シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
クーキー
(C) 2010 (C) Biograf Jan Sverak, Phoenix Film investments, Ceska televize a RWE.
製作年:
2010年
製作国:
チェコ
日本公開:
2015年8月22日
(新宿武蔵野館ほか)
上映時間:
配給:
アンプラグド
キャラクターデザイン:
アマニタ・デザイン
カラー/5.1ch/16:9

チェック:『コーリャ愛のプラハ』『ダーク・ブルー』などのチェコの鬼才、ヤン・スヴェラーク監督による感動作。大好きな少年と引き離され、捨てられたテディベアがさまざまな困難に見舞われながらも必死で家路を目指す姿を実写と人形劇を交えて描く。キャラクターデザインを、チェコが誇るゲームクリエイター集団アマニタ・デザインが担当。クーキーの大冒険はもとより、おもちゃと少年の絆にほろりとする。

ストーリー:テディベアのクーキーは、病弱でぜんそくのオンドラの掛け替えのない友達だった。ある日、息子の健康のためを思った母親が、すっかり汚れて古ぼけてしまったクーキーをゴミに出してしまう。市街から距離のあるゴミ捨て場でショベルカーにつぶされそうになったクーキーは、危機一髪のところで森に駆け込み……。

クーキー
(C) 2010 (C) Biograf Jan Sverak, Phoenix Film investments, Ceska televize a RWE.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    シュールなキャラと切ないストーリーは東欧アニメの醍醐味
    ★★★★
    »読む«閉じる

     古くなって捨てられたボロボロのテディベア、クーキーが、遠く離れたゴミ処理場から持ち主の少年のもとへ戻るべく大冒険を繰り広げる。
     物語的には『トイ・ストーリー』路線だが、そこはシュヴァンクマイエルやトルンカを生み出したチェコ産人形アニメ、いわゆるキモカワ系のシュールなキャラデザインが独特の世界観を形成する。クーキーが旅路の途中で出会う森の精霊や妖怪たちもアニミズム的な土着性が濃厚だし、VFXを活用しつつも基本は昔ながらのマリオネットという手作り感もレトロで心地よい。
     そして、持ち主の少年の辛い境遇といい、クーキーのけなげさといい、物語の根底に流れる悲哀の切なさよ。東欧アニメ好きは必見。

  • 平沢 薫
    この奇妙な精霊たちをガシャポンにしてほしい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     森にいる精霊のような存在たちは、木の葉や実など森にあるもので出来ている。ゴミ捨て場で生じた者達はビニールや金属片で出来ている。それらの奇妙な存在たちの素材感と、ただ可愛いわけではないデザインに魅了される。彼らを生み出したのは、チェコのゲームクリエイター&デザイナー集団、アマニタ・デザイン。彼らの人気ゲームの主人公は"壊れたロボット"とのことで、その主人公も、本作の"物質と生物の間の完全ではない何か"なのだろう。本作のマリオネットという生命のないものに息吹を与える手法ほど、彼らを動かすのに適したものはない。彼らをセットではなく実際の大自然の中に置いて、その奇妙な存在感を際立たせている。

  • 森 直人
    チェコ産、マイナーコードの詩情が絶品。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    「ねえ、クーキーだよ。僕はゴミじゃないとみんなに言って!」
    森の中からクーキーがお家に電話をかけるシーンだけでも、目が潤むほどの哀愁。物語の土台はチェコ版『トイ・ストーリー』(特に『2』に近い)と言えるが、大枠は持病の喘息を患う男の子の空想の中の冒険だ。詰め物のおがくずがハミ出たぽんこつのクーキーは、彼の分身として過酷な試練に挑戦する。

    いわゆるパペットアニメではなく、「人形劇+実写」をVFXで仕上げていった映像が素晴らしい。自然の温度感が伝わってくる。むしろアニメーションの語源であるアニミズム(汎霊)的な共生世界の感触が実現されており、それは劇中で打ち出される死生観と完璧にマッチしている。

動画

チェコ発の感動作が日本上陸!映画『クーキー』予告編
映画『クーキー』特報
クーキー達は逃げ切れるのか!?映画『クーキー』カーチェイスシーン
この作品はこうして作られました!映画『クーキー』メイキング

ポスター/チラシ

  • 映画『クーキー』ポスター
    ポスター
  • 映画『クーキー』チラシ
    チラシ
  • 映画『クーキー』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『クーキー』オリジナル”クーキー”キーホルダー
    オリジナル”クーキー”キーホルダー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本・製作:
グラフィックアーティスト: ヤクブ・ドヴォルスキー

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『クーキー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年8月17日の週の公開作品
  3. 『クーキー』