シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
15歳以上がご覧になれます

獣は月夜に夢を見る

公式サイト:http://kemono-yume.com
獣は月夜に夢を見る
(C) 2014 Alphaville Pictures Copenhagen ApS
英題:
WHEN ANIMALS DREAM
製作年:
2014年
製作国:
デンマーク/フランス
日本公開:
2016年4月16日
(ヒューマントラストシネマ有楽町ほか)
上映時間:
配給:
クロックワークス
カラー

チェック:カンヌ国際映画祭を筆頭に各国の映画祭で高い評価を得たミステリードラマ。閑散とした村を舞台に、体に異変が生じるようになった女性がその原因を探ろうとする。メガホンを取るのは、ショートフィルムなどに携り、初めて長編作を手掛けるヨナス・アレクサンダー・アーンビー。テレビドラマ「ゾウズ・フー・キル」などのラース・ミケルセン、『白昼夢に抱かれる女』などのソニア・リクターらが顔をそろえる。悲しくも謎めいたストーリーや、幻惑的なビジュアルに引き込まれる。

ストーリー:とある村で、父と病気を患う母と共に暮らしているマリー(ソニア・ズー)。勤め先でダニエル(ヤーコブ・オフテブロ)と出会って惹(ひ)かれ合うようになるが、自身の体に異様な変化が起きていることに気付く。異変が進んでいく中で、その原因と母の病気について調べることにしたマリーは、ある秘密にたどり着く。

獣は月夜に夢を見る
(C) 2014 Alphaville Pictures Copenhagen ApS

映画短評

  • なかざわひでゆき
    美しくも哀しい北欧産アート系ホラー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     海岸沿いの小さな漁村、謎の病に冒された母親、多くを語らない父親、孤独で内気な娘マリー、そしてそんな一家を遠巻きに警戒する村人たち。やがて体に不可解な変調をきたし始めたマリーは、恐ろしくも哀しい己の正体を知ることになる。
     「ぼくのエリ 200歳の少女」を彷彿とさせる北欧産アート系ホラー。“獣”へと変貌していくヒロインの不安や葛藤を、今まさに大人になろうとする少女特有の心理的メタファーとして描く手法に目新しさはないものの、北欧映画ならではの荒涼としたメランコリックな世界観が好きな人にはオススメ。あくまでも雰囲気重視の傾向が強いので、ホラー映画ファン向けではないかも。

  • 平沢 薫
    北欧の小さな町でいくつもの境界線が失われていく
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     空と地の境界は、光の中に溶けて判別できない。その空の下で、人々の生活と、古くからの伝説の境界が失われていく。家族の秘密にまつわる物語が、幻想譚との境界を失っていく。そして、19歳の少女がある境界線を乗り越える時、その姿が美しい。こういうものには魅了されてしまってもしょうがないと思わせる、説得力を持っている。
     黄昏のまま時が停滞してしまったかのような、北欧の海辺近くの小さな町。光は淡く柔らかで、色は明度が高く彩度が低い。この幻想絵画のような世界を作り出した監督・脚本・原案のアーンビーの、「奇跡の海」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の美術アシスタント出身という経歴に納得だ。

ポスター/チラシ

  • 映画『獣は月夜に夢を見る』ポスター
    ポスター
  • 映画『獣は月夜に夢を見る』チラシ
    チラシ
  • 映画『獣は月夜に夢を見る』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『獣は月夜に夢を見る』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【獣は月夜に夢を見る】 from 元ボクサーの一念発起 (2016年10月29日 17時49分)
    カンヌ国際映画祭を筆頭に各国の映画祭で高い評価を受けた作品です。 北欧の閉ざされた村を舞台に、決して抗えない秘密を抱える少女の恐ろしくも切ない愛の運命を、独特の世界観と映像美で描いたデンマーク発のミステリードラマです! メガホンを取るのは、ショートフィルムなどに携り、初めて長編作を手掛けるヨナス・アレクサンダー・アーンビーです。 ラース・ミケルセン、ソニア・リクターら出演しています。 いそっそう612 どうも、いごっそう612です!地味な映画です。 【作品情報】 原題:WHEN ANIMALS DR&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「獣は月夜に夢を見る」 from ここなつ映画レビュー (2016年4月20日 12時20分)
    怖くて哀しいオハナシ。冒頭から映し出される北欧の漁村の風景があまりにも美しいのだが、その美しさが閉鎖性のある村の棘を想起させる働きをしていると思う。このタイトルからして充分に想像しなければならないはずの展開に、中盤まで全く気づかなかった。ある意味ラッキーな接し方だ。だからこそ、怖さと哀しさがひとしお。ネタバレする内容ではないので、これ以上どう書いていいのか判らないが…インターネット、SNSが発達している現代社会ではこういう村の構造はあり得ないと思うのだが、それでも「異形」に対する廃除行為が現存する事は厳しい ...[外部サイトの続きを読む]
  • 獣は月夜に夢を見る from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年4月19日 22時8分)
    公式サイト。デンマーク=フランス。英題:When Animals Dream。ヨナス・アレクサンダー・アーンビー監督。ソニア・ズー、ラース・ミケルセン、ソニア・リクター、ヤーコブ・オフテブロ ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年4月11日の週の公開作品
  3. 『獣は月夜に夢を見る』