シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
Start Line
(C) Studio AYA
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年9月3日
(新宿K's cinemaほか)
上映時間:
配給協力:
リガード
制作・配給:
Studio AYA
BD

チェック:耳の不自由な映画監督の今村彩子が、自身が不得意なコミュニケーションをテーマにして、自転車による日本縦断を記録したセルフドキュメンタリー。沖縄県を出発し57日間をかけて、およそ300人もの人々と出会いながら、ゴールの北海道を目指す姿を撮影する。撮影を担当した伴走者との激しいやりとりや、聴力に難がありながらもつたない日本語で自転車での日本縦断をするオーストラリア人との交流など、懸命にコミュニケーションを取る今村監督の姿が印象的。

ストーリー:映画監督の今村彩子は生まれつき耳が聞こえず、コミュニケーションを苦手と感じていた。そんな今村が自転車で日本縦断の旅をしようと一念発起し、コミュニケーションをテーマに映画を撮ることを決める。2015年夏、沖縄を出発した今村は旅先での会話に戸惑ったり、伴走者と口論になったりしながらも北海道に到着。そこで、耳が不自由ながらも自転車で日本縦断の旅をするオーストラリア人の男性と出会う。

Start Line
(C) Studio AYA

映画短評

  • 中山 治美
    脱・感動ポルノ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    監督は耳が不自由だ。
    そんな自分たちが健聴者とコミュニケーションを取ることがいかに難しいか。
    それを伝える為に本作に挑んだという。
    だが、監督と伴走者の晢さんとの日本縦断自転車旅は、観客に性別とか障害を忘れさせる程のパンチ力を放つ。
    過酷過ぎる旅は人間の本性を露わにさせ、本音と本音が飛び交うガチンコ・バトルが勃発。
    その珍道中は、平野勝之監督『由美香』(1997)を彷彿とさせる”笑撃”に満ちている。
    そして監督は、コミュニケーションのしづらさは自分の中にもある偏見も要因であることに気づくいていく。
    優れた旅映画は、出演者と観客の両方を成長させてくれるのだ。

動画

耳が不自由な映画監督が日本列島を自転車で縦断する!映画『Start Line』特報

写真ギャラリー

(C) Studio AYA

ポスター/チラシ

  • 映画『Start Line』ポスター
    ポスター
  • 映画『Start Line』チラシ
    チラシ
  • 映画『Start Line』チラシ
    チラシ

スタッフ

撮影: 堀田哲生
編集補助: 小池英恵
音響効果: 斉藤元
整音: 澤田弘基
MAマネジメント: 関純一
監修: 山田進一
グラフィックデザイン: 鳥居正幸 / 小笠原円
コピーライター: 中島理恵子
撮影・編集・監督:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年8月29日の週の公開作品
  3. 『Start Line』