シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
古都
(C) 川端康成記念會/古都プロジェクト
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年12月3日
上映時間:
製作幹事・配給:
DLE
企画・制作:
and pictures
特別制作協力:
beachwalkers.
後援:
京都府 / 京都市 / 一般社団法人 京都経済同友会 / 京都商工会議所
支援:
裏千家今日庵 / 一般財団法人 池坊華道会
協力:
公益財団法人 川端康成記念會 / 特定非営利活動法人 遊悠舎京すずめ
カラー

チェック:「伊豆の踊子」「雪国」などで知られる文豪・川端康成の小説を実写化したヒューマンドラマ。京都とパリを舞台に、生き別れた双子の姉妹とそれぞれの娘の人生が交差するさまを追い掛ける。メガホンを取るのは、『リプレイガールズ』などのYuki Saito。『フラガール』などの松雪泰子、『バースデーカード』などの橋本愛、『無伴奏』などの成海璃子らが顔をそろえる。京都の四季を捉えた美しい映像や、さまざまなシーンに登場する着物・茶道・書道などの日本文化も見どころ。

ストーリー:京都、室町。家業の呉服店を継いでおよそ20年にわたって切り盛りするも、職人の相次ぐ廃業などに時代の変化を感じる佐田千重子(松雪泰子)。彼女は、そうした状況下で大学生の娘・舞(橋本愛)に店を継がせてよいものかと思い悩む。一方、千重子と生き別れた双子の妹で林業を営む中田苗子(松雪泰子)も経営難に苦しんでいた。さらにパリで美術を学ぶ娘・結衣(成海璃子)が自分には才能がないと感じ落ち込んでいるのを知り、苗子はパリへ飛ぶ。また、舞も日本文化を紹介するイベントに参加しようとパリに向かっていた。

古都
(C) 川端康成記念會/古都プロジェクト

映画短評

  • なかざわひでゆき
    名作文学の続編を現代に置き換える裏技的ご当地映画
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     川端康成の名作『古都』の続編で、しかし舞台は21世紀の現代。なぜにそんなややこしいことを!?と見る前は首を傾げたが、なるほど、町興しのご当地映画だからこその諸事情があることはなんとなく分かった。
     グローバル化の波が押し寄せる中、いかにして京都の伝統を守るのか?という問題を、今や母親となった千恵子と苗子のそれぞれの娘との葛藤を軸に、京都とパリという内と外の視点から見つめていく。確かに昭和が舞台では成立しないだろう。
     京都ロケを駆使した映像は文字通り絵に描いたかのごとく美しく、恐らく外国人受けはいいはず。ただ、やはりストーリーは別に『古都』じゃなくてもよくない?としか思えないのだよね。

動画

松雪泰子、橋本愛、成海璃子ら共演!映画『古都』予告編
斎藤工&板谷由夏がイチオシの11月下旬~12月上旬の新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

写真ギャラリー

(C) 川端康成記念會/古都プロジェクト

ポスター/チラシ

  • 映画『古都』ポスター
    ポスター
  • 映画『古都』チラシ
    チラシ
  • 映画『古都』チラシ
    チラシ

スタッフ

原作: 川端康成
監督・脚本:
題字: 小林芙蓉
エンディング曲: 新山詩織

キャスト

佐田千重子/中田苗子:
佐田舞:
中田結衣:
千重子【回想】:
苗子【回想】:
水木真太郎:
水木:
中田正:
佐田竜助:
佐田太吉郎:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『古都』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年11月28日の週の公開作品
  3. 『古都』