シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
セトウツミ
(C) 此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013 (C) 2016映画「セトウツミ」製作委員会
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年7月2日
(新宿ピカデリーほか)
上映時間:
企画・製作プロダクション:
アグン・インク
製作協力:
ハーベストフィルム
協力:
堺フィルムオフィス
製作・配給:
ブロードメディア・スタジオ
カラー

チェック:関西の男子高校生2人が放課後に何となく会話するだけという異色さで話題の、此元和津也による人気漫画を実写映画化。タイトルは瀬戸と内海という主人公2人の名前を組み合わせたもので、彼らが交わす嘲笑的でユーモアを織り交ぜた掛け合いが展開していく。クールな内海役には『海を感じる時』などの池松壮亮、天然キャラの瀬戸役に『共喰い』などの菅田将暉。監督は『まほろ駅前多田便利軒』などの大森立嗣が務める。

ストーリー:性格は正反対だがどこかウマの合う高校2年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、放課後にいつも河原で話をしながら暇つぶしをしている。くだらない言葉遊びや、思いを寄せる女子へのメールの内容、時にはシリアスなことも語り合う。そんな二人を見守る同級生の樫村一期(中条あやみ)に瀬戸は憧れているが、樫村は内海に好意を抱いており……。

セトウツミ
(C) 此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013 (C) 2016映画「セトウツミ」製作委員会

映画短評

  • 中山 治美
    一緒に川べりで語り合いたい!でも違う話題で。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    池松壮亮×菅田将暉。
    いまノッてる2人だから、”しゃべるだけ”でも見入ってしまう。
    前にも後ろにも進めない男子の、吹き溜まりの青春。
    流行の壁ドン映画の真逆をいく脱力系に、
    メーンストリームとは違った場所で異彩を放ち続けてきた彼らの、密かな反骨精神を感じる。
    だからこその複雑な感情も。
    この主演2人に大森立嗣監督の組み合わせなら、
    原作コミックの力を借りずとも、オリジナルでまた違った挑戦が出来たのではないかと。
    同じロケ地での約10日の撮影に75分というミニマムな制作体制と、豪華布陣。
    これが日本映画の現実なのか。新たな可能性なのか。
    筆者もあの川べりに座って、一緒に語り合いたくなった。

  • なかざわひでゆき
    いつの時代も変わらぬ青春の日常を切り取った絶妙な会話劇
    ★★★★
    »読む«閉じる

     学校の放課後に近所の河原でつるむ2人の平凡な男子高校生。その、ひたすらとりとめのない無駄話を全8話構成で描いた作品だ。
     しょうもない言葉遊びに無邪気な恋バナ、さほど深刻でもない家庭の悩みに日々の不満。四季の移り変わりを背景に交わされる、なんともまったりとしたユル~い会話劇。しかし、その行間から若者たちの豊かな感情の機微が伝わり、かけがえのない青春の日常がリアルに浮かび上がる。
     なんといっても、関西弁のボケとツッコミで喋りまくる池松壮亮と菅田将暉の、実にイキイキとした言葉のキャッチボールが素晴らしい。普通の人を普通に演じる。その難しさをさらっと自然にやってのけるところに天賦の才を感じる。

  • くれい響
    ムダ話してるだけなのに、高揚感に包まれる75分
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『ディストラクション・ベイビーズ』の共演は肩透かしだったが、今の日本映画を面白くする若手演技派2人の『デスノ』前哨戦といえるバトル。台本はあれど、まるで池松壮亮×菅田将暉の「スジナシ」を観てるかのような高揚感に包まれる。「アメとムチ」「神妙な面持ち」「フシがある」といった、小演劇的な言葉選びに思わずニヤニヤだが、ここまで関西弁のリアルな会話が飛び交いながら、まったく漫才っぽくに見えないのは、『まほろ駅前』シリーズで脱力系バディものを確立した大森立嗣監督の力量といえるだろう。十年前に「木更津キャッツアイ」メンバーで福田雄一が演出した名作Vオリ「THE3名様」のブラッシュアップといえる仕上がりだ。

  • 平沢 薫
    "ストーリー"から解き放たれて
    ★★★★
    »読む«閉じる

     映画は、いわゆる起承転結のストーリーがなくてもおもしろい。この映画はそれを証明してくれる。
     基本的に、2人の男子高校生が放課後に同じ場所にたむろして、ただダラダラと話をするだけという大胆な構成。大きな出来事は何も起こらない。それでいて、2人の微細な気持ちの動き、お互いへの思い、自分を取り巻く状況に対して感じているものが見えてくる。そして、高校生という時期に誰もが抱く、一種のばかばかしさ、中途半端さ、無力感、焦燥、希望といった普遍的な思いが画面から伝わってくる。微妙な空気を表現できるのは、ストーリーではないのかもしれない。そんな気がしてくる。

