シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
砂上の法廷
(C) 2015 WHOLE TRUTH PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
THE WHOLE TRUTH
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年3月25日
(TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:
配給:
ギャガ
製作会社:
Filmnation
カラー/シネマスコープ/5.1chデジタル

チェック:『ジョン・ウィック』などのキアヌ・リーヴスが不利な裁判に挑む敏腕弁護士を演じ、うそにまみれた法廷を緊迫感たっぷりに描く法廷ミステリー。大物弁護士の殺人事件で容疑者となった息子が完全黙秘を続ける中、有罪を裏付ける証拠や証言、一転して語り始めた容疑者の言葉によって、二転三転する裁判の行方を活写する。メガホンを取るのは、初監督作『フローズン・リバー』で第81回アカデミー賞脚本賞にノミネートされたコートニー・ハント。容疑者の母を、『シカゴ』などのレニー・ゼルウィガーが演じる。想像を絶する衝撃の展開に驚かされる。

ストーリー:大物弁護士が自宅で殺され、弁護士のラムゼイ(キアヌ・リーヴス)は容疑者として逮捕された被害者の息子マイク(ガブリエル・バッソ)の弁護を引き受けることになる。法廷では次々と彼の有罪を裏付ける証言が飛び出すが、ラムゼイは証言の中にうそがあることに気付く。そんな中、黙秘を続けていたマイクが思わぬ告白を始め……。

砂上の法廷
(C) 2015 WHOLE TRUTH PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    法廷劇としては十分に面白いのだけれど
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     リッチな大物弁護士が殺され、警察は17歳の息子を容疑者として逮捕。友人の弁護士キアヌ・リーヴスが弁護を担当するものの、肝心の被告人が頑なに沈黙を守るため裁判は難航する。
     主人公を含めた関係者の誰もが嘘をつき秘密を抱える中、次々と意外な方向へと転がっていくストーリー展開は巧み。監督はテレビ「LAW & ORDER: 性犯罪特捜班」の演出経験もあり、法廷劇の描写はツボを心得ている。ノワール的な雰囲気も悪くない。
     ただ、配役については少なからず疑問が残る。特にキアヌ演じる主人公は結構グレーゾーンなキャラクターゆえ、当初予定されていたダニエル・クレイグの方がはまり役だったのではないかと思う。

  • 山縣みどり
    肝心な点はじめ、いろいろリアリティに欠けてますな!?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    友人の弁護士が殺害された事件で、逮捕された彼の息子の弁護を引き受けた弁護士ラムゼイの独白で始まる法廷サスペンスで、二転三転する構成もかなり面白い。ただキャスティングがダメだ。キアヌ・リーブス演じるラムゼイが惹かれている友人の妻ロレッタが魅力ゼロ。二人の関係がすごく重要なのに、愛のかけらも感じられないって……。最初は「この地味な女優は誰?」と思い、途中でレニー・ゼルヴィガーと気づいて呆然。彼の助手を演じる新米弁護士を演じるググ・ンバータ=ローが美しく、普通の男なら彼女と恋するでしょう。リアリティが無さ過ぎる。さらに言うと、ネタばれ感たっぷりなエンディングもチープな感じ。

  • 平沢 薫
    この法廷では全員が嘘をつく
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     設定が異色。ポスターに「嘘塗れの自白、証拠、証言」とあり、予告編で「目撃者全員が嘘をついている」と語られるように、"嘘をついているのは誰か"ではなく"誰もが嘘をついているが真相は何か"を描く、謎解きミステリーなのだ。
     そしてその"嘘"と"事実"の描き方が、映像ならではの手法なところがユニーク。法廷で証人が発言している映像に、その証言とは異なる実際に起きたことを描く映像が挿入されて、観客には事実がどうだったかが分かるような仕掛けになっている。
     キアヌ・リーヴスが新境地を開拓、このような人間の表と裏を描くドラマの中心に位置する弁護士という大役に果敢に挑んでいる。

動画

キアヌ・リーヴスが敏腕弁護士にふんする!映画『砂上の法廷』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『砂上の法廷』ポスター
    ポスター
  • 映画『砂上の法廷』チラシ
    チラシ
  • 映画『砂上の法廷』チラシ
    チラシ

スタッフ

製作総指揮・原案: ニコラス・カザン

キャスト

ラムゼイ:
ロレッタ・ラシター:
ジャネル・ブレイディ:
マイケル(マイク)・ラシター:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『砂上の法廷』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【砂上の法廷】犯人は19分でわかる!キアヌ・リーヴスの弁護士映画! from 元ボクサーの一念発起 (2016年8月20日 17時3分)
    キアヌ・リーヴスが父親殺しの罪で逮捕された少年を弁護し、事件の真相に迫っていく敏腕弁護士を演じる法廷ミステリーです! いそっそう612 どうも、いごっそう612です! 【作品情報】 原題:THE WHOLE TRUTH洋画:ミステリー製作年:2016年製作国:アメリカ日本公開:2016年3月25日レンタル開始:2016年8月2日上映時間:94分公式サイト あらすじ 大物弁護士が自宅で殺され、弁護士のラムゼイ(キアヌ・リーヴス)は容疑者として逮捕された被害者の息子マイク(ガブリエル・バッソ)の弁護を引&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 砂上の法廷 from 映画三昧、活字中毒 (2016年8月4日 20時0分)
    ■ 新文芸坐にて鑑賞砂上の法廷/THE WHOLE TRUTH 2016年/アメリカ/94分 監督: コートニー・ハント 出演: キアヌ・リーヴス/レニー・ゼルウィガー/ググ・ンバータ=ロー/ガブリエル・バッソ/ジム・ベルーシ 公式サイト 公開: 2016年03月25日 弁護士のブーン・ラシターが自宅で刺殺体で見つかり、凶器に17歳の息子マイクの指紋が残っていたため、駆けつけた警... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「砂上の法廷」 from ここなつ映画レビュー (2016年4月22日 12時39分)
    法廷物と言えば、弁護士と検事の駆け引きの中で、ラストに明らかにされる真実、大どんでん返しなど、驚きが散りばめられたものであるのが常である。本作でも、公判中一言も口をきかなかった被告の青年が最終局面で明かした真実などは驚くべきものであると思うのだが、本作で一番驚いたのは、レニー・ゼルウィガーの老けっぷりだった!ネットなどで彼女の美貌がちょっとアレになってきた情報は以前から得てきていたものの、実際に動いている彼女を見ると、いやはや…。「ブリジット・ジョーンズの日記」の時には、友達にしたいNo.1クラスの(当社比 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 砂上の法廷 (2016) ★★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年3月28日 3時27分)
    殺人を自供して凶器から指紋が見つかった少年を弁護することになった弁護士。弁護士は少年を無罪にするつもりだが、少年は弁護士とも話そうとしない。  弁護士の仕事は被告の少年を無罪にすることで、真犯人を追及しようとはしない。極端に言えば被告が真犯人でも無罪になれば良いのだろう。  真犯人が誰かというより弁護士の法廷技術がおもしろかった。たとえばマイクの横に若い女性弁護士を座らせると陪審員からマ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 砂上の法廷 / The Whole Truth from 勝手に映画評 (2016年3月27日 16時42分)
    日本が世界最速公開。 「94分、あなたは騙され続ける。」と言うキャッチフレーズは、嘘じゃないです。見事に騙されました。 実質的に舞台は、法廷だけです。時折、その時の出来事を仄めかす様な映像が挿入されます。その映像の中身の真偽は別にしてね。 証拠も証言も全... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年3月21日の週の公開作品
  3. 『砂上の法廷』