シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
シン・ゴジラ
(C) 2016 TOHO CO., LTD.
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年7月29日
(全国東宝系)
上映時間:
協力:
防衛省 / 自衛隊
製作・配給:
東宝
製作プロダクション:
東宝映画 / シネバザール
カラー

チェック:『エヴァンゲリオン』シリーズなどの庵野秀明と『進撃の巨人』シリーズなどの樋口真嗣が総監督と監督を務め、日本発のゴジラとしては初めてフルCGで作られた特撮。現代日本に出現したゴジラが、戦車などからの攻撃をものともせずに暴れる姿を活写する。内閣官房副長官役の長谷川博己、内閣総理大臣補佐官役の竹野内豊、アメリカの大統領特使役の石原さとみほか300名を超えるキャストが豪華集結。不気味に赤く発光するゴジラのビジュアルや、自衛隊の全面協力を得て撮影された迫力あるバトルに期待。

ストーリー:東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、“ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが……。

シン・ゴジラ
(C) 2016 TOHO CO., LTD.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    はたらくくるまの大奮闘に滂沱。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    新劇場版エヴァが未完のまま云うのもナンだが、こりゃ庵野秀明の総決算だ。徹底して人間が主役、国家の存亡を賭けたディスカッション・ドラマというべき作りは岡本喜八『日本のいちばん長い日』、そのすさまじいカット割りは庵野自身の『ラブ&ポップ』の発展系といえる(と思えば、なんと故・岡本監督が影の主役!)。現実社会との切り結びようはあくまでファースト・ゴジラを指向するが、オキシジェン・デストロイヤーのような虚構の最終兵器での決着を本作は選ばない。過酷な伊福部昭のスコアにトランペットがミスりながらも必死で喰らいつくオリジナル特撮映画音源の使用が示すように、どこまでも人間的な泥臭さにこそ痺れるのだ。

  • 中山 治美
    風刺に笑い、散りばめられた愛にむせび泣く
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    痛快だ。
    戦後日本を総括する皮肉の効いたセリフの数々。
    絵空事だからと街ごとぶっ壊しても問題ナシ!核兵器使用もOK!とするハリウッド大作へのアンチテーゼに。
    それを実力派俳優から、小規模ながら`15年を彩った『ローリング』らの俳優陣、映画監督までを引っ張り出し日本映画界総力戦で挑んでいる構図に心踊る。
    中でもゴジラの存在を警告する生物学者に故・岡本喜八監督とは。
    遺稿『アンドロイド』は、”隕石の当て逃げ事件で核が一斉に誘発。地球の人口の3分の2が吹っ飛んだ”というSFコメディだった。
    こうした細部の仕掛けが深い余韻を与え、何度でも繰り返し見てその愛を確かめたくなる。とてつもない怪作の誕生だ。

  • 森 直人
    完全に真・マスターピース
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    庵野的には『シン・エヴァ』の前、樋口的には『進撃』から『巨神兵東京に現わる』を経ての本格コラボ…という文脈イメージは想定していたつもりだが、圧倒的なクオリティに驚嘆! まるで東宝ブランドと日本的技術の総力戦。適材適所の人員配置を組んで、日本の置かれた今日的問題に全力対応している。

    無人の新幹線N700系など鉄道の用法にも感涙したが、肝は初代ゴジラへの距離感で、太平洋戦争から3.11以降まで正確に線を引こうとする意図が本作の知性と情念を支えている。「根拠なき楽観は禁物です」「避難とは住民の生活を根こそぎ捨てさせる事だ」(以下、中略)など名言連発。その意味でも「岡本喜八」という要はやはり大きい。

  • 清水 節
    ゴジラとエヴァを繋いで、日本の希望を新世代に託す成長の物語
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    出現のひねりに舌を巻き、畳みかける緻密な画に昂ぶり、新奇性あふれる攻防に瞠目して、新世代の可能性に希望を託す国民的映画に涙が滲んだ。無謬性の神話が招く最悪の事態。だが結束して対処せんとする日本的美徳。未曾有の災厄をモチーフに娯楽映画に変換した本多猪四郎の『ゴジラ』を3.11後Ver.にアップデートする。岡本喜八の反骨の魂を父に、ウルトラ世代の映像的記憶を血流に、エヴァという果実を経て、『太陽を盗んだ男』の聖地を最終決戦拠点とし、怪獣映画を日本土着の<危機管理エンターテインメント>に昇華。物量で圧するハリウッドに対しても、知恵と不眠不休で「この国はまだまだやれる」ことを庵野秀明は証明してみせた。

  • くれい響
    主役はあくまでも日本政府
    ★★★★
    »読む«閉じる

    劇伴が流れぬまま、冒頭から専門用語満載なスピーディーな会話劇が延々続く。その後、鷺巣詩郎と伊福部昭の劇伴が交互に流れ、完全に庵野秀明総監督の策略にハマっていく。イーオンでのレッスン成果を発揮するエロい石原さとみや、限りなく小池百合子に近い余貴美子の防衛大臣、原一男、犬童一心、緒方明の学者トリオなど、インパクトあるキャラも登場するが、主役はあくまでも日本政府であり、フルCGゴジラも気にならない。平成『ガメラ』シリーズの呪縛に囚われるなか、震災を経た今こそできた災害対策シュミレーションであり、ゼーレばりの会議映画。例によって賛否分かれるだろうが、ハリウッド版への回答としては十分に成功だろう。

動画

ついにゴジラ動く!映画『シン・ゴジラ』予告編
庵野秀明×樋口真嗣のゴジラ!『シン・ゴジラ』特報
今月の5つ星2016年7月
ゴジラから紫の光が…!映画『シン・ゴジラ』新予告
今週のHOT MOVIES 2016.7.29-30
今週のMOVIEランキング 2016.7.30-31
今週のMOVIEランキング 2016.8.6-7
今週のMOVIEランキング 2016.8.13-14
今週のMOVIEランキング 2016.8.20-21
今週のMOVIEランキング 2016.8.27-28
今週のMOVIEランキング 2016.9.3-4
今週のMOVIEランキング 2016.9.10-11

写真ギャラリー

(C) 2016 TOHO CO., LTD.