  • 森 直人
    ダウンタウンへの手紙・実践篇
    ★★★★
    »読む«閉じる

    すぐ連想したのが5/13放送『ダウンタウンなう』で菅田将暉が読んだ感動的な手紙のこと。そこで菅田はダウンタウンへの深い愛とリスペクトを表明しつつ、「架空の世界を作り、その世界で行われる日常を演じる」際に、トークを自然に伝えながら笑いを生み出す技術とセンスについて優れた演技論を述べたのだった。

    二人の男子が基本「喋るだけ」の本作は、その手紙の実践篇だと思った。声フェチキラーぶりを存分に発揮する池松壮亮のブレない受け。加えてほぼ「現れるだけ」で強度のある脇キャスト陣。監督の大森立嗣は75分の緩急を演出し、いつもの河原で過ごす放課後をかけがえのない青春の場所や時間として印象づける。やたら高品質だ。

動画

池松壮亮&菅田将暉!映画『セトウツミ』予告編
池松壮亮&菅田将暉!映画『セトウツミ』特報1「けん玉」
映画『セトウツミ』特報2「タイミング」
映画『セトウツミ』特報3「スタンディングオベーション」
今週のHOT MOVIES 2016.7.1-2
菅田将暉、おじいちゃんが2万円持って撮影現場に 映画『セトウツミ』初日舞台あいさつ

写真ギャラリー

(C) 此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013 (C) 2016映画「セトウツミ」製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『セトウツミ』ポスター
    ポスター
  • 映画『セトウツミ』ポスター
    ポスター
  • 映画『セトウツミ』チラシ
    チラシ
  • 映画『セトウツミ』チラシ
    チラシ
  • 映画『セトウツミ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『セトウツミ』セトウツミ「オリジナルクリアファイル」※ムビチケカード1枚につき、どちらか1つお選びいただけます
    セトウツミ「オリジナルクリアファイル」※ムビチケカード1枚につき、どちらか1つお選びいただけます

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督:
原作: 此元和津也
製作: 橋本太郎
エグゼクティブプロデューサー: 泉英次
プロデューサー: 宮崎大 / 近藤貴彦
宣伝プロデューサー: 小口心平
構成・脚色: 宮崎大 / 大森立嗣
音楽: 平本正宏
撮影: 高木風太
照明: 秋山恵二郎
録音・音響効果: 西條博介
編集: 早野亮
衣装: 纐纈春樹
ヘアメイク: 寺沢ルミ
VFX: 田中貴志
スチール: 三木匡宏
助監督: 野尻克己

キャスト

内海想:
瀬戸小吉:
樫村一期:
おじさん(鳴山の父):
鳴山:
堤:
瀬戸の父:
瀬戸の母:
瀬戸の爺さん:
バルーンさん:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『セトウツミ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『セトウツミ』★ 池松&菅田の絶妙な放課後ダべリング from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2016年8月5日 22時28分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/168391/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 高校生男子ふたりの放課後ダべリング。 ・ 内海:池松壮亮☆  (塾に行くまでの暇つぶし) ・ 瀬戸:菅田将暉  (サッカー部やめての暇つぶし) この二人の絶妙なやりとりが、小気味よく面白い! 季節が移ろいながら、幾つかのエピソードで構成されます。 漫才を見るような、掛け合いも楽しいですが ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「セトウツミ」:類例のない会話映画 from 大江戸時夫の東京温度 (2016年7月27日 22時29分)
    映画『セトウツミ』は、若手演技派の双璧=池松壮亮と菅田将暉による芝居合戦(ま、双 ...[外部サイトの続きを読む]
  • セトウツミ from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年7月21日 21時18分)
    公式サイト。此元和津也原作、大森立嗣監督。池松壮亮、菅田将暉、中条あやみ、鈴木卓爾、成田瑛基、岡山天音、奥村勲、笠久美、牧口元美、宇野祥平。2人合わせて瀬戸内海なので海 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「セトウツミ」 from 元・副会長のCinema Days (2016年7月16日 6時35分)
    アイデアの勝利とも言える快作。原作(此元和津也によるコミック)は存在するのだが、この脱力系のネタをあえて映画化しようとする心意気は評価したい。刺激的な画面を挿入すればそれでヨシとするような昨今のトレンドに、真っ向から対抗するような姿勢は頼もしい限りだ。... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年6月27日の週の公開作品
  3. 『セトウツミ』