シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ザ・デクライン

公式サイト:http://www.decline.jp
ザ・デクライン
(C) 1981 Spheeris Films Inc. All Rights Reserved.
英題:
THE DECLINE OF WESTERN CIVILIZATION
製作年:
1981年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年3月19日
(新宿シネマカリテほか)
上映時間:
提供:
キングレコード
配給:
ビーズインターナショナル
スタンダードサイズ/モノラル

チェック:1979年から1997年のロサンゼルスの音楽シーンを活写したドキュメンタリー3部作の第1弾。1970年代末のハードコアパンクが出現する過程、初期の Black Flag や The Germs のダービー・クラッシュが自ら命を断つ直前の姿などを収める。 Black Flag や The Germs のほか Circle Jerks やXなどが出演。監督はコメディー映画『ウェインズ・ワールド』などのペネロープ・スフィーリス。ライブやインタビューなどの貴重な映像はファン必見。

ストーリー:1970年代末、パンクロックの流行がロンドンやニューヨークに続きカリフォルニアにも押し寄せ、ハードコアパンクのムーブメントがロサンゼルスを中心に盛り上がりを見せ始める。教会をアジトにする Black Flag 、ステージで暴れる The Germs のダービー・クラッシュなど、彼らの圧倒的なステージや熱狂する観衆の様子を追う。

ザ・デクライン
(C) 1981 Spheeris Films Inc. All Rights Reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    '70年代末L.A.ミュージックシーンの熱気を今に伝える
    ★★★★
    »読む«閉じる

     L.A.ロックシーンの推移をリアルタイムに捉えたドキュメンタリー三部作の第一弾は、アメリカン・ハードコア/パンクの誕生するその瞬間をカメラに収めている。
     ‘79年~’80年といえば中西部の保守層による大バッシング運動を契機にディスコ・ブームが衰退し、大都市の黒人若年層によるストリート発祥のヒップホップ/ラップが興隆を始めた時代。そうした背景を踏まえれば、いろいろなものが見えてくることだろう。
     溢れんばかりの生のエネルギー、社会への怒りや不満などを音楽にぶつける。今も昔も変わらぬロックキッズの姿がそこにある。もはや若者とは言えない筆者としては、そんな彼らを取り囲む大人たちの目線が興味深い。

  • 森 直人
    続けざまに『BLACK FLAG LIVE』も観たくなる!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    日本では86年に初公開した傑作の再上映。79年~80年のL.A.パンク・シーンを捉えたものだが、なんとロン・レイズ(Vo.)時代のブラック・フラッグや、「第二のシド・ヴィシャス」とでも言うべきジャームスの故ダービー・クラッシュ、パンク・ファンジン『スラッシュ』編集部の様子など、USパンク~ハードコアのお宝満載!

    初期パンクから移行し、アンダーグラウンドで過激に先鋭化していった時期の刹那的な瞬発力が収められているが、何より100分丸ごと激レア映像って事自体に痺れる。監督のスフィーリスが明言しているように『ザ・デクライン』三部作は社会学的な視座が強いが、この第一作は音楽的な記録としても超貴重だ。

動画

ロサンゼルスの音楽シーンを取り上げたドキュメンタリー第1弾!映画『ザ・デクライン』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ザ・デクライン』ポスター
    ポスター
  • 映画『ザ・デクライン』チラシ
    チラシ
  • 映画『ザ・デクライン』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年3月14日の週の公開作品
  3. 『ザ・デクライン』