シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
15歳以上がご覧になれます

エージェント・ウルトラ

公式サイト:http://agent-ultra.jp
エージェント・ウルトラ
Photo Credit: Alan Markfield / (C) 2015 American Ultra, LLC. All Rights Reserved.
英題:
AMERICAN ULTRA
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年1月23日
上映時間:
配給:
KADOKAWA
製作会社:
FILMNATION ENTERTAINMENT / LIKELY STORY / PALMSTER MEDIA / CIRCLE OF COFUSION / MERCED MEDIA PARTNERS / THE BRIDGE FINANCE COMPANY
カラー

チェック:『ソーシャル・ネットワーク』などのジェシー・アイゼンバーグ、『トワイライト』シリーズなどのクリステン・スチュワートが共演したアクション。CIAの洗脳プログラムによって工作員へと育成された青年が、巨大な陰謀と恋人に迫る危機に立ち向かう。メガホンを取るのは、『プロジェクトX』のニマ・ヌリザテ。『ロスト・ハイウェイ』などのビル・プルマン、『スパイダーマン3』などのトファー・グレイスらが脇を固める。ダメ青年から敏腕工作員へと瞬時に変貌する主人公の姿が痛快。

ストーリー:片田舎のコンビニでバイトをしているダメ青年マイク(ジェシー・アイゼンバーグ)は、一緒に住んでいる恋人フィービー(クリステン・スチュワート)とハワイ旅行に出て結婚を申し込もうと決意する。だが、出発前にパニック発作を起こして旅行は中止に。ある日、彼は店に乱入してきた暴漢たちを無意識のまま瞬殺してしまう。それを機に、マイクがCIAの極秘マインドトレーニング計画で育成されたエージェントであったことが判明。やがて計画の封印を進めるCIAから次々と刺客を放たれ、フィービーを誘拐されてしまうが……。

エージェント・ウルトラ
Photo Credit: Alan Markfield / (C) 2015 American Ultra, LLC. All Rights Reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    もっとバカに徹しても良かった荒唐無稽なスパイ・コメディ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     マインドコントロールされたスパイが一般市民の中に紛れ込み、なにかの合図をきっかけに覚醒するという題材は、チャールズ・ブロンソン主演の『テレフォン』などでも描かれてきたが、本作では極秘計画によって生み出された潜在スパイの若者が、その事実を隠蔽しようとするCIAから命を狙われる。
     ど田舎のボンクラ青年が実は凄腕スパイでした!という一点のみで強引に突っ走る本作。スプーン一本で敵をぶっ殺しちゃう主人公VS特殊部隊総動員で攻撃を仕掛けてくるCIAのハチャメチャなバトルがトボけた笑いを生むわけだが、いまひとつ振り切れ具合が弱いという印象。荒唐無稽をやるならもっとバカに徹しても良かったように思う。

  • ミルクマン斉藤
    続篇も可能だけど、作れば本質が壊れる危うさがイイ。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    パニック障害で田舎町から出られず(でもせいぜい夢はハワイ)、ラットフィンクじみたサルのアングラコミックに自らを託して卑下する負け犬ギーク。そんな男にゃなんとも勿体ない彼女だよなあ、と思って観てると、モラトリアム男子の心象に寄り添う妄想レヴェルで物語は理想的な展開に。近ごろ高い水準で連発されるスパイもの+ヤングアダルトSFものを併せたような物語に新味はないが、徹底したオフビート趣味がジェシー&クリステンのキャラに似合ってなんとも可愛い出来。脇役キャストの扱いは雑すぎるが、ジョン・ランディスの息子であるマックスの本領は『クロニクル』より案外こっちなのかも。木と車の例えはちょっと泣ける(笑)。

  • 平沢 薫
    アイゼンバーグのレックス・ルーサーがますます楽しみ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     脚本は「クロニクル」のマックス・ランディス。監督は高校生大騒ぎ映画「プロジェクトX」のニマ・ヌリザデ。この布陣で小さな町のコンビニでバイトするボンクラな主人公が、実は記憶を封印された最強戦士でーーな話なら、かなりハジケたブラック・コメディかと思いきや、過激さよりもオフビートな笑いのテイスト。政府機関による極秘最強戦士計画といえばアメコミの定番ネタで、主人公は"裏"キャプテン・アメリカだったりもする。ジェシー・アイゼンバーグは「ソーシャル・ネットワーク」以降でもこういうダメンズ役がお似合いで、彼が演じる「バットマン VS スーパーマン」のレックス・ルーサがますます楽しみ。

