シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ソング・オブ・ラホール
(C) 2015 Ravi Films, LLC
英題:
SONG OF LAHORE
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年8月13日
(渋谷ユーロスペースほか)
上映時間:
配給:
サンリス / ユーロスペース
製作会社:
Ravi Films
カラー/DCP

チェック:タリバンに音楽を禁じられたパキスタンの伝統音楽の音楽家たちが、ジャズに挑戦する様子を追う音楽ドキュメンタリー。彼らがサッチャル・ジャズ・アンサンブルとして伝統楽器を演奏してカバー曲を発表し、アメリカに招かれてビッグバンドと共演するまでに密着する。監督はアンディ・ショーケンと、アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を2度受賞しているシャルミーン・ウベード=チナーイ。パキスタンの音楽家たちの技術に裏付けられたパフォーマンスに圧倒される。

ストーリー:パキスタンの芸術の都ラホールでは、タリバンによって音楽を禁止されていた。そこで音楽家たちは立ち上がり、ジャンルが全く違うジャズに挑戦。伝統楽器で「Take Five」を演奏し、そのプロモーション映像がインターネットで膨大なアクセス数をたたき出す。それを見た天才トランペット奏者ウイントン・マルサリスに招待された彼らは、ニューヨークのビッグバンドと共演するためにアメリカへ向かう。

ソング・オブ・ラホール
(C) 2015 Ravi Films, LLC

映画短評

  • なかざわひでゆき
    世代も国境も軽々と超えてみせる音楽の力に感動!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     かつて豊かな芸術文化を誇ったパキスタンの都市ラホール。しかし’70年代の保守的な軍事政権によって映画も音楽も衰退し、その僅かな残り火も現在はイスラム過激派の影響で存続が危ぶまれている。そんな現状を打破すべく、伝統音楽とジャズの融合で世界に挑戦する音楽家たちの姿を記録したドキュメンタリーだ。
     どれだけ虐げられても音楽への愛を忘れない彼らの強い信念に心震え、民族の伝統と家族の誇りを次世代へ繋ぐという親子の熱い絆に涙し、その圧倒的に素晴らしい演奏に思わず笑みがこぼれる。「人は信じるものの中に神を見出す」などなど、弾圧と闘い続けてきた人々だからこその名言にも胸を打たれる。芸術を愛する全ての人必見。

  • 平沢 薫
    音楽自身の持つ力が伝わってくる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     音楽が、なにかのウイルスのように、状況に合う形に進化し続け、増殖し続け、より広い範囲に伝播していく。そういう音楽自身の持つ力が、画面から伝わってくる。
     パキスタンの都市ラホールでかつては栄えた伝統音楽が、過激なイスラム原理主義政権の影響で衰退する。だが、伝統楽器を7代前から演奏してきた奏者や6歳から修行してきた奏者たちが、自分たちの楽器と奏法で、"即興演奏"という共通点を持つジャズを演奏することで諸外国の注目を集め、自分たちの音楽を生き延びさせる。ある奏者は「自分で作った楽器は、自分の魂より大切に思える」と言う。こういう時に"魂"という言葉が自然に出るところで鳴る音楽がある。

動画

パキスタンの伝統音楽の音楽家たちがジャズに挑む!映画『ソング・オブ・ラホール』予告編

写真ギャラリー

(C) 2015 Ravi Films, LLC

ポスター/チラシ

  • 映画『ソング・オブ・ラホール』ポスター
    ポスター
  • 映画『ソング・オブ・ラホール』チラシ
    チラシ
  • 映画『ソング・オブ・ラホール』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ソング・オブ・ラホール』パキスタン国民食ビリヤニのレシピ付「ビリヤニスパイスミックス」(提供:日本ビリヤニ協会)
    パキスタン国民食ビリヤニのレシピ付「ビリヤニスパイスミックス」(提供:日本ビリヤニ協会)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ソング・オブ・ラホール』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年8月8日の週の公開作品
  3. 『ソング・オブ・ラホール』