シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

チャップリンからの贈りもの

公式サイト:http://chaplin.gaga.ne.jp/
チャップリンからの贈りもの
(C) Marie-Julie Maille / Why Not Productions
製作年:
2014年
製作国:
フランス
日本公開:
2015年7月18日
(YEBISU GARDEN CINEMAほか)
上映時間:
配給:
ギャガ
カラー

チェック:1978年のスイスで実際に起きた、驚がくの事件をベースにした犯罪劇。映画史に名を残す喜劇王チャールズ・チャップリンの遺体を盗み出し、家族から大金を取ろうとした男たちに待ち受ける運命を活写する。メガホンを取るのは、『神々と男たち』などのグザヴィエ・ボーヴォワ。『ココ・アヴァン・シャネル』などのブノワ・ポールヴールド、『シャドー・チェイサー』などのロシュディ・ゼムらが結集。奇想天外な物語に加え、チャップリンの息子ユージーンと孫娘ドロレスの出演にも注目。

ストーリー:1978年、スイスのレマン湖畔。貧しい生活を送り、妻の入院費も払えないオスマン(ロシュディ・ゼム)。そんな中、チャールズ・チャップリン逝去のニュースが流れる。すると親友エディ(ブノワ・ポールヴールド)からとんでもない話を持ち掛けられる。それは埋葬されたチャップリンの遺体を盗み、その返却と引き換えに家族から大金をせしめようというものだった。こうして、犯行に加わることになってしまうオスマン。だが、次々とトラブルが噴出し……。

チャップリンからの贈りもの
(C) Marie-Julie Maille / Why Not Productions

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    監督と作曲家の齟齬がちょっとモノ凄い(笑)。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    御大ミシェル・ルグランの音楽が、他の全要素すべてを超えて凄まじく挑戦的。『ライムライト』のメロディを随所で用いつつも素晴らしくゴージャスでときに前衛的な編曲(クラシカルなコーラス+フリージャズ+パイプオルガンって!)を聴かせてくれるのだが、演出の熱度が全然それに応えてくれない。そんな音楽はいらないよ、とでもいうように終始淡々として水と油。かといって『神々と男たち』で見せたような緊迫感はまるでなく、実際の事件もそうだったと思われるようなグダグダ感ばかり目立つうえに、サーカスのくだりなど本筋から離れたチャップリン・オマージュが挟まれたりしておそろしく散漫。でもこのアンバランス、嫌いじゃないのよね。

  • なかざわひでゆき
    チャップリン映画のペーソスを継承した人情喜劇
    ★★★★
    »読む«閉じる

     チャップリンの遺体が墓地から誘拐されて身代金を要求される…という’78年にスイスで実際に起きた事件を下敷きにした人情喜劇である。
     貧しい移民の犯人コンビ、幼い少女との切ない絆(『キッド』は少年だったけど)、心の拠り所となるサーカス一座など、全編に渡って散りばめられたチャップリン映画へのオマージュに思わずニンマリ。慣れない犯罪に手を染めて右往左往する主人公たちだが、その弱者に寄り添った可笑しくも哀しきペーソスはチャップリン喜劇の真髄そのものと言えよう。
     と同時に、これは移民問題や経済格差の拡大に揺れる現代欧州の混沌を間接的に風刺した寓話でもある。なぜ今この題材なのか。作り手の意図は明確だ。

動画

亡くなったチャップリンを誘拐!?映画『チャップリンからの贈りもの』予告編
チャップリンの孫娘出演!映画『チャップリンからの贈りもの』本編映像

ポスター/チラシ

  • 映画『チャップリンからの贈りもの』ポスター
    ポスター
  • 映画『チャップリンからの贈りもの』チラシ
    チラシ
  • 映画『チャップリンからの贈りもの』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『チャップリンからの贈りもの』チャップリンの名言入り特製コースター2枚セット
    チャップリンの名言入り特製コースター2枚セット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

オリジナル音楽: ミシェル・ルグラン
プロダクションデザイナー: ヤン・メガール
キャスティング: ブリジット・モワドン
第一助監督: ギョーム・ボニエ
プロダクションマネージャー: ティボー・マッティ / ガスパール・ヒルスキ
ラインプロデューサー: マルティーヌ・カシネッリ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『チャップリンからの贈りもの』の映画ニュース

  • パソコンを駆使して世界を翻弄(ほんろう)する神と、そんな彼に愛想を尽かした娘が巻き起こす騒動を描く新作映画『神様メール』が、初夏に日本公開されることが決定した。...・ヴァン・ドルマル。ドヌーヴのほかに、『チャップリンからの贈りもの』のブノワ・ポールヴールドが神様役で、『...
  • チャールズ・チャップリン不朽の名作『街の灯』(1931)の貴重なメイキング映像が21日、都内で行われた『チャップリンからの贈りもの』公開記念トークショー内で上映され、... チャップリン遺体誘拐事件を映画化した『チャップリンからの贈りもの』の公開を記念して行われた本イベント。こ...
  • 18日より上映される映画『チャップリンからの贈りもの』の公開を記念し、チャップリンの写真展が同作の上映劇場 YEBIS GARDEN CINEMA にて開催される。 写真展で展示される...どの資料も含め、計26点が展示される。 ![チャップリンからの贈りもの](second_pic.jpg "映画『チャップリンか...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【チャップリンからの贈りもの】を観た from NEW WAY.NEW LIFE (2016年4月10日 10時39分)
    ムショ帰りの男と病気の妻を持つ男が喜劇王チャップリンの遺体を盗んで一発逆転を狙う、というお話 これがまた良く出来た悲喜劇で、笑っていいのか、泣いていいのか、絶妙なバラン ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『チャップリンからの贈りもの』★ 遺体誘拐の実話(>_<)withピエロ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2015年10月30日 22時38分)
      作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/164842/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   1977年、スイス。 クリスマスの日に、喜劇王チャップリン死去。 “遺体誘拐事件“は、翌年に起こった――   実話を元に――と言っても 事件解決のミステリーではなく オマージュを盛り込... ...[外部サイトの続きを読む]
  • チャップリンからの贈りもの  (2014、フランス)  ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年10月4日 3時13分)
    1977年12月25日、喜劇王チャールズ・チャップリンがスイスの自宅で死去する。遺体は村の小さな墓地に埋葬された。翌年3月、金銭目的で遺体の入った棺桶が持ち去られる。ポーランド系とブルガリア系の犯人は5月に逮捕され、棺は畑から発見された。この映画は実際に起きた事件をヒントにしたコメディ映画。事件そのものの映画化ではない。  実際にチャップリン家が捕えられた犯人に対してどう対応したのかは不明... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 チャップリンからの贈りもの from 別冊 社内報 (2015年9月8日 17時39分)
    「神々と男たち」のグザヴィエ・ボーヴォワ監督。実話を撮ったら、さすが。 ラストの弁護人の弁は、いい。 ■ シアターキノにて ...[外部サイトの続きを読む]
  • チャップリンからの贈りもの from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年7月20日 0時49分)
    チャップリンからの贈りもの [CD](ショートバージョン)1978年、スイスのレマン湖畔。妻が入院し幼い娘を抱えたオスマンは、貧しい生活を送り、妻の入院費も払えない。刑務所から出 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年7月13日の週の公開作品
  3. 『チャップリンからの贈りもの』