シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
15歳以上がご覧になれます

サクラメント 死の楽園

サクラメント 死の楽園
(C) 2013 SLOW BURN PRODUCTIONS LLC
英題:
THE SACRAMENT
製作年:
2013年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年11月28日
(角川シネマ新宿ほか)
上映時間:
配給:
東京テアトル / 日活
製作会社:
Worldview Entertainment / Arcade Pictures
シネマスコープ/デジタル

チェック:1978年にカルト教団である人民寺院を率いたジム・ジョーンズが引き起こした集団自殺事件からインスパイアされたホラー。ある新興宗教の信者たちが共同生活を送るコミューンを取材する人たちが、そこで想像を絶する体験を強いられる。『V/H/S シンドローム』などのタイ・ウェストがメガホンを取り、『ホステル』シリーズなどのイーライ・ロスが脚本と製作を務める。教祖にふんした『ノーカントリー』などのジーン・ジョーンズが繰り出す怪演に加えて、POVスタイルの演出も恐怖を盛り上げる。

ストーリー:ある日、パトリック(ケンタッカー・オードリー)のもとに久しく連絡がなかった妹からの手紙が届く。その奇妙な内容に胸騒ぎを覚えた彼は、ウェブメディア会社VICEに勤めるサム(AJ・ボーウェン)と共に妹が暮らしているというエデン地区なるコミューンへの潜入取材をすることに。平穏に暮らしていた妹と再会して安堵するパトリックだったが、ファーザー(ジーン・ジョーンズ)と呼ばれるエデン地区の指導者に不穏なものを感じ取る。妹を救おうと機会をうかがう彼らだったが……。

サクラメント 死の楽園
(C) 2013 SLOW BURN PRODUCTIONS LLC

映画短評

  • なかざわひでゆき
    人民寺院をモチーフにしたカルト教団の凄惨な末路
    ★★★★
    »読む«閉じる

     南米の奥地で共同体を営むカルト教団に潜入した取材班が、一見すると平和そうなコミュニティの恐るべき実態を目撃する。あの人民寺院による大量集団自殺をモチーフにした実録系ホラーだ。
     監督は筆者も敬愛する鬼才タイ・ウェスト。ご都合主義やセンセーショナリズムを一切排したリアリズム志向の演出は健在で、不穏な空気を漂わせながらじっくり不安と恐怖を積み重ねていく。実在するウェブメディアの取材レポートという形をとったPOV形式も功を奏している。
     ラストの凄惨な集団自殺の地獄絵図も、衝撃的であると同時に切なく悲しい。これを機に、同監督の最高傑作『The House of the Devil』も日本公開を!

動画

映画『サクラメント 死の楽園』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『サクラメント 死の楽園』ポスター
    ポスター
  • 映画『サクラメント 死の楽園』チラシ
    チラシ
  • 映画『サクラメント 死の楽園』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『サクラメント 死の楽園』<殉教>ポストカード
    <殉教>ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『サクラメント 死の楽園』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年11月23日の週の公開作品
  3. 『サクラメント 死の楽園』