シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ダーティー・コップ
(C) 2015 Vault Film, LLC
英題:
THE TRUST
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年8月20日
(角川シネマ新宿ほか)
上映時間:
配給:
KADOKAWA
製作会社:
Highland Film Group
カラー

チェック:『リービング・ラスベガス』などのニコラス・ケイジ、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどのイライジャ・ウッドが共演したサスペンスアクション。さえない中年警官がマフィアの金庫襲撃を企てたのを機に、次第に狂気に支配されていく姿を追う。監督は、短編などを手掛けてきたベンジャミン、アレックス・ブリューワー兄弟。『グリーン・インフェルノ』などのスカイ・フェレイラ、大ベテランのジェリー・ルイスらが脇を固める。緊迫感に満ちた筋運びに加え、主演二人が織り成す展開にも注目。

ストーリー:ラスベガス。押収物の横流しで小金を稼いでいる警官のストーン(ニコラス・ケイジ)とウォーターズ(イライジャ・ウッド)は、ドラッグ所持で逮捕された売人が多額の保釈金を払って即時釈放されていることに気付く。その出どころを探るうちに、彼らは保釈金などに使われている多額の金が収められた金庫のある場所を突き止める。ドイツ製の工具を用意し、誰も殺さず、誰にも知られることなく、金庫を破って大金を強奪しようとする二人。だが、計画を進めるに従ってストーンの言動が狂気じみていき……。

ダーティー・コップ
(C) 2015 Vault Film, LLC

映画短評

  • くれい響
    ベガスで一番悪い奴ら
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    どんなジャンルの作品であれ、なぜか相性がいいニコ・ケイとラスベガス。カジノがまったく登場しない本作もご多分に漏れず、飄々としながら狂気へと走っていく汚職警官を怪演してくれる。マフィアの金庫破りという展開もあり、70年代のドン・シーゲル監督作のようなB級クライムアクションの匂いを漂わせるなか、長編初監督となるアレックス・ブリューワー兄弟による映像&音楽センスは光るものがあり、ジョン・ワッツのように“気付いたら超大作に抜擢”という可能性も大。決して派手さはないが、ラストも含め、ボディブローのようにジワジワ効いてくる。ただ、ちょっと期待していたジェリー・ルイスの出番、あまりに短すぎねぇか?

動画

ニコラス・ケイジ×イライジャ・ウッド!映画『ダーティー・コップ』予告編

写真ギャラリー

(C) 2015 Vault Film, LLC

ポスター/チラシ

  • 映画『ダーティー・コップ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ダーティー・コップ』チラシ
    チラシ
  • 映画『ダーティー・コップ』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ストーン:
ウォーターズ:
事件の鍵を握る女:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ダーティー・コップ』の映画ニュース

  • 和製ニコラス・ケイジの異名を持つタレントのモト冬樹が14日、新宿シネマカリテで行われた映画『ダーティー・コップ』公開記念イベントに来場、この日の朝に国民的アイドル...幕もあった。(取材・文:壬生智裕) 映画『ダーティー・コップ』は8月20日より角川シネマ新宿にて公開...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ダーティー・コップ」 from ここなつ映画レビュー (2016年8月3日 13時4分)
    真夏の夜はニコラス・ケイジで決まり。だいぶ前に「ドライブ・アングリー」を観た時から固く心に決めていた。しかし、真夏の夜にタイミング良くニコラス・ケイジの新作を観る機会をなかなか持てず、そうこうする内に本作に至った次第である。「俺たちのニコラス・ケイジ」とまで宣伝文句で言われて、観に行かない選択はあり得ない。うだつの上がらない市警の警官2人(ニコラス・ケイジ&イライジャ・ウッド)が、多額の保釈金を積まれて娑婆に出たある男の金の出どころを怪しみ、その大元のお宝の強奪に挑むお話し。大作ではないし、B級の香りさえ醸 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年8月15日の週の公開作品
  3. 『ダーティー・コップ』