シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ひと夏のファンタジア

ひと夏のファンタジア
(C) Nara International Film Festival+MOCUSHURA
製作年:
2014年
製作国:
日本/韓国
日本公開:
2016年6月25日
上映時間:
製作:
NPO法人なら国際映画祭実行委員会 / MOCUSHURA
配給:
「ひと夏のファンタジア」プロジェクト2014-2015
モノクロ/カラー/DCP

チェック:第37回ぴあフィルムフェスティバルで上映された、本作が3本目の長編作となるチャン・ゴンジェが監督と脚本を務めたファンタジー。奈良県五條市を舞台に、人々の偶然の出会いがもたらす物語を映し出す。キム・セビョクと『シーサイドモーテル』などの岩瀬亮らが出演。モノクロからカラーに転じる2部構成の展開に注目。

ストーリー:台本を書くための取材に韓国から奈良県五條市を訪れた映画監督のテフンと助手のミジョンを、市の観光課に勤めるタケダが案内する(第1章)。韓国から奈良へ足を運んだヘジョンは、観光案内所で柿農家のユウスケと知り合い、共に五條の町を散策する(第2章)。

ひと夏のファンタジア
(C) Nara International Film Festival+MOCUSHURA

映画短評

  • くれい響
    韓国からの“聖地巡り”急増にも納得
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    奈良県五條市が舞台の2部構成で、同じキャストが異なる役を演じる日韓合作。シナハンにやってきた韓国人監督と五條の人々の交流を描く“第一章”こそ、いかにも河瀬直美プロデュースな作りで、ご当地映画感が拭いきれないが、ホン・サンス監督作のようで、『ビフォア・サンライズ』のようでもあるラブストーリーな“第二章”は、韓国インディーズを牽引するチャン・ゴンジェ監督の真骨頂。ヒロイン演じるキム・セビョクのルックスはぶっちゃけ微妙だが、ある種ドッキリな演出でリアルな表情を浮かべたかと思えば、ヤサ男を演じる真利子哲也監督作の常連俳優、岩瀬亮との化学反応もあり、ラストにはキュートに見えてしまうあたりもファンタジー!

動画

奈良県五條市を舞台にした一作!映画『ひと夏のファンタジア』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ひと夏のファンタジア』ポスター
    ポスター
  • 映画『ひと夏のファンタジア』チラシ
    チラシ
  • 映画『ひと夏のファンタジア』チラシ
    チラシ

スタッフ

脚本・監督・プロデューサー:
プロデューサー: 河瀬直美
共同プロデューサー: 百々俊二 / キム・ウリ
撮影: 藤井昌之
照明: 松隈信一
現場録音: キム・ヒョンサン

キャスト

ミジョン/ヘジョン:
武田友助:
キム・テフン:
ケンジ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年6月20日の週の公開作品
  3. 『ひと夏のファンタジア』