シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ちはやふる −下の句−

公式サイト:http://chihayafuru-movie.com
ちはやふる −下の句−
(C) 2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年4月29日
(全国東宝系)
上映時間:
2016映画「ちはやふる」製作委員会:
講談社 / 読売テレビ放送 / 電通 / ジェイアール東 日本企画 / KDDI / GYAO / STV / MMT / SDT / CTV / HTV / FBS / FBC
2016映画「ちはやふる」製作委員会・企画・製作幹事:
日本テレビ放送網
2016映画「ちはやふる」製作委員会・制作プロダクション:
ROBOT
2016映画「ちはやふる」製作委員会・配給:
東宝
協力:
一般社団法人全日本かるた協会
カラー

チェック:競技かるたを題材にした末次由紀の人気コミックを、『海街diary』などの広瀬すず主演で実写映画化した『ちはやふる』2部作の後編。競技かるたに情熱を注ぎ全国大会を目指す高校生たちの物語を、前作同様『タイヨウのうた』などの小泉徳宏監督が描く。ヒロインの幼なじみを野村周平と真剣佑が演じるほか、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也らが共演。クイーンとしてヒロインの前に立ちはだかるライバルに松岡茉優がふんし、広瀬と真っ向勝負を繰り広げる。

ストーリー:高校で再会した幼なじみの太一(野村周平)と一緒に競技かるた部を作った千早(広瀬すず)は、創部1年にして東京都大会優勝を果たす。自分をかるたに導いてくれた新(真剣佑)に優勝報告をした際、新の衝撃的な告白に動揺する千早だったが、全国大会のために仲間たちと練習に打ちこむ。そんな折、千早は同い年で日本一となった若宮詩暢(松岡茉優)のことを知り……。

ちはやふる −下の句−
(C) 2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社

映画短評

  • くれい響
    しのぶちゃんの一人勝ち。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『上の句』後の予告が、興奮のピーク。去年の『ソロモンの偽証』に近いものを感じさせる、前作からの落差だ。全国団体戦メインの展開に絞りながら、作り手が原作の名セリフやシチュエーションを回収することに精一杯なのが露骨に出ている。そのためか、大会シーンの熱さもあまり感じられず。さらに、千早を始め、『上の句』ではキラキラ輝いていたキャラクターたちも、どこか影を潜めてしまったことも悔やまれる。その理由にはどんなに瑞沢かるた部の面々が束になっても、クイーンしのぶを演じた松岡茉優の存在感に太刀打ちできなかったことも挙げられる。とにかく、完全に広瀬すずを喰う松岡の勢いに圧倒される一作であることに間違いない。

  • 清水 節
    広瀬すず17歳の動物的な瞬発力と伸びやかな身体に魅せられて
    ★★★★
    »読む«閉じる

     TVシリーズ第1話の直後、いきなり最終話を迎えたかのようなフラストレーションに襲われる“もどかしき前後編分割問題”は大手配給会社が知恵を絞って改善すべきだが、興行的打算はともかく、本作は恋のベクトルの絡まりあいと仲間の結束を描くバランス配分も程よく、各ショットが実に心地よくデザインされた青春映画として爽やかな余韻を残す。ラスボス松岡茉優の貫禄は流石だが、何よりジャージから着物への振り幅を往き来する、広瀬すずの表情が多面的で豊かだ。子供のようながむしゃらさと、凛とした少女の魂の同居。17歳の動物的な瞬発力と伸びやかな身体を収めた映像が傑出している。

動画

ゴールデンウイークのオススメ映画はコレだ!GW映画ガイド2016

ポスター/チラシ

  • 映画『ちはやふる −下の句−』ポスター
    ポスター
  • 映画『ちはやふる −下の句−』チラシ
    チラシ
  • 映画『ちはやふる −下の句−』チラシ
    チラシ
  • 映画『ちはやふる −下の句−』チラシ
    チラシ

