シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ヘイル、シーザー!

公式サイト:http://hailcaesar.jp/
ヘイル、シーザー!
(C) Universal Pictures
英題:
HAIL,CAESAR!
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ/イギリス
日本公開:
2016年5月13日
(TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:
配給:
東宝東和
製作会社:
Mike Zoss Productions / Working Title Films
カラー

チェック:オスカー常連のジョエル&イーサン・コーエン兄弟によるサスペンスコメディー。ハリウッド黄金期を舞台に、超大作映画の撮影中に誘拐された大スターを奪還すべく、スタジオに雇われた何でも屋による捜査を描く。ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、チャニング・テイタム、スカーレット・ヨハンソン、フランシス・マクドーマンドら豪華キャストが出演。さらに、コーエン兄弟が新たに挑戦したスターたちによる華やかなミュージカルシーンも見どころ。

ストーリー:1950年代のハリウッド。スタジオの命運を左右する超大作『ヘイル、シーザー!』の撮影中、世界的大スターの主演俳優ウィットロック(ジョージ・クルーニー)が何者かに誘拐されてしまう。事件解決を任されたスタジオの何でも屋(ジョシュ・ブローリン)は、魅力あふれる若手女優(スカーレット・ヨハンソン)や著名なミュージカルスター(チャニング・テイタム)ら個性豊かな俳優たちを巻き込み、ウィットロック奪還に向け奮闘する。

ヘイル、シーザー!
(C) Universal Pictures

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    闇が薄められたハリウッド・バビロン。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    正直、コーエン映画の何がそんなに“優れて”いるのかが僕には判らない。それでも今回は容易にモデルの想像がつく(あるいは複数の候補を思い浮かべて愉しむ)ベタなオールド・ハリウッドネタで、まぁ観ているぶんには楽しいが「で、結局それがどうした?」という物足りなさが残るのはいつもと同じ。問答無用に面白いという地点まで突き抜けてるってこともないしなぁ。赤狩りに遭ったライターたちの復讐劇なら、スター俳優を誘拐して木乃伊取りを木乃伊にしたりソ連の潜水艦と接触したりするよりも、『トランボ』で描かれたような事実のほうが遥かに痛快。いちばん笑うのはユニヴァーサルでMGMネタをやっちまったことかな。

  • なかざわひでゆき
    ハリウッド黄金期を支えたスタジオシステムへの大いなる郷愁
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     映画界が衰退しつつあった’50年代初頭。大物スターの誘拐事件を巡るドタバタ珍騒動を通じ、ハリウッド黄金期を支えたスタジオ・システムの功罪をブラックユーモアで笑い飛ばす。
     舞台となる映画会社はMGM、水着ミュージカル女優はエスター・ウィリアムス、双子のゴシップ記者はヘッダ・ホッパーとルエラ・パーソンズ、隠蔽された妊娠騒動はロレッタ・ヤング…といった具合に、元ネタ探しも愉快な本作は、世界最大の夢工場だったかつてのハリウッドへの郷愁が溢れている。
     予備知識がなくとも楽しめる部分はあるが、しかし例えば西海岸のスタジオと東海岸の本社の役割分担など、当時の背景事情はある程度予習しておきたい。

  • 清水 節
    夢と狂気の王国50年代ハリウッドへ捧ぐコーエン兄弟の愛惜の念
    ★★★★
    »読む«閉じる

     表向きは往年のハリウッドを舞台にしたコミカルな誘拐劇。映画通はモデルとなった映画人を想起してほくそ笑む。決してパロディではない。新興勢力テレビに気圧され、大スクリーンならではの魅力を創出すべく製作された史劇やミュージカルの醍醐味を、コーエン兄弟は本気で再現する。誘拐犯は「ハリウッド・テン」を思わせる。悲劇の主役として語られがちな“赤狩り”の犠牲者への辛辣な眼差しが興味深い。裏社会と繋がっていたスタジオ上層部の揉み消し屋をヒロイックに描くところに屈折がある。崩壊の始まり「1951年」に時代設定し、黄金期の最後の煌めきを描いて、普通じゃない連中の夢と狂気の王国に対する深い愛惜の念を感じさせる。

  • 山縣みどり
    大物スターを贅沢に使うも、もったいなさが際立つね。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    黄金時代のハリウッドを舞台にした内幕ものだから、歌うカウボーイとか水着の女王、美男ミュージカルスター、双子のコラムニストなど映画ファンならニッコリのネタが山盛り。しかもジョシュ・ブローリン演じる主人公は映画会社の汚れ仕事を請け負う何でも屋で、女優の妊娠もみ消しから大スターの誘拐事件まであらゆるトラブルに対応するのだから、古き良きハリウッドの闇も垣間見えて興味深い。人気者だけど演技力と知性に「?」がつく大スターを演じたジョージ・クルーニーはじめ売れっ子役者が次々登場するのが魅力のひとつだけど、ジョシュとティルダ・スウィントン以外はキャラの作り込みが浅く、思わず「もったいない」とため息。

