013 AUTOMATA PRODUCTIONS.INC.

映画短評

  • 平沢 薫
    砂漠化した世界で、機械たちは新たな進化を決意する
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     "荒廃した近未来""意識を持つ人型マシン"という、SF映画ですでに何度も描かれてきたモチーフの視覚化に果敢に挑んだのは、スペイン生まれ、CGアーティストからデジタル視覚効果監督を経て監督業に進出、本作が2作目の長編映画となるガベ・イバネス監督。物語のタッチは「ブレードランナー」直系のフィルムノワール風だが、世界像は真逆。世界は太陽風の増加によって砂漠化し、人工雨の降る居住区の外の乾燥地帯では生き物は生存できない。意識を持つ人型マシン達は、機械であることを剥き出しにした形状だ。その彼らが自ら進化しようとする時、はたしてどのような形態を目指すのか。そこにも新鮮さが盛り込まれている。

動画

アントニオ・バンデラスら出演のSFサスペンス!映画『オートマタ 』予告編
映画『オートマタ』特別映像

ポスター/チラシ

  • 映画『オートマタ』ポスター
    ポスター
  • 映画『オートマタ』チラシ
    チラシ
  • 映画『オートマタ』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ジャック・ヴォーカン:
レイチェル・ヴォーカン:
ロバート・ボールド:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『オートマタ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ロボットはどう進化していくのか?【映画レビュー】『オートマタ』あらすじ&感想(ネタバレ無し) from 楽ブログ (2016年10月15日 17時53分)
    時は2044年、太陽フレアの増加による地球の砂漠化で人類の99.7%が死滅し、残されたのは2100万人程度。 しかも電磁波が無線通信を妨害することによって通信システムによる文明はいちじるしく後退し、大気や地質の汚染が進む中で人類は残された文明を進歩させることで辛うじて生き延びていました。 そんな劣悪な環境での労働力を生み出すために生み出されたのが、人工知能を持つ人型ロボット「オートマタ」です。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • オートマタ   (2014)  ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年8月16日 3時27分)
    遠くない未来。太陽の異変によって人類の大半が死に残った人類はロボットに労働をゆだねた。ロボットが人間の介入なしにかってに進化しないように、厳重なプロトコルが設けられた。アントニオ・バンデラス主演のSF映画。DVDで観た。  いったんプロトコルを許容すればロボットが人間に置き換わってしかうかもしれない。  個人的にはそれはそれでいいんじゃないかと思う。 □ 2044年、活性化した... ...[外部サイトの続きを読む]
  • オートマタ~2045年問題 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年3月6日 22時56分)
    公式サイト。原題:Automata。ブルガリア=アメリカ=スペイン=カナダ。ガベ・イバニェス監督。アントニオ・バンデラス、ビアギッテ・ヨート・ソレンセン、メラニー・グリフィス、 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「オートマタ」の試写を見て from toomilog (2016年2月20日 7時7分)
    映画を見た感想をちょこちょこと ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年2月29日の週の公開作品
  3. 『オートマタ』