シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

エクストラクション

公式サイト:http://extraction-movie.jp/
エクストラクション
(C) 2015 GEORGIA FILM FUND 38, LLC
英題:
EXTRACTION
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年6月25日
(新宿バルト9、梅田ブルク7)
上映時間:
配給:
パルコ / AMGエンタテインメント
協力:
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
製作会社:
Highland
カラー/DCP

チェック:『トワイライト』シリーズなどのケラン・ラッツが主人公にふんしたアクション。テログループに捕らえられたCIAエージェントの父を救おうと、同じCIA局員の息子が壮絶な戦いに身を投じる。監督は、『キッズ・リベンジ』などのスティーヴン・C・ミラー。主人公の父を『ダイ・ハード』シリーズなどのブルース・ウィリス、親子に協力する女性エージェントを『ブライド・ウエポン』などのジーナ・カラーノが演じる。銃撃戦やカーチェイスに加え、格闘家でもあるジーナが繰り出す超人的な技にも熱くなる。

ストーリー:ハリー(ケラン・ラッツ)は、優秀なCIAエージェントである父レナード(ブルース・ウィリス)の後を追い、CIAに入局してアナリストとなった。現場に出たいと異動願いを出しては却下され続ける中、世界を震撼(しんかん)させる能力を誇るハッキング装置コンドルの移送任務にあたっていたレナードがテログループに捕らわれたのを知る。ハリーは上司からの待機命令を破って彼の救出を決意し、女性エージェントのヴィクトリア(ジーナ・カラーノ)の助けを借りながら調査を進め……。

エクストラクション
(C) 2015 GEORGIA FILM FUND 38, LLC

映画短評

  • くれい響
    ケラン・ラッツ、次世代アクション・スターへの道
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    親子鷹展開など、“『ダイ・ハード』シリーズ最新作”でもおかしくない設定だが、今どきアタッシュケースひとつで世界を制する展開など、いかんせん脚本がお粗末すぎ。おまけに、常に眉間をシワを寄せるブルース・ウィリスや、何かというと通信衛星を映す演出も古すぎ。とはいえ、『ザ・ヘラクレス』『エクスぺ3』に続く“ケラン・ラッツ、次世代アクション・スターへの道”映画として観ると、決して悪くない。トイレでのカンフー使いとのバトルや、元カノ・エージェント役のジーナ・カラーノとの相性の良さなど、随所に彼の魅力が詰め込められ、ファンには美味しい仕上がりだ。D・B・スウィーニーの意外な配役もあり、★おまけ。

動画

ケラン・ラッツ、ブルース・ウィリス、ジーナ・カラーノ共演のアクション!映画『エクストラクション』予告編
今週のHOT MOVIES 2016.6.24-25

ポスター/チラシ

  • 映画『エクストラクション』ポスター
    ポスター
  • 映画『エクストラクション』チラシ
    チラシ
  • 映画『エクストラクション』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ハリー:
ヴィクトリア:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『エクストラクション』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年6月20日の週の公開作品
  3. 『エクストラクション』