シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

黄金のアデーレ 名画の帰還

公式サイト:http://golden.gaga.ne.jp/
黄金のアデーレ 名画の帰還
(C) THE WEINSTEIN COMPANY / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / ORIGIN PICTURES (WOMAN IN GOLD) LIMITED 2015
英題:
WOMAN IN GOLD
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ/イギリス
日本公開:
2015年11月27日
(TOHOシネマズ シャンテ)
上映時間:
配給・提供:
ギャガ
提供:
カルチュア・パブリッシャーズ
カラー

チェック:ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの名画を取り戻すため、オーストリア政府を相手に返還訴訟を起こした女性の実話を基に描いた人間ドラマ。肖像画のモデルとなった女性のめいで、戦争に運命を翻弄(ほんろう)された実在の主人公をオスカー女優ヘレン・ミレンが好演する。彼女とタッグを組む弁護士に、『[リミット]』などのライアン・レイノルズがふんし、『ラッシュ/プライドと友情』などのダニエル・ブリュールらが共演。『マリリン 7日間の恋』などのサイモン・カーティスがメガホンを取る。

ストーリー:アメリカ在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、グスタフ・クリムトが描いた伯母の肖像画で第2次世界大戦中ナチスに奪われた名画が、オーストリアにあることを知る。彼女は新米弁護士ランディ(ライアン・レイノルズ)の助けを借り、オーストリア政府に絵画の返還を求めて訴訟を起こす。法廷闘争の一方、マリアは自身の半生を振り返り……。

黄金のアデーレ 名画の帰還
(C) THE WEINSTEIN COMPANY / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / ORIGIN PICTURES (WOMAN IN GOLD) LIMITED 2015

映画短評

  • 山縣みどり
    戦争に奪われた人生と尊厳のために立ち上がった老女のガッツに拍
    ★★★★
    »読む«閉じる

    「接吻」や「ダナエ」と並ぶクリムトの代表作をめぐる訴訟を描いた実話ドラマだが、単なる裁判ものではない。もちろんダビデvsゴリアテな法廷闘争もスリリングだが、見どころは戦後補償をめぐる当事者たちの複雑な思いだ。叔母の肖像画の所有権を求めた老女マリアの心情が千々に乱れ、弁護士ランディは訴訟を機にユダヤ人としてのアイデンティティに覚醒するあたりは実にドラマティック。また親世代が犯した過ちに時効はないとマリアを支援するオーストリア人ジャーナリストの存在が正義を際立たせる。出番は少ないがダニエル・ブリュールがいい仕事してる。それにしても驚いたのが、個人で国家を訴えられるアメリカの法律。さすが訴訟大国!?

動画

クリムトの名画の行方は…!映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』ポスター
    ポスター

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『黄金のアデーレ 名画の帰還』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画:黄金のアデーレ 名画の帰還 WOMAN IN GOLD 名画の裏には、歴史あり。 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2016年6月14日 23時56分)
    長い期間生き残ってるだけあって、たいていの名画の裏には、歴史あり。 この映画に登場する名画は、グスタフ・クリムトの名画「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像?」(写真:左) 世紀末美術のひとつとして有名なこの名画は、戦争に翻弄された。オーストリアで成功していた裕福なユダヤ人家族がその名画を所有していた。(アデーレ・ブロッホ=バウアーは、家族の親戚にあたる) ところが時代が第2次世界大戦に突入、ナチスにこの名画を含めた全ての財産を奪われてしまう...家族は離散、そしてほとんどが死に追い込まれる。 . ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』★姪が取り戻したかけがえのないモノ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2015年12月31日 0時38分)
        作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/167829/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・ベルヴェデーレ宮殿公式サイト→ コチラ   第二次大戦中、ナチスに奪われた伯母アデーレの肖像画を 姪マリアが、(裁判してでも)取り戻そうとする――ということですが ……   教会... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 黄金のアデーレ 名画の帰還 / Woman in Gold from 勝手に映画評 (2015年12月12日 17時28分)
    画家グスタフ・クリムトの『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像?』他の作品の所有権を巡って実際にあった裁判と裁判を起こした女性の運命の物語を描いた作品。 この映画を見るまで、クリムトという画家の名前も、この様な裁判が行われていたことも全く知りませんでした... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「黄金のアデーレ 名画の帰還 」気楽に見られる良作 from soramove (2015年12月11日 14時14分)
    映画「黄金のアデーレ 名画の帰還 」★★★☆ ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、 ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ 出演 サイモン・カーティス監督、 109分、2015年11月27日公開 2015,アメリカ、イギリス,ギャガ (原題/原作:WOMAN IN GOLD) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「ナチス・ドイツに没収さ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 黄金のアデーレ 名画の帰還   (2015) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年12月1日 2時46分)
    「ミケランジェロ・プロジェクト(2013)」や「大列車作戦(1964)」で描かれたように戦争中ナチスは支配地域の多くの美術品を押収してドイツに運んだ。この映画は米国に住む未亡人が若い弁護士に手伝ってもらい1億ドル以上の価値がある叔母アデーレの肖像画を所有権を主張しているオーストリア政府に返還させようとする実話を元にした映画。 この映画によればナチスはクリムトを好まなかったらしく、アデー... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年11月23日の週の公開作品
  3. 『黄金のアデーレ 名画の帰還』