  • 平沢 薫
    ベタな笑い満載のコーエン兄弟版「ハリウッド・バビロン」!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ハリウッド黄金時代のダークサイドを、ホラ話の手つきとベタな笑いで思いっきり陽気に描く、映画ファンのためのおとぎ話。当時の暗黒面を描くケネス・アンガーの名著「ハリウッド・バビロン」を、コーエン兄弟が彼ら流のコメディ感覚で翻案するとこうなる。往年の実話を下敷きにした出来事が続々、しかも実在の銀幕のスタアたちを連想させる登場人物たちは、実際の現代ハリウッドの人気スターたちが演じているという豪華な仕様。本作もまた映画なので、この世界で起きる出来事は、すべて背景を描いた書き割りの前で起きているように見えるよう撮られている。スタジオに雇われた何でも屋が最後に牧師に告げる決意に、映画愛が溢れている。

動画

映画『ヘイル、シーザー!』予告編
チャニング・テイタムが美声を披露!『ヘイル、シーザー!』特別映像
今週のHOT MOVIES 2016.5.14-15

ポスター/チラシ

  • 映画『ヘイル、シーザー!』ポスター
    ポスター
  • 映画『ヘイル、シーザー!』チラシ
    チラシ
  • 映画『ヘイル、シーザー!』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ヘイル、シーザー!』コーエン兄弟レトロスペクティブ・ポストカード
    コーエン兄弟レトロスペクティブ・ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

製作総指揮: ロバート・グラフ
プロダクションデザイン: ジェス・ゴンコール

キャスト

エディ・マニックス:
ベアード・ウィットロック:
ホビー・ドイル:
ローレンス・ローレンツ:
ディアナ・モラン:
ソーラ・サッカー、セサリー・サッカー:
バート・ガーニー:
ジョー・シルバーマン:
カーロッタ・バルデス:
ナタリー(秘書):
マニックス夫人:
アルネ・セスラム:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ヘイル、シーザー!』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 古き良きハリウッドに愛を込めて【映画レビュー】『ヘイル、シーザー!』あらすじ&感想(ネタバレ無し) from 楽ブログ (2016年11月22日 23時30分)
    舞台は1950年代の、斜陽がさし始めるほんの少し前のハリウッド。 巨額の費用をつぎ込んだ大作を生み出すことこそが、徐々にメディアとしての力をつけてきたテレビに対抗しうる唯一の方法と考えた当時の映画界は、華々しく輝く世界であると同時に金や権力の影が蠢く闇の世界でもありました。 そんな中で、巨大な撮影スタジオを任される総支配人のエディ・マニックス(ジョシュ・ブローリン)は、今日も教会の懺悔室で神父様に告白の最中。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • Blu-ray:ヘイル・シーザー! Hail, Caesar! 今日「文化の日」にこの一本を鑑賞、は運命的な出会い(笑) from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2016年11月3日 23時17分)
    ジョエル & イーサン・コーエン兄弟 の新作。 いまいちの評判(...)に公開時を見逃し、機内映画でも ちらっと見ただけ。 やっと今日、Blu-ray で全体を通して鑑賞。 すると、次々に溢れ出る「映画愛」大爆発! に圧倒されまくる。 今はほぼ廃れてしまった、... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヘイル、シーザー! from 映画三昧、活字中毒 (2016年6月23日 20時51分)
    ■ TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて鑑賞ヘイル、シーザー!/HAIL, CAESAR! 2016年/アメリカ/106分 監督: ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン 出演: ジョシュ・ブローリン/ジョージ・クルーニー/オールデン・エアエンライク/レイフ・ファインズ/ジョナ・ヒル 公式サイト 公開: 2016年05月13日 1950年代のハリウッド。映画制作会社キャピトル・ピク... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ヘイル、シーザー!」:映画趣味が暴走する失敗作 from 大江戸時夫の東京温度 (2016年6月9日 23時6分)
    映画『ヘイル、シーザー!』は、コーエン兄弟が“やっちまった”失敗作。映画好きな人 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヘイル、シーザー!・・・・・評価額1600円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2016年5月23日 22時35分)
    虚構の街の狂想曲。 ケネス・アンガーの著書「ハリウッド・バビロン」を思わせる、コーエン兄弟のメタ的ハリウッド論。? 舞台は1950年代、ジョッシュ・ブローリンが好演するエディ・マニックスは、キャピトル映画制作部のエライ人だが、MGMのスタジオ・エグゼクティブだった同姓同名の人がモデル。 スーパーマン役で知られる、ジョージ・リーヴスの自殺の真相モチーフとした「ハリウッドランド」で、ボ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年5月9日の週の公開作品
  3. 『ヘイル、シーザー!』