シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
大怪獣モノ
(C) 2016『大怪獣モノ』製作委員会
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年7月16日
(ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)
上映時間:
配給:
アーク・フィルムズ
製作:
キングレコード
製作・制作プロダクション:
リバートップ
カラー

チェック:『地球防衛未亡人』などの鬼才、河崎実がメガホンを取り、プロレスラーの飯伏幸太と鈴木みのるが大怪獣と戦うために巨大化した人間を演じる異色の特撮。怪獣の強力な電磁波により兵器が無力化し自衛隊が機能不全に陥る状況で、万能細胞を投与された主人公が身長40メートルの超人に変身し、壮絶な戦いを繰り広げる。超人を演じる飯伏とその第二形態役の鈴木のほか、『獣電戦隊キョウリュウジャー』シリーズなどの斉藤秀翼やモデルの河西美希らが出演。奇想天外なストーリーや、怪獣と人間がぶつかり合う迫力ある肉弾バトルが見どころ。

ストーリー:大怪獣が東京に襲来し、強力な電磁波で自衛隊の全兵器を無力化してしまう。そんな大怪獣“モノ”に対して、万能細胞“セタップX”を投与されて巨大化した身長40メートルの超人(飯伏幸太)が立ち向かう。初戦は勝利を収めたが、学習したモノが超人を倒したことから、超人が再強化されることになり……。

大怪獣モノ
(C) 2016『大怪獣モノ』製作委員会

動画

大怪獣VS巨人!?映画『大怪獣モノ』予告編

写真ギャラリー

(C) 2016『大怪獣モノ』製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『大怪獣モノ』ポスター
    ポスター
  • 映画『大怪獣モノ』チラシ
    チラシ
  • 映画『大怪獣モノ』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・特技監督・プロデューサー・脚本:
プロデューサー: 山口幸彦 / 関谷和隆
脚本: 中野貴雄
怪獣デザイン: 森野達弥
デザインワークス: 加藤礼次朗
撮影: 松尾誠
照明: 斉藤久晃
録音: 相田義敦
助監督: 雨宮真五 / 松岡孝典
衣装: 手嶋幸弘
ヘアメイク: 宮本圭歌
スチール: 長谷川靖哲 / 中村遼
編集・VFX: 人見健太郎
効果: 清田伸雄
特殊造形: 坪井浩一 / 安陪大地
特撮美術: 長谷川俊介
操演: 横井ゆたか
エンディングテーマ: ベッド・イン

キャスト

新田陽出人:強化後1:
新田陽出人:
西郷美和:
リサ/スコルピオ:
新田陽出人:強化後2:
泉忍道:
スパイA:
西川翼:
中井レポーター:
小田事務次官:
桐原教授:
橋本防衛副長官:
神倉防衛長官:
西郷博士:
毒蝮三太夫:
岩井志麻子:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『大怪獣モノ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年7月11日の週の公開作品
  3. 『大怪獣モノ』