シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ライト/オフ
(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
英題:
LIGHTS OUT
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年8月27日
(シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか)
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
製作会社:
ニュー・ライン・シネマ
カラー/シネマスコープ/デジタル

チェック:動画サイトで公開され驚異的な再生数を誇った映像を、『ソウ』『死霊館』シリーズなどのジェームズ・ワンが製作を務め映画化。オリジナルを手掛けた新鋭デヴィッド・F・サンドバーグ監督がメガホンを取り、電気を消すと現れる謎の存在に迫られる姉弟が体験する恐怖を描く。脚本は『遊星からの物体X ファーストコンタクト』などのエリック・ハイセラーが担当。主人公を『ウォーム・ボディーズ』などのテリーサ・パーマー、弟を『アナベル 死霊館の人形』などのガブリエル・ベイトマンが演じる。

ストーリー:電気を消して暗闇になると現れるという不気味な何かに恐怖を抱く弟マーティン(ガブリエル・ベイトマン)を守るため、レベッカ(テリーサ・パーマー)は久々に実家に帰ってくる。二人はたくさんのライトを用意して夜を迎えるが、次々に明かりが消え暗闇からえたいの知れない何かが迫ってくる。狙われる理由もわからぬまま不安な時を過ごす中、レベッカの一家に隠された秘密が明らかになり……。

ライト/オフ
(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

映画短評

  • くれい響
    ダイアナの悲劇
    ★★★★
    »読む«閉じる

    人気ホラー・キャラになりそうなダイアナさんが、Jホラーの影響アリすぎなのは置いといて、十分に破綻もありえる展開のなかでのブレないルール! しかも、冒頭のマネキンからしっかり怖い! 自身の短編を長編にしたデヴィッド・F・サンドバーグ監督のツボを突いた演出には驚きだが、エリック・ハイセラー脚本という点に妙に納得。大味なパニック映画に見せかけて、気が気でない展開と親子のドラマを描いた『ハリケーンアワー』同様、今回も一発ネタのホラーに見せかけて、気が気でない展開と『エルム街』のナンシー入ったヒロインといわくつき母さん(激似のテリーサ・パーマーとマリア・ベロ)のドラマが、思わぬ拾いモノ感を増しマス。

  • 相馬 学
    闇と光、光と闇、その変化こそがキモっ、肝っ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     『ハロウィン』等を見てもわかるとおり、消灯シーンはホラー映画における怖がらせの常套手段として機能してきた。しかし、この手法に徹した映画は珍しい。

     点灯時には見えなかった何かが、消灯時に影となって見える恐ろしさ。点灯~消灯の流れを絵的にしっかりおさえているから、その“瞬間”にゾクゾクさせられる。こういうトリック頼りの作品は途中で飽きることもままあるが、引き締めて描いた新鋭監督の工夫はお見事。センスの良さがうかがえる。

     ドラマが描けている点も好感度大。コミュ障的ヒロインが、“責任のある大人になる”という闘争宣言にグッと来た。深い闇から光を目指す、毅然とした映画でもある。

  • なかざわひでゆき
    暗闇が苦手な人にとっては悪夢のような81分!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     現代最高のホラー・マスターであるジェイムズ・ワンだが、同時に新たな才能を見極める目もまた一流であることを証明するプロデュース作。
     部屋の電気を消した瞬間に人影が見える。ドキッとして明かりをつけると誰もいない。見間違えかと思って消すたびに、人影がどんどん近づいてくる。暗所恐怖症の人とっては悪夢のような絶叫シーンの連続で、余計に明かりなしでは眠れなくなること必至だ。
     しかも単なるこけ脅しではなく、外からは伺い知れない問題を抱えた家族の再生ドラマとしてしっかり成立させている点が秀逸。これが長編処女作のサンドバーグ監督は、呪いの人形アナベルの続編も手がけるとのことで、そちらも大いに期待したい。

  • 平沢 薫
    この恐怖は日常の"ふとした感じ"から膨れ上がる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     例えば電灯を消した瞬間、そこに生まれた暗がりの中に何かが見えたような気がして、また電灯をつけると、そこには何もない。例えばスマホの画像を眺めていて、ふと画面に何かが映り込んだような気がして振り向くと、そこには誰もいない。でも、それがもし気のせいではなかったらーーそんな日常的な感覚から始まる恐怖を描くショートフィルムの数々をウェブで公開しているデヴィッド・F・サンドバーグ監督が、ジェイムズ・ワン製作で長編映画に進出。長編でも短編同様、日常のふとした感覚から生まれる、生理的な感覚に訴える恐怖を味あわせてくれる。この監督は現在「アナベル 死霊館の人形」の続編を撮影中で、そちらも楽しみ。

動画

電気を消したら現れる!映画『ライト/オフ』予告編
今週のHOT MOVIES 2016.8.26-27

写真ギャラリー

(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

ポスター/チラシ

  • 映画『ライト/オフ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ライト/オフ』チラシ
    チラシ
  • 映画『ライト/オフ』チラシ
    チラシ

スタッフ

製作・脚本: エリック・ハイセラー

キャスト

ポール:
ソフィー:
エスター:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ライト/オフ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ライト オフ from 映画三昧、活字中毒 (2016年9月10日 23時45分)
    ■ ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞ライト オフ/LIGHTS OUT 2016年/アメリカ/81分 監督: デヴィッド・F・サンドバーグ 出演: テリーサ・パーマー/ガブリエル・ベイトマン/ビリー・バーク/マリア・ベロ 公式サイト 公開: 2016年08年27日 家を出て1人暮らしをしているレベッカは、ある日、父親違いの弟マーティンのことで児童福祉局から呼び出される。マーティン... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「ライト/オフ・・・・・評価額1550円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2016年9月5日 21時56分)
    闇の中に、何かがいる。 現代のホラーマイスター、ジェームズ・ワンがプロデュースした低予算ホラーの佳作。 オリジナルは、スウェーデン出身のデヴィッド・F・サンドバーグ監督が、2013年に発表した2分42秒の同名ショートフィルム。 近年ではすっかり定着した、ネット発表の自主制作短編→長編映画化の流れだが、当然ながら全てが成功する訳もなく、中にはショート版の面白さを全くスポイルしてしまっ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ライト/オフ/LIGHTS OUT from 我想一個人映画美的女人blog (2016年9月1日 23時43分)
    デヴィッド・F・サンドバーグ監督が2013年に動画サイトで発表し驚異的な再生数を誇った映像を、 「ソウ」「死霊館」「インシディアス」シリーズのジェームズ・ワン”製作”で映画化 脚本は「遊星からの物体X ファーストコンタクト」などのエリック・ハイセラー。 主演は「明日、君がいない」「ウォーム・ボディーズ」の、テリーサ・パーマー。 相変わ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ライト/オフ』の感想 ライトが消えたら現れる新感覚ホラー映画 from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年8月29日 21時0分)
    電気を消したら「それ」は来る。今回ご紹介する映画:『ライト/オフ』(LIGHTS OUT)オススメ度:★★★★☆(四つ星!)予告編動画 『ライト/オフ』のあらすじうつ病を患っている母 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年8月22日の週の公開作品
  3. 『ライト/オフ』