スタッフ

原作: 末次由紀
監督・脚本:
音楽: 横山克
主題歌: Perfume
ゼネラルプロデューサー: 奥田誠治
エグゼクティブプロデューサー: 門屋大輔 / 安藤親広
企画・プロデュース: 北島直明
プロデューサー: 巣立恭平
撮影: 柳田裕男
照明: 宮尾康史
美術: 五辻圭
録音: 小松崎永行
編集: 穗垣順之助
サウンドデザイン: 大河原将
装飾: 龍田哲児
VFXプロデューサー: 赤羽智史
スタイリスト: 新崎みのり
ヘアメイクディレクション: 古久保英人
ヘアメイク: 内田香織
アニメーションディレクター: ファンタジスタ歌磨呂
スクリプター: 本図木綿子
助監督: 權徹
制作担当: 雲井成和
ラインプロデューサー: 齋藤悠二

キャスト

綾瀬千早:
真島太一:
綿谷新:
大江奏:
西田優征:
駒野勉:
須藤暁人:
木梨浩:
若宮詩暢:
宮内妙子:
原田秀雄:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ちはやふる −下の句−』の映画ニュース

  • 女優の松岡茉優が20日、第26回映画祭TAMA CINEMA FORUM特集上映「松岡茉優 未来を語る」トークショーに来場、自身が注目されるきっかけとなった『桐島、部活やめるってよ』...れた本特集。『桐島、部活やめるってよ』『ちはやふる -下の句-』の上映後には、「桐島~」の佐...
  • 多摩市のパルテノン多摩をメイン会場に行われている第26回映画祭TAMA CINEMA FORUM内にて19日、第8回TAMA映画賞の授賞式が行われ、各受賞者の小松菜奈、松岡茉優、蒼井優、...います」と意外な希望も語った。 一方、「ちはやふる~」などで強い印象を残した松岡は、自身の...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 競技かるたはスポ根だ!【映画レビュー】『ちはやふる ‐下の句‐』あらすじ&感想(ネタバレ無し) from 楽ブログ (2016年12月4日 18時18分)
    かるたをやめると言う新を心配して、福井の彼の元へと訪ねて行く千早と太一。 そこで知ったのは新の祖父が亡くなったことと、そのせいで新がかるたを続ける意欲を失ってしまったということでした。 かるたの永世名人だった祖父は、新にとって憧れであり目標であり、そして名人になりたいという彼の夢の拠り所でもあったのです。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ちはやふる 上の句 & 下の句・・・・・評価額1750円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2016年5月3日 17時22分)
    繋がっているから、強くなれる。 挑戦的な作品である。 末次由紀作の同名漫画を原作に、競技かるたに明け暮れる高校生たちを「上の句」「下の句」と題した二部作で描く熱血青春映画。 和のスポコン+控えめなラブストーリーに、思春期のワクワクドキドキが加速する。 観客の立場では、二部作というのは必ずしも歓迎出来ない上映形態。 しかし脚本も手掛ける小泉徳宏監督は、真っ直ぐの剛速球で「上の句」... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ちはやふる -下の句- from Akira's VOICE (2016年5月3日 11時40分)
    かるたで泣けるとは!! ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ちはやふる 下の句」:やはり失速の後篇 from 大江戸時夫の東京温度 (2016年5月1日 23時9分)
    映画『ちはやふる 下の句』は、楽しみにしていた後篇なのですが、やはり「前後篇に分 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『ちはやふる −下の句−』★今回は新(あらた)に萌えクイーンも気になる^^; from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2016年5月1日 0時9分)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/168045/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   つづき です。 (映画のみの雑感です)   競技かるた~東京大会~の代表になった千早たちの その後を、楽しみにしていました☆   その後とは 競技会のことと、千早たち3人のこと。 今回は、☆かるたクイ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年4月25日の週の公開作品
  3. 『ちはやふる −下の句−』