シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
太陽
(C) 2015「太陽」製作委員会
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年4月23日
(角川シネマ新宿ほか)
上映時間:
企画・製作:
アミューズ
企画・製作・配給:
KADOKAWA
制作プロダクション:
デジタル・フロンティア / アミューズ映像製作部
カラー

チェック:劇団イキウメを率いる劇作家で演出家、前川知大の舞台劇を映画化した異色ドラマ。バイオテロによって人類が減少した近未来を舞台に、進化した人類とそれから取り残された者たちのドラマを見つめる。メガホンを取るのは、『日々ロック』『ジョーカー・ゲーム』などの入江悠。主演は、『るろうに剣心』シリーズや『バクマン。』などの神木隆之介、『愛の渦』『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』などの門脇麦。真の豊かさとは何かを問う深遠な物語も見もの。

ストーリー:バイオテロによって人口が激減してしまった21世紀初頭の世界で、ウイルスへの抗体を持った新しい人類が誕生する。優れた知能と若く健康な肉体を誇る彼らは、自分たちをノクスと呼んで社会を支配するように。しかし、紫外線に耐えることができずに夜間しか活動できない弱点があった。一方、ウイルスの感染を免れた旧人類はキュリオと呼ばれ、ノクスから見下される存在になっていた。キュリオの青年・鉄彦(神木隆之介)はノクスに憧れるが、幼なじみの結(門脇麦)はキュリオの復権を願っていた。

太陽
(C) 2015「太陽」製作委員会

映画短評

  • なかざわひでゆき
    人間という不完全な生き物の本質を捉えた傑作
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     未知のウィルス蔓延で人口が激減した近未来。世界は感染によって進化した新人類と、感染を免れた旧人類に分断される。いわゆるディストピア系のSFドラマだ。
     豊かな新人類と貧しい旧人類。本作の鋭さは強者=悪、弱者=善という社会正義的なステレオタイプを逆手に取った点。あらゆる負の感情を制御し合理性を貫くことで発展する新人類。かたや旧人類は、嫉妬や憎しみなど負の感情によって自滅していく。
     確かに極端な設定の寓話だが、しかし人間という不完全な生き物の本質は見事に捉えている。劣等感にまみれた村人たちの暴走が集団リンチへ発展する過程は圧巻。一方、両者の若者が歩み寄ることで人間性に希望も見出す。これは傑作。

  • 清水 節
    神木隆之介の地団駄が希望のリズムとして響き渡る超格差社会SF
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ディストピアへと向かう近未来。太陽の下では生きられないエリート新人類と、貧しいながらも太陽に愛された旧人類。この国のシンボル“太陽”に分け隔てられたSF設定が暗示するものは奥深い。入江悠演出は土着的な旧人類コミュニティに照準を定め、弱者に寄り添う。地方と都会の格差を描いた往年の日本映画の苦さを持ち合わせているが、この架空の村の鬱屈と叫びは、あくまでも今現在の明日なき若者の心情そのもの。それを体現する門脇麦の戸惑いと苦悩が全編を覆う中、神木隆之介の焦燥と地団駄が希望のリズムとして響き渡る。近藤龍人キャメラマンが描き出すススキの原が黄金色に煌めく光景は、絶望の中の一縷の望みの象徴として美しい。

動画

映画『太陽』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『太陽』ポスター
    ポスター
  • 映画『太陽』チラシ
    チラシ
  • 映画『太陽』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『太陽』「オリジナルブックマーク(4種絵柄)」数量限定・非売品(*全体サイズ 約縦10cm x 横15cm、透明なアクリル製で4種切り離せます。)
    「オリジナルブックマーク(4種絵柄)」数量限定・非売品(*全体サイズ 約縦10cm x 横15cm、透明なアクリル製で4種切り離せます。)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原作・脚本: 前川知大
監督・脚本:
エグゼクティブプロデューサー: 原田知明 / 堀内大示
プロデューサー: 遠藤日登思 / 小林剛 / 澤岳司
撮影: 近藤龍人
照明: 藤井勇
美術: 古積弘二
装飾: 鈴村高正
録音: 小宮元
音響効果: 渋谷圭介 / 佐藤祥子
音楽: 林祐介
音楽プロデューサー: 和田亨
スタイリスト: 纐纈春樹
ヘアメイク: 望月志穂美
CGプロデューサー: 鈴木伸広
CGディレクター: 土井淳
助監督: 松尾崇
ラインプロデューサー: 佐藤圭一朗

キャスト

奥寺鉄彦:
生田結:
森繁富士太:
佐々木行雄:
佐々木拓海:
金田洋次:
曽我玲子:
奥寺克哉:
奥寺純子:
曽我征治:
生田草一:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『太陽』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 太陽~近過去SFって? from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年4月26日 19時19分)
    公式サイト。前川知大原作、入江悠監督。神木隆之介、門脇麦、古川雄輝、綾田俊樹、水田航生、高橋和也、森口瑤子、村上淳、中村優子、鶴見辰吾、古舘寛治。演劇の翻案。近未来と ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「太陽」 from ここなつ映画レビュー (2016年4月25日 12時45分)
    縁あって、舞台挨拶付き完成披露試写会を観に行く機会を得た。そして、開演前に偶然かみきゅんと遭遇。最初かみきゅんだとわからなかった。何故ならめっちゃイケメンだったから。もちろんかみきゅんはまごう事無きイケメンなのだけれど、ちょっと個性的というか、憎み切れないいたずらっ子的な感じがスクリーンでのかみきゅんにはあるのに、実物は単なるイケメンだったから、コレびっくり!「単なるオヤジだった」という表現と同レベルの単なるイケメンだった。冷たい位のイケメンだった。いやはやいやはや…。でも舞台挨拶上でのかみきゅんはやっぱり ...[外部サイトの続きを読む]
  • 太陽 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2016年4月25日 0時7分)
    太陽 [単行本]ウイルスにより人類の大半が死滅した21世紀初頭。人類は、太陽の光に弱く夜にしか生きられない新人類・ノクスと、ノクスに管理されながら太陽の下で貧しく暮らすキュ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「太陽」@一ツ橋ホール from 新・辛口映画館 (2016年3月15日 20時32分)
    映画レビューサイトCOCOさんから「太陽」完成披露試写会に招かれた。完成披露試写会と言う事でいつもより若干早めに教育会館に到着したら、開場待ちの列は外にまで延びている。長年このホールを利用してきたが、こんな長蛇の列は初めてである。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年4月18日の週の公開作品
  3. 『太陽』