シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

ハリウッドがひれ伏した銀行マン

公式サイト:http://www.hollywoodbk.com
ハリウッドがひれ伏した銀行マン
(C) Don Camp
英題:
HOLLYWOOD BANKER
製作年:
2014年
製作国:
オランダ
日本公開:
2016年7月16日
(ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)
上映時間:
配給:
アークエンタテインメント / 東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
製作会社:
CTM Docs
カラー/ビスタサイズ

チェック:『ターミネーター』『プラトーン』といった20世紀後半におけるハリウッドの新興映画会社の作品を、資金面で支えた伝説的銀行マンの軌跡を追うドキュメンタリー。作品の配給権と引き換えに得た対価を制作費の一部に活用するプリセールスというシステムを考えたオランダ人銀行家、フランズ・アフマン本人と関係者へのインタビューで構成する。監督は、フランズの娘であるローゼマイン・アフマン。ケヴィン・コスナーやオリヴァー・ストーンら著名な俳優や監督などのインタビューから、その功績をうかがい知ることができる。

ストーリー:1970年代半ばから1990年代に、ハリウッドの新興映画会社が製作した作品をサポートしたオランダ人銀行家のフランズ・アフマンは数多くの映画に携わり、第59回アカデミー賞では『プラトーン』をはじめ、関わった映画が作品賞などを受賞した。死期の近づいたフランズが自身の生涯を語ると共に、ケヴィン・コスナーやオリヴァー・ストーン、ミッキー・ロークらが彼との思い出を語る。

ハリウッドがひれ伏した銀行マン
(C) Don Camp

映画短評

  • 森 直人
    『キャノンフィルムズ爆走風雲録』の次はこれを!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    スターは“向こう側”の存在だが、業界の偉大なる裏方は“理想的な仕事人”として具体的な憧れの対象=ロールモデルになる。本作の80年代を中心に米の独立系映画を支えた銀行員フランズ・アフマンも、柔らかな実直さと冷静さがとても魅力的だ。『バーフライ』で関わったミッキー・ロークいわく「彼は品がいい。メナヘム・ゴーランなんてシャツの前に食べかすがついてる」(笑)。逆にアフマンの天敵となる投資家ジャンカルロ・パレッティの“邪悪な脇役”ぶりも強烈!

    娘が父を撮る『エンディングノート』式の情感は特に終盤で豊かに溢れ出す。締めにはポール・ヴァーホーヴェン(オランダ語でめっちゃ喋る)が意外にも粋な優しい一言を!

動画

数々の名作に携わってきた銀行マンを追う!映画『ハリウッドがひれ伏した銀行マン』予告編

写真ギャラリー

(C) Don Camp

ポスター/チラシ

  • 映画『ハリウッドがひれ伏した銀行マン』ポスター
    ポスター

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ハリウッドがひれ伏した銀行マン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年7月11日の週の公開作品
  3. 『ハリウッドがひれ伏した銀行マン』