シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
白い沈黙
(C) Queen of the Night Films Inc.
英題:
THE CAPTIVE
製作年:
2014年
製作国:
カナダ
日本公開:
2015年10月16日
上映時間:
配給:
キノフィルムズ
製作:
Ego Film Arts / The Film Farm
カラー/シネマスコープ/5.1ch

チェック:『ハッピーボイス・キラー』などのライアン・レイノルズ、『トランス』などのロザリオ・ドーソンらが共演を果たしたサスペンス。突如として娘が行方不明となり、その8年後に生存を感じさせるサインを受け取った父親を待ち受ける、思いも寄らない運命を見つめる。監督は『クロエ』『デビルズ・ノット』などの鬼才、アトム・エゴヤン。時系列を解体したパズル的な語り口に引き込まれる。

ストーリー:マシュー(ライアン・レイノルズ)の9歳になる娘キャスが、雪の降る日に行方がわからなくなる。誘拐されたと取り乱すマシューだったが、それを裏付ける目撃情報や物的証拠が出てこない。それが原因で警察は彼が自分で娘に危害を加えたのではないかと疑うが、捜査は進展することなく8年が経過してしまう。ある日、突如としてキャスの生存をほのめかすような証拠が次々と浮かび上がる。混乱しながらも娘との再会の希望を見いだすマシューだったが、衝撃的な事実を突き付けられることに。

白い沈黙
(C) Queen of the Night Films Inc.

映画短評

  • 山縣みどり
    暴きたくなる秘め事がないのが物足りない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    灰色の空に覆われ凍り付いたような田舎町で起きた事件を軸にしたアトム・エゴヤン監督作なので、『スウィート・ヒアアフター』的な心理ドラマを期待したら……。裏切られたというか、直球なミステリーでした。しかもミステリーとしては穴だらけ。まずITを駆使する犯人のモチベーションが不明瞭だし、警察が誘拐された少女の父親を疑う根拠も薄い。エゴヤン監督は静謐さと激しさが微妙なバランスで均衡する人間心理を描くのが得意で、台詞や行動に秘められた本音を推測しながら見るのが醍醐味のひとつ。でも本作は暴きたくなる秘め事を抱えたキャラクターが見当たらないのが欠点。主演ライアン・レイノルズのファンなので★一つおまけ。

動画

突然娘が失踪した…そして8年後…!映画『白い沈黙』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『白い沈黙』ポスター
    ポスター
  • 映画『白い沈黙』チラシ
    チラシ
  • 映画『白い沈黙』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 白い沈黙 (2014) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年5月14日 3時8分)
    9歳の女の子が消える。6年後、少女が生きていることがわかる。しかしどこにいるのかはわからない。ネットを使って子供をだまして拉致して虐待する映像をネットで流す異常者たち。その映像を見ている異常者たち。拉致した女の子を使って新しい女の子を誘う手口なども出てくる。 DVDで観た。 □ ナイアガラ、冬。  マシューと妻のティナはフィギュアスケートの練習をしている9歳の娘キャスを見ていた。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「白い沈黙」:エゴヤン印のサスペンス・ミステリー from 大江戸時夫の東京温度 (2015年11月1日 23時50分)
    映画『白い沈黙』は、冷え冷えとした雪景色のオンタリオ州(カナダ)を舞台にしたアト ...[外部サイトの続きを読む]
  • 白い沈黙 from 映画三昧、活字中毒 (2015年10月31日 16時16分)
    ■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞白い沈黙/THE CAPTIVE 2014年/カナダ/112分 監督: アトム・エゴヤン 出演: ライアン・レイノルズ/スコット・スピードマン/ロザリオ・ドーソン/ミレイユ・イーノス/ケヴィン・デュランド 公式サイト 公開: 2015年10月16日 カナダ、ナイアガラフォールズ。小さな造園会社を営むマシュー・レインが9歳の娘カサンドラを連れて... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年10月12日の週の公開作品
  3. 『白い沈黙』