  • くれい響
    日本公開されただけでもいい…とは思えない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ほぼ同じコンセプトながら、どちらもオリジナリティを放っていた『クロニクル』の脚本家と『プロジェクトX』の監督が組んだとなれば、否応無しでも期待してしまうが、信じられないほどオフビートで、圧倒的に前出の2作が持っていたグルーヴ感に欠ける。『陰謀のセオリー』などでもネタになった機密プロジェクト「MKウルトラ」の1アイデアだけで引っ張るのは無理があったようで、どっちつかずなラブストーリーもイマイチ。エンドクレジットのような展開を期待していた人間にとっては、ロバート・アロンゾ指導によるアクションもイマイチ効果を発揮せず。ジョン・レグイザモなど、助演陣の使い方も、単なる出オチで終わっているのが残念だ。

  • 山縣みどり
    『アドベンチャーランドへようこそ』カップルが再共演
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ダサダサな大学生の恋を描く胸キュン映画で素晴らしいケミストリーを発揮したジェシー・アイゼンバーグ&クリステン・スチュワートが再共演というだけでうれしい1本。『影なき狙撃者』的に育成された凄腕エージェント、マイクがCIAの内紛に巻き込まれて命を狙われる展開は漫画的だし、暴力と笑いを融合させた脚本はタランティーノ風。とはいえ、マイクの事情徴収からフラッシュバックに以降する構成がスリルを軽減するのは失敗だろう。残念。ただしロマンス部分の比重が大きいので、バイオレンス嫌いの女子もOK! デート・ムービーとしてもお勧めだ。美貌に青タン作ってダメ男を支えるクリステンに共感する女子、多そう。

  • 相馬 学
    相性抜群のふたりを見てるだけでオッケー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ジェシー・アイゼンバーグ×クリステン・スチュワート=ダメ男&美少女のロマンス。『アドベンチャーランドへようこそ』を快作に導いた、このファンタジー的な公式を同一キャストに再現してくれたことが素直に嬉しい。

     正直、記憶喪失スパイ映画としては既視感アリでジェイソン・ボーンの二番煎じととれなくもないが、トファー・グレイスやジョン・レグイザモのブッ飛んだコメディ演技が活きて、肩が凝ることなく笑って楽しめる。

     ジェシー&クリステンが織りなす恋のドタバタも同様。何より、このふたりだから体現できる“ダメ”と“純情”のリアリティがイイ。ユルさはあっても憎めないのは、そこに理由があると思う。

動画

映画『エージェント・ウルトラ』劇場特別予告編
さえないコンビニ店員が最強のエージェント!?映画『エージェント・ウルトラ』予告編
映画『エージェント・ウルトラ』本編映像

ポスター/チラシ

  • 映画『エージェント・ウルトラ』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『エージェント・ウルトラ』オリジナルクリアファイルセット
    オリジナルクリアファイルセット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

マイク・ハウエル:
フィービー・ラーソン:
エイドリアン・イェーツ:
ヴィクトリア・ラセター:
クルーガー:
ピーティー・ダグラス:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『エージェント・ウルトラ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【エージェント・ウルトラ】を観た from NEW WAY.NEW LIFE (2016年4月10日 10時36分)
    2012年に最も違法ダウンロードされた映画【プロジェクトX】を撮ったニマ・ヌリザデが監督し、脚本は低予算SFながら青春映画として傑作である映画【クロニクル】を書いたマ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • エージェント・ウルトラ~全て暗号? from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年1月26日 20時45分)
    公式サイト。ニマ・ヌリザデ監督。ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、トファー・グレイス、コニー・ブリットン、ウォルトン・ゴギンズ、ジョン・レグイザモ、 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • エージェント・ウルトラ (2015) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年1月24日 3時14分)
    CIAの極秘計画によってスーパーエージェント訓練を受けた青年が計画の中止により記憶を消され平凡な人間として生活をしている。CIAは彼を危険だとして殺そうとするが、青年が特殊能力を覚醒させて抵抗する。もう少しスカッとする映画を期待したんだけどそれほどでもなかった。 続編は多分作られないだろう。 □ ウエストバージニア州のリマンという小さな町に住むマイク・ハウエルは自分でもあきれるほどの... ...[外部サイトの続きを読む]
  • エージェント・ウルトラ from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2016年1月24日 0時33分)
    American Ultra [Blu-ray + DVD + Digital HD] [Blu-ray]マイクは、田舎町のコンビニでのらりくらりとバイトするダメ男。恋人のフィービーとハワイ旅行に出てプロポーズしようと決意するも、直前に ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • エージェント・ウルトラ / American Ultra from 勝手に映画評 (2016年1月23日 17時2分)
    ネタバレあり? 田舎町のダメ男が、実はCIAの凄腕エージェント?! 突然、驚異的戦闘本能を覚醒させる。そう言う設定の作品は数多ありますが、これはその中でも一味違った作品です。何と言っても、武器がローテクというか、その辺の日用品というのが良いですね。逆に言え... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年1月18日の週の公開作品
  3. 『エージェント・ウルトラ』