シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

劇場アニメ3部作 第1部『亜人 −衝動−』

公式サイト:http://www.ajin.net
劇場アニメ3部作 第1部『亜人 −衝動−』
(C) 桜井画門・講談社/亜人管理委員会
製作年:
2015年
製作国:
日本
日本公開:
2015年11月27日
上映時間:
アニメーション制作:
ポリゴン・ピクチュアズ
配給:
東宝映像事業部
製作:
亜人管理委員会
カラー

チェック:新種の不死の人類“亜人”のサバイバルを描いた桜井画門による人気コミックを3部作でアニメーション化。トラックに追突され死亡したものの直後に蘇生し、亜人であることが確認された高校生の主人公が、国家の追跡から逃亡するさまを活写する。総監督の瀬下寛之や監督の安藤裕章、アニメーション制作のポリゴン・ピクチュアズなど『シドニアの騎士』シリーズのスタッフが参加。主人公の声を、人気声優の宮野真守が担当する。サスペンスフルなストーリー展開や躍動感あふれるアクションに期待が高まる。

ストーリー:17年前にアフリカで神の兵といわれた不死身の兵士が捕えられた。死亡後に即座に体を再生する不死の存在である彼は“亜人”と呼ばれ、その後に世界で46体が確認された。ある日、交通事故に遭った高校生の永井圭が死亡直後によみがえり、国内3例目の亜人であることが発覚。警察や亜人管理委員会などから圭は逃亡し、幼なじみの海斗に助けられながら警察の包囲網をかいくぐることに成功する。

劇場アニメ3部作 第1部『亜人 −衝動−』
(C) 桜井画門・講談社/亜人管理委員会

映画短評

  • なかざわひでゆき
    現代日本の姿を投影した野心的アニメ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     実は不死身の新人類“亜人”だったと判明した平凡な高校生が、その実態を解明して利用しようと画策する日本政府、そして懸賞金目当てに亜人を狩る一般市民から追われる身となる。
     原作コミックの予備知識はなし。劇場版3部作の第1弾という位置付けゆえ、少なからず消化不良な点も見受けられるが、不寛容な社会の空気やアメリカ政府との主従的利害関係など、現代日本を取り巻く様々な状況を投影したストーリーは興味深い。
     3DCGを多用しつつも二次元アニメのイメージを残した作風は、『シドニアの騎士』に続くポリゴン・ピクチュアズの仕事。亜人の分身IBMの描写ですこぶる効果を発揮している。とりあえず第2部以降に期待。

動画

桜井画門のコミックが3部作で映画化!映画『亜人 第1部「衝動」』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『劇場アニメ3部作 第1部『亜人 −衝動−』』ポスター
    ポスター
  • 映画『劇場アニメ3部作 第1部『亜人 −衝動−』』チラシ
    チラシ
  • 映画『劇場アニメ3部作 第1部『亜人 −衝動−』』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『劇場アニメ3部作 第1部『亜人 −衝動−』』限定ステッカー
    限定ステッカー
  • 映画『劇場アニメ3部作 第1部『亜人 −衝動−』』原作者・桜井画門 描き下ろしクリアファイル
    原作者・桜井画門 描き下ろしクリアファイル

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原作: 桜井画門
総監督: 瀬下寛之
監督:
シリーズ構成: 瀬古浩司
プロダクションデザイナー: 田中直哉
キャラクターデザイナー: 森山佑樹
造形監督: 片塰満則
美術監督: 滝口比呂志
色彩設計: 野地弘納
CGスーパーバイザー: 岩田健志 / 溝口結城 / 菅井進
音響監督: 岩浪美和
音楽: 菅野祐悟

キャスト

永井圭:
海斗:
佐藤:
戸崎:
下村泉:
田中功次:
永井慧理子:
オグラ・イクヤ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年11月23日の週の公開作品
  3. 『劇場アニメ3部作 第1部『亜人 −衝動−』』