ポスター/チラシ

  • 映画『シン・ゴジラ』ポスター
    ポスター
  • 映画『シン・ゴジラ』チラシ
    チラシ
  • 映画『シン・ゴジラ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『シン・ゴジラ』特製A4クリアファイル
    特製A4クリアファイル

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

脚本・編集・総監督: 庵野秀明
監督・特技監督:
准監督・特技統括: 尾上克郎
音楽: 鷺巣詩郎
製作: 市川南
エグゼクティブプロデューサー: 山内章弘
プロデューサー: 佐藤善宏 / 澁澤匡哉 / 和田倉和利
プロダクション統括: 佐藤毅
ラインプロデューサー: 森徹 / 森賢正
撮影: 山田康介
照明: 川邉隆之
美術デザイン: 稲付正人
装飾: 坂本朗 / 高橋俊秋
録音: 中村淳
整音: 山田陽
音響効果: 野口透
編集・VFXスーパーバイザー: 佐藤敦紀
VFXプロデューサー: 大屋哲男
扮飾統括: 柘植伊佐夫
スタイリスト: 前田勇弥
ゴジライメージデザイン: 前田真宏
ゴジラキャラクターデザイン: 竹谷隆之
ゴジラアニメーションスーパーバイザー: 佐藤篤司
特殊造形プロデューサー: 西村喜廣
カラーグレーダー: 齋藤精二
音楽プロデューサー: 北原京子
スクリプター: 田口良子 / 河島順子
キャスティングプロデューサー: 杉野剛 / 南明日香
総監督助手: 轟木一騎
助監督: 足立公良
自衛隊担当: 岩谷浩
製作担当: 片平大輔
宣伝プロデューサー: 是枝宗男 / 稲垣優
B班撮影: 鈴木啓造 / 桜井景一
B班照明: 小笠原篤志
B班美術: 三池敏夫
B班操演: 関山和昭
B班スクリプター: 増子さおり
B班助監督: 中山権正
C班監督: 石田雄介
C班助監督: 市原直
D班撮影・録音・監督: / /

キャスト

矢口蘭堂内閣官房副長官:
赤坂秀樹内閣総理大臣補佐官:
カヨコ・アン・パタースン米国大統領特使:
環境省官僚:
古代生物学者:
内閣官房長官:
内閣総理大臣:
海洋生物学者:
官邸職員:
外務省官僚:
自衛隊関係者:
自衛隊関係者:
原子力規制庁:
消防隊隊長:
内閣官房副長官秘書官(防衛省出身):
自衛隊関係者:
自衛隊関係者:
外務省官僚:
防災課局長:
文部科学省官僚:
生物学者:
厚生労働省官僚:
自衛隊関係者:
文部科学大臣:
内閣府特命担当大臣(防災担当):
経済産業省官僚:
自衛隊関係者:
総務大臣:
生物学者:
自衛隊関係者:
農林水産大臣:
東京都副知事:
警察庁長官官房長:
避難民:
保守第一党政調副会長:
ジャーナリスト:
ジャーナリスト:
東京都知事:
避難民:
警察庁刑事局局長:
国土交通大臣:
防衛大臣:
内閣危機管理監:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『シン・ゴジラ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「シン・ゴジラ」 政府対未確認生物 from 珍竹鈴WP  映画とネットとモバイル機器の日々 (2016年11月20日 18時53分)
    邦画「シン・ゴジラ」観ました。 ゴジラというと、ノスタルジィやわけのわからない思い入れが作り手側に加わって、あまりいいイメージがないのですが、庵野秀明監督ということで、多少期待してみました。 もともと、学生時代にウルトラマン同人映像を作っていたくらいですから。 さて、シン:新の名の通り、ゴジラという概念がない前提で物語は始まります。 船の沈没事故から、謎のエネルギー反応、そして謎の生物の出現。 その姿を見たとき、「え、これがゴジラ?」と思ってしました。 その真ん丸目といい、かなりふざけた感じがありま... ...[外部サイトの続きを読む]
  • シン・ゴジラ from シネマクマヤコン (2016年10月29日 15時15分)
    ずっと放置状態で、見た映画を記録するつもりが、記録になってなかったりしますが、今 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『シン・ゴジラ』をIMAXで鑑賞したよ! from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年9月7日 21時17分)
    私は好きにした。君らも好きにしろ。今回ご紹介する映画:『シン・ゴジラ』オススメ度:★★★★★(五つ星!)予告編動画 『シン・ゴジラ』のあらすじある日、東京湾アクアトン ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「シン・ゴジラ」 from 元・副会長のCinema Days (2016年9月5日 6時27分)
    世評通り、楽しめる映画だった。もちろん、完璧な出来かと問われれば答えに窮する。巷間で取り沙汰されている“ある重大な欠点”(笑)の他にも、細かく見ていけば辻褄の合わない点も散見されよう。しかしながら、これらの瑕疵を差し引いても本作の存在感は屹立している。... ...[外部サイトの続きを読む]
  • シン・ゴジラとエヴァンゲリオン/あるいは、樋口真嗣監督の軌跡 from エンターテイメント日誌 (2016年8月19日 19時24分)
    評価:AA (当サイトの最高評価はAAA) 映画公式サイトはこちら。 文句なし今 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年7月25日の週の公開作品
  3. 『シン・ゴジラ』