シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
裁かれるは善人のみ
(C) 2014 Pyramide / LM
英題:
LEVIATHAN
製作年:
2014年
製作国:
ロシア
日本公開:
2015年10月31日
(新宿武蔵野館ほか)
上映時間:
配給:
ビターズ・エンド
カラー

チェック:第67回カンヌ国際映画祭脚本賞、第72回ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞を受賞した、ヒューマンドラマ。権力を振りかざして横暴な土地買収を進める市長に立ち向かう、ある自動車修理工場経営者の男の姿を見つめる。メガホンを取るのは、『ヴェラの祈り』『エレナの惑い』などのアンドレイ・ズビャギンツェフ。『マネー・ピラミッド 札束帝国の興亡』などのアレクセイ・セレブリャコフや『エレナの惑い』などのエレナ・リャドワらが出演する。濃密な人間模様と荒涼としたビジュアルの融合に圧倒される。

ストーリー:ロシア北部の小さな町で、自動車修理工場を経営しているコーリャ。住み慣れた家で、妻リリア、先妻との息子ロマと生活していたが、市長のヴァディムが彼の土地を買収しようとする。権力を武器に自分の土地を容赦なく奪おうとするヴァディムに激しい怒りを覚えたコーリャは、モスクワから友人の弁護士ディーマを呼んで市長の悪事を暴露して徹底抗戦に挑む。やがて両者の攻防は激化し、思わぬ事態を引き起こす。

裁かれるは善人のみ
(C) 2014 Pyramide / LM

映画短評

  • 中山 治美
    そこはかとなく東映臭
    ★★★★
    »読む«閉じる

     カンヌ国際映画祭脚本賞受賞とか、旧約聖書から着想を得ているとか、冠に身構えてしまいがち。だが、土地売買を巡るいざこざは万国共通。悪知恵の効く権力者が勝つ。しかも本作の場合、実はタイトルに偽りありで、DVに浮気にと善人と思われた奴にも問題アリ。外道たちによる醜い抗争。あぁ、懐かしき東映ヤクザ映画、いやVシネマでお馴染みの世界で、懐かしさすら感じる。腹黒市長は金子信雄か。
     荒涼としたロシアの風景が、またいい。どう見ても土地はあり余っており、なぜに一軒の小さいボロ屋を巡って愚かな争いを続けているのか。第2の主役とも言えるロケ地が、この不条理劇を際立たせている。

  • 山縣みどり
    モラルが通用しない社会になったら? 踏み絵のような人間ドラマ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    先祖代々の土地家屋を略奪しようとするヤクザな市長と自動車工コーリャの戦いを軸に“正義”が通用しないロシアの現状を憂えた監督のシニカルさにぐぅの音も出ない。公僕が公衆に奉仕せず、高邁なはずの聖職者や司法関係者も私利私欲で行動する社会においては、私たちが考えるモラルなんて無意味に思えるから困ったもの。しかも負のスパイラルにはまり込み、堕ちていくのが実直な市民だけという展開がまったくもって後味が悪い。プーチン政権下では正直は悪なのかもと思わせる。ちなみに原題『リバイアサン』とは旧約聖書のヨブ記に登場する魔獣のことだが、人生の皮肉さをズバリ言い当てた邦題のほうが個人的には素晴らしいと思う。

  • なかざわひでゆき
    詩的な映像美で描かれる希望なき現代ロシアの悲劇
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     理不尽な土地買収から家と家族を守ろうと抵抗する平凡な男が、背後で操る悪徳市長の悪事を暴こうとするも、その強大な権力によって容赦なく叩きのめされていく。
     もともとはアメリカで起きた事件をヒントに、舞台をロシアへと移した作品。しかし、政治家と警察と裁判所が共通の利益のために結託した腐敗の構造、拝金主義と事なかれ主義が横行する荒んだ世相はまさに現代ロシアそのもの。教会の偽善にまで大胆に踏み込んでいる辺りも要注目であろう。
     ほとんど希望の欠片もない話だが、しかし人間の滑稽な愚かさを皮肉ったユーモアが悲壮感を緩和し、ロシアの雄大な自然を捉えた映像が詩的でファンタジックな印象を残す。実に懐が深い。

動画

映画『裁かれるは善人のみ』予告編

写真ギャラリー

Sony Pictures Classics / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『裁かれるは善人のみ』ポスター
    ポスター
  • 映画『裁かれるは善人のみ』チラシ
    チラシ
  • 映画『裁かれるは善人のみ』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『裁かれるは善人のみ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【裁かれるは善人のみ】を観た from NEW WAY.NEW LIFE (2016年4月10日 10時28分)
    浜辺で横たわる鯨の死骸が印象的なポスターアートに惹かれ、観てみたんですが これがまた面白い ロシアを舞台に再開発の犠牲になる一家を描いた映画で、重苦しい雰囲気の中、映画 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「裁かれるは善人のみ」 from 元・副会長のCinema Days (2015年12月21日 6時53分)
    (英題:Leviathan )観ていて少しも楽しくない映画だ。もちろん“楽しくないからダメだ”と言うつもりはない。たとえ無愛想なタッチでも求心力さえあれば、最後まで付き合うことは出来る。しかし本作には、娯楽性も観る者を惹き付ける力強さも無い。底の浅い暗鬱さが全... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 裁かれるは善人のみ~リヴァイアサン滅亡後のロシア from 佐藤秀の徒然幻視録 (2015年11月17日 23時31分)
    公式サイト。ロシア映画、原題:Leviafan、英題:Leviathan。アンドレイ・ズビャギンツェフ監督。アレクセイ・セレブリャコフ、エレナ・リャドワ、ヴラディミール・ヴドヴィチェンコフ、ロ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 裁かれるは善人のみ・・・・・評価額1750円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2015年11月10日 23時27分)
    残酷なる、人間たちの世界。 北極に近いバレンツ海の荘厳な自然を背景に、権力の横暴に翻弄される市井の人々を描くヘビー級の人間ドラマ。 理不尽な状況に抗えば抗うほどに、運命は悲劇の連鎖を紡ぎ出す。 はたして、この世界に神はいるのか?人間の悪はどこから生まれるのか? デビュー作の「父、帰る」で脚光を浴び、続く「ヴェラの祈り」「エレナの惑い」でも世界を驚かせたアンドレイ・ズビャギンツェフ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 裁かれるのは善人のみ/Leviathan from 我想一個人映画美的女人blog (2015年11月10日 1時29分)
    去年のカンヌ国際映画祭で脚本賞、第72回ゴールデングローブ賞で外国語映画賞を受賞、 今年のアカデミー賞の外国語映画賞にもノミネートされたロシア映画(受賞はポーランドの「イーダ」) 「父、帰る」のアンドレイ・ズビャギンツェフが、ロシア北部の小さな町を舞... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年10月26日の週の公開作品
  3. 『裁かれるは善人のみ』