シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

消えた声が、その名を呼ぶ

消えた声が、その名を呼ぶ
(C) Gordon Muhle / bombero international
英題:
THE CUT
製作年:
2014年
製作国:
ドイツ/フランス/イタリア/ロシア/カナダ/ポーランド/トルコ
日本公開:
2015年12月26日
(角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか)
上映時間:
提供・配給:
ビターズ・エンド
提供:
ハピネット
製作会社:
bombero international
カラー/シネマスコープ

チェック:第71回ベネチア国際映画祭ヤング審査員特別賞を受賞したドラマ。第1次世界大戦下を舞台に、家族と離れ離れになり、声をなくしたアルメニア人男性が、家族との再会を信じて旅を続ける姿を追う。メガホンを取るのは、『ソウル・キッチン』などのファティ・アキン。『ある過去の行方』などのタハール・ラヒム、『ゼロ・ダーク・サーティ』などのシモン・アブカリアン、『ミュンヘン』などのマクラム・フーリらが共演。キューバ、ヨルダン、マルタなど5か国でのロケで捉えられた壮大な映像も見もの。

ストーリー:1915年、オスマントルコで少数民族に対する弾圧が起きる。鍛冶職人としてつつましくも幸せな日々を過ごしていたアルメニア人ナザレット(タハール・ラヒム)は、突如として現れた憲兵によって妻子と引き離されて砂漠へと強制連行される。そこで同胞が殺されるのを目にし、自身も凄惨(せいさん)な暴行を受けたことによって声を失ってしまう。からくも死を免れた彼は妻と娘との再会を目指し、砂漠を横断することを決意。その後、8年にわたって世界各国を回る過酷な旅を繰り広げることになる。

消えた声が、その名を呼ぶ
(C) Gordon Muhle / bombero international

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    それにしてもタハール・ラヒム、超売れっ子である。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    オスマン・トルコのアルメニア人大虐殺についてはA.エゴヤン『アララトの聖母』以上の知識は正直ないが、これはストレートな大河ドラマなのでより具体的。原題”The Cut”が主人公の首を切り声を失わせるナイフを意味するのは明らかだが、妻子や一族との絆を断たれた彼の境遇、さらには故郷から分断され根無し草となって散らばった民族の運命も表しているのだろう。ただしファティ・アキンはこれを三部作のうちの「悪」のパートだと述べているけれど、主人公の行動には微塵も非情さを感じられず、「愛」しかそこにないように思われるのは、まあ良しとするか。そのぶん、壮大な物語に似合った神話的な域にまでは達していないのが惜しい。

  • 森 直人
    現代の混迷に向けて100年前の史実を語る
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    トルコ系のファティ・アキン監督が、自らのルーツとなる国で起こった1915年のアルメニア人大虐殺の事件を扱った。これは大きい。彼の問題意識は被害者と加害者という二元論を超えた「負の連鎖」だろう。その主題に加えてロードムービー仕立てなど、マフマルバフの傑作『独裁者と小さな孫』に通じる要素が多い。

    話法も平易かつ巧みだ。砂漠での地獄巡りとなる前半で、主人公の鍛冶職人の男は「声」を奪われる――という象徴的な傷(原題“The Cut”)を負い、これは劇的効果も発揮する。『キッド』の上映シーンがあるが、本作の映画術はサイレントとトーキーの端境期に生きたチャップリンを参照しているはず。ラストは号泣。

  • 山縣みどり
    “娘を訪ねて三千里”な 父の愛が胸に迫る!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    働ける男性は強制労働に従事させられた後に殺害され、女子供は荒れ地に放置され、思春期の少女は他民族に売り渡される。ナチスによるホロコーストほどは知られていない“アルメニア人大虐殺”を被害者の視点から見つめていて、恐ろしい実態に身がすくむ。といっても、物語の主軸は運良く生き延びた鍛冶職人ナザレットが双子の娘を捜し続ける苦難の道のりで、それは絶望の連続でもある。しかし次々と遭遇する困難にも屈せずにひたすら歩み続けるナザレットの姿から深い家族愛が伝わり、希望と愛が人間を生かすと実感する。タフでもなく、腕っ節も強くないナザレットだが、愛する家族を守るという気持ちは『96時間』のパパと同じなのだ

動画

映画『消えた声が、その名を呼ぶ』

ポスター/チラシ

  • 映画『消えた声が、その名を呼ぶ』ポスター
    ポスター
  • 映画『消えた声が、その名を呼ぶ』チラシ
    チラシ
  • 映画『消えた声が、その名を呼ぶ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『消えた声が、その名を呼ぶ』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ナザレット・マヌギアン:
オマル・ナスレッディン:
ピーター・エデルマン:
トリーヌ・ディルホム:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『消えた声が、その名を呼ぶ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 消えた声が、その名を呼ぶ (2014) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年8月30日 3時16分)
    第一次世界大戦中、オスマン帝国で少数民族のアルメニア人の多くが虐殺された実話を背景にしている。 虐殺を生き延びたものの声を失ったアルメニア人の男性が生き別れになった娘たちを何年も何年も砂漠を超え海を越え言葉の通じない国々を探し続ける。DVDで観た。 □ 15世紀に東ローマ帝国を滅ぼしたオスマン帝国は16世紀には広大な地域を支配下に置きヨーロッパのキリスト教国をおびやかせた。しかし17... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 消えた声が、その名を呼ぶ・・・・・評価額1700円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2016年1月19日 22時43分)
    砂漠に消えた、愛を探して。 第一次大戦中のオスマン・トルコ帝国による、アルメニア人のジェノサイドをモチーフとした、壮大な映像叙事詩。 声を失いながらも、この世の地獄を生き残った主人公は、何処かへと消えた家族を探して、いつ果てるとも知れない苦難の旅に出る。 監督はトルコ系ドイツ人のファティ・アキンで、彼の「愛より強く」「そして、私たちは愛に帰る」に続く「愛、死、悪に関する三部作」の最... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「消えた声が、その名を呼ぶ」 from ここなつ映画レビュー (2016年1月19日 19時58分)
    命をかけてこの道をゆく 君たちに再び会うためにこの作品の当時、オスマン帝国は中世からの大繁栄からは打って変わって領土を失い、黒海の下方に位置するのみの「瀕死の病人」状態であった。敵国ロシアに対する攻防を続けたのち、第一次世界大戦に参戦する。そして歴史的には1922年、帝国は滅亡する。これは、第一次世界大戦時に起こった、歴史に残るアルメニア人大虐殺(一説にはヒトラーのユダヤ人ホロコーストは、これを参考にしたとされている)に翻弄されたある男の物語である。1915年、第一次世界大戦が始まった翌年、まだ戦争は遠くの ...[外部サイトの続きを読む]
  • The Cut (消えた声が、その名を呼ぶ) from Cinema Review シネマ・レビュー (2016年1月8日 20時30分)
    The Cut (2014) ★★☆☆☆ (European countries) 日本語タイトル: 消えた声が、その名を呼ぶ official site: http://www.bitters.co.jp/kietakoe/ Starring: Tahar Rahim(タハール・ラヒム), Simon Abkarian(シモン・アブカリアン), Hindi Zahra(ヒンデ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年12月21日の週の公開作品
  3. 『消えた声が、その名を呼ぶ』