シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ターボキッド
(C) 2015 RKSS, ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
TURBO KID
製作年:
2015年
製作国:
カナダ
日本公開:
2015年10月3日
(シネマート新宿ほか)
上映時間:
提供:
キングレコード
配給:
日本出版販売
制作:
RKSS FILM
カラー/シネマスコープ

チェック:文明崩壊後の荒野を野蛮人たちが自転車で疾駆する終末世界を舞台に、コミック好きの若者が水を支配する極悪首領に誘拐された少女を救うため、壮絶な戦いに挑むアクション。オムニバス映画『ABC・オブ・デス』に落選した短編を、『ホーボー・ウィズ・ショットガン』などのジェイソン・アイズナー監督のアドバイスを受け長編映画化。サンダンス映画祭などで上映され熱い支持を得た。

ストーリー:核戦争により文明が崩れ去った1997年、コミック「ターボライダー」を胸に荒野を単独で生き延びる少年キッド(マンロー・チェンバーズ)。殺伐とした日々の中出会った少女アップル(ロランス・ルブーフ)に心を奪われるが、水を牛耳る極悪首領ゼウス(マイケル・アイアンサイド)に彼女が拉致される。彼女を取り戻すためキッドはターボライダースーツを装着し、愛車のBMXを駆って敵のアジトへ向かう。

ターボキッド
(C) 2015 RKSS, ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • くれい響
    『デス・ロー』後夜祭は、これにキマリ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    オーストラリア映画界が放った『マッドマックス2』×『BMXアドベンチャー』を始め、『デッドリー・フレンズ』『ラジオアクティブ・ドリーム』まで、子供心をくすぐる80`s映画オマージュの洪水に感涙。さらに、過去の面影皆無なマイケル・アイアンサイドの登場や、ときに歯止めがきかなくなる演出など、単なる憧れだけじゃなく、しっかり原体験を経て、骨の髄までどっぷり浸かった人間だからこそ撮れた、“大きなお友達”のためのお祭り映画である。電子音に乗せ、善玉も悪玉もみんな全力でチャリを漕ぎまくるユルユルな展開も含め、井口昇監督作ばりの愛らしさに溢れ、『怒りのデス・ロード』の後夜祭的なノリで楽しむのがベターだ。

動画

来たぞチャリンコ『マッドマックス』!『ターボキッド』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ターボキッド』ポスター
    ポスター
  • 映画『ターボキッド』チラシ
    チラシ
  • 映画『ターボキッド』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ターボキッド』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ターボキッド (2015) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年8月28日 3時54分)
    荒廃した未来、コミック好きな少年がBMXを駆使して君臨する暴君に立ち向かうアクション・コメディ。DVDで観た。 なんとなくMAD MAXの世界観と似ているがこの映画の世界で活躍するのは人力で走る自転車。主人公の少年だけでなく、暴君ゼウスの手下たちも自転車で走り回っている。 子供向けみたいだけど、頭や顔が真っ二つに割られて大量の血が噴き出し、内臓が引っ張り出される。低予算の映画だけ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年9月28日の週の公開作品
  3. 『ターボキッド』