シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
われらが背きし者
(C) STUDIOCANAL S.A. 2015
英題:
OUR KIND OF TRAITOR
製作年:
2016年
製作国:
イギリス/フランス
日本公開:
2016年10月21日
上映時間:
配給・提供:
ファントム・フィルム
提供:
ハピネット
製作会社:
インク・ファクトリー
カラー

チェック:『ナイロビの蜂』『裏切りのサーカス』などの原作で知られる作家ジョン・ル・カレの小説を実写化したサスペンス。ひょんなことからロシアンマフィアと知り合ったばかりに、すさまじい諜報(ちょうほう)戦に巻き込まれる大学教授の姿を活写する。監督は『ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ』などのスザンナ・ホワイト。『ゴーストライター』などのユアン・マクレガー、『ニンフォマニアック』シリーズなどのステラン・スカルスガルドらが結集。裏切りと復讐(ふくしゅう)が渦巻く緊迫した展開に引き込まれる。

ストーリー:イギリス人の大学教授ペリー(ユアン・マクレガー)とその妻ゲイル(ナオミ・ハリス)は、バカンスを楽しんでいたモロッコでロシアンマフィアのディマ(ステラン・スカルスガルド)と知り合う。やがて彼から、マフィア組織の資金洗浄をめぐる情報が入ったUSBメモリーをMI6に渡してほしいと頼まれる。ディマと彼の家族に危険が迫っているのを知って、ちゅうちょしながらも引き受けてしまう二人。だが、それを機にロシア、モロッコ、イギリス、フランスなどを股に掛けた戦いに身を投じることになり……。

われらが背きし者
(C) STUDIOCANAL S.A. 2015

映画短評

  • なかざわひでゆき
    ロシアン・マフィアはどこまでも追いかけてくる
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ごく平凡な大学教授夫婦が、休暇の旅先でロシアン・マフィアの内部告発者と親しくなり、彼とその家族のイギリス亡命を手引きするためMI6に協力せねばならなくなる。
     なにしろ原作はジョン・ル・カレだし、地味で激シブなスパイ映画かと思ったら、意外にもなかなかスリリングでサスペンスフル。お人好しの主人公が強引なロシア人のペースに巻き込まれていく危うさはヒヤヒヤものだし、相手が本気で助けを求めているのか、それとも何か裏があるのか分からない点も絶妙な緊張感を引っ張る。
     そして、命の重さと情報の価値を天秤にかける冷淡なMI6。自国民じゃないから仕方ないとはいえ、組織や権力の非情な論理を思い知らされる。

  • 山縣みどり
    心優しき一般人がロシア人マフィアの亡命をサポート!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    マラケッシュで休暇中の夫妻が旅先で知り合ったロシア人マフィアの家族に同情し、亡命劇を牽引する設定はやや強引かも。ただし夫役ユアン・マクレガーがいい人オーラ全開なので「これはアリ!」となるし、亡命を求める背景も現実感たっぷり。冒頭のショッキングな展開で今のロシアの闇を見せる演出もとても効果的だ。ただし最後に彼らを待ち受けるトラブルが韓流ドラマというか『ロミオトジュリエット』というか、サスペンスに不似合いな展開で一瞬びっくり。MI6諜報員が事情を複雑にするあたりがジョン・ル・カレらしさだし、演じるダミアン・ルイスは常に損得勘定しているようなダメな感じが漂っていて素晴らしい。

動画

ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルドら出演!映画『われらが背きし者』予告編

写真ギャラリー

(C) STUDIOCANAL S.A. 2015

ポスター/チラシ

  • 映画『われらが背きし者』ポスター
    ポスター
  • 映画『われらが背きし者』チラシ
    チラシ
  • 映画『われらが背きし者』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『われらが背きし者』極秘情報をメモせよ!オリジナル付  箋セット
    極秘情報をメモせよ!オリジナル付 箋セット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

へクター:
ゲイル:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『われらが背きし者』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • われらが背きし者~ル・カレの本質はドタバタ from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年10月25日 17時28分)
    公式サイト。イギリス=フランス英題:Our Kind of Traitor。ジョン・ル・カレ原作、スザンナ・ホワイト監督。ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド、ナオミ・ハリス、ダミアン ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「われらが背きし者」 from ここなつ映画レビュー (2016年10月25日 12時47分)
    「裏切りのサーカス」の原作者ジョン・ル・カルの作品をスザンナ・ホワイト監督が映画化。MI6絡みも含めて「裏切りのサーカス」にテイストが似ていなくもないが、かの作品より人間味がある作品になっている。高級シャトー・ブルゴーニュワインに始まり、庶民のシングルモルトでエンドロールを迎える。大人の夜に相応しい作品。大学で詩を教えているペリー(ユアン・マグレガー)と弁護士のヴィル(ナオミ・ハリス)は、結婚10年目にしてペリーの教え子との浮気が原因でどこかちぐはぐな関係になってしまっている。関係を立て直すことも含めてモロ ...[外部サイトの続きを読む]
  • われらが背きし者 / Our Kind of Traitor from 勝手に映画評 (2016年10月23日 17時30分)
    ネタバレあり。 ジョン・ル・カレの小説『われらが背きし者』の映画化。 原作が2010年の出版なので、最近の世界情勢をある程度反映しています。ジョン・ル・カレと言えば、『寒い国から帰ってきたスパイ』や『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』などが有名です... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年10月17日の週の公開作品
  3. 『われらが背きし者』