シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

君がくれたグッドライフ

公式サイト:http://goodlife-movie.com
君がくれたグッドライフ
(C) 2014 Majestic Filmproduktion GmbH / ZDF
英題:
TOUR DE FORCE
製作年:
2014年
製作国:
ドイツ
日本公開:
2016年5月21日
(ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA)
上映時間:
配給:
ショウゲート
シネマスコープ/5.1ch/カラー

チェック:トロント国際映画祭をはじめ、各国映画祭で高い評価を獲得した尊厳死をテーマにしたドラマ。難病を発症した男性が、友人たちと行う年に1回の自転車旅行で、尊厳死の認められているベルギーへと向かって人生を終わらせようとする姿を描く。メガホンを取るのは、テレビシリーズなどで活躍してきたクリスティアン・チューベルト。『ヴィンセントは海へ行きたい』などのフロリアン・ダーヴィト・フィッツ、主にテレビ映画などに出演してきたユリア・コーシッツらが出演。命を深く見つめた物語に加え、美しいヨーロッパの風景も見どころ。

ストーリー:持ち回りで行き先を決めて、自転車で1年に1度の旅行に繰り出している6人の男女。ハンネス(フロリアン・ダーヴィト・フィッツ)とキキ(ユリア・コーシッツ)の夫婦が今年の旅行先を決める当番だが、二人はベルギーを選ぶ。ベルギーと聞いて名物のチョコレートくらいしか頭に浮かばない仲間たちだが、ハンネスは筋萎縮性側索硬化症(ALS)を宣告されており、尊厳死が認められているベルギーに行って人生を終わらせようとしていたのだ。それを知ってベルギーを目指し、例年と変わらない楽しい旅を続ける彼らだが……。

君がくれたグッドライフ
(C) 2014 Majestic Filmproduktion GmbH / ZDF

映画短評

  • なかざわひでゆき
    死を題材にしつつも、テーマはまさに人間賛歌
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     不治の病で余命幾ばくもないドイツの男性が、法律で尊厳死の認められたベルギーを目指し、最愛の友人や家族を伴って人生最後となる自転車の旅に出る。
     同じ病に冒された亡父の悲惨な最期を知るからこそ、自らが納得できるタイミングで人生を終わらせようと決意した主人公。その事実を知らされた仲間や弟の様々な反応、彼の意思を尊重しつつも納得しきれない妻や母親。旅の途中で起きる悲喜交々の人間ドラマを通じて、生きることの意味が問われていく。
     誰の身にも訪れる死を題材にしつつ、テーマはまさに人間賛歌。必ずしも尊厳死が正解だとは思わないが、しかし選択肢の一つとして否定できないことは確かだろうと考えさせられる。

  • 相馬 学
    悲しい“死”に偏らない、充実した“生”の物語
    ★★★★
    »読む«閉じる

     尊厳死という題材は議論を呼びそうだが、肝心なのはそこではない。尊厳死という道を選んだひとりの人間の人生が、いかに充実していたか? それこそがドラマの鍵だ。

     死別というゴールに対して主人公を愛する者たちの心に痛みが走り、それが切なく響くものの、ウェットに偏らず、腹の底から笑いあえる仲間との最後の旅は時にユーモラス。親友の死後もひとりひとりの人生が続くことを見据えている点に好感を覚えた。

     キャラはいずれも印象深いが、いつも仲間を笑わせるスキンヘッドのお調子者が思いやり込みでイイ味を出している。彼がいるといないとでは、映画の印象がかなり違っただろう。

動画

なぜ自転車旅行でベルギーに向かうのか?映画『君がくれたグッドライフ』予告編
今週のHOT MOVIES 2016.5.21-22

ポスター/チラシ

  • 映画『君がくれたグッドライフ』ポスター
    ポスター
  • 映画『君がくれたグッドライフ』チラシ
    チラシ
  • 映画『君がくれたグッドライフ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『君がくれたグッドライフ』想いを綴るボールペン
    想いを綴るボールペン

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスティング: シモーヌ・ベア

キャスト

ミヒャエル:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『君がくれたグッドライフ』の映画ニュース

  • 元サッカー女子日本代表の澤穂希が16日、都内で行われた映画『君がくれたグッドライフ』のトークイベントに出席して昨年8月に結婚を発表した夫の辻上裕章氏との夫婦円満を改...話していた。(取材・文:名鹿祥史) 映画『君がくれたグッドライフ』は21日よりヒューマントラストシネマ有楽...
  • 難病ALS(筋委縮性側索硬化症)を宣告された男とその妻の最期の旅を描いたドイツ映画『君がくれたグッドライフ』が、日本で5月21日より公開されることが明らかになった。 本...ベルト監督。(編集部・高橋典子) 映画『君がくれたグッドライフ』は5月21日よりヒューマントラストシネマ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 君がくれたグッドライフ (2014、ドイツ) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年12月11日 3時54分)
    安楽死をテーマにしたドイツ映画。ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した36歳男性のハンネスが安楽死を決心する。最後に長年仲良しだった仲間たちとの毎年恒例の自転車旅行をする。目的地は安楽死が認められているベルギー。 突然病院に行って安楽死できるわけではなく事前の手続きが必要らしい。ハンネスは以前に医師と会っていて医師も了解している様子だった。最後に医師はハンネスと二人だけで話す。ハンネス... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 君がくれたグッドライフ from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年5月24日 19時13分)
    永遠の若さのまま逝きたい 公式サイト。ドイツ映画。原題:Hin und weg、英題:Tour de force。クリスティアン・チューベルト監督。フロリアン・ダーヴィト・フィッツ、ユリア・コーシッツ、 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 君がくれたグッドライフ / Hin und weg from 勝手に映画評 (2016年5月22日 17時5分)
    ALS(筋萎縮性側索硬化症)の青年が、尊厳死の許されているベルギーを目指して、古くからの友人たちと毎年恒例の、そして人生最後の自転車旅行に出かける。 尊厳死という重いテーマを描いた作品です。楽しげなサイクリング旅行の目的としての死なので、その対比が、より... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年5月16日の週の公開作品
  3. 『君がくれたグッドライフ』