シネマトゥデイ
シネマトゥデイ

見どころ:『アラジン』『ヘラクレス』などのロン・クレメンツとジョン・マスカー監督が再びタッグを組み、南太平洋に伝わる不思議な伝説を基に描くアニメーション。幼少時のある出来事をきっかけに海と強い絆で結ばれた、16歳のヒロインの大冒険を描写する。新人のアウリイ・クラヴァーリョがヒロインに抜てきされた。南太平洋を舞台につづられる少女のアドベンチャーと、その歌声に魅せられる。

あらすじ:誰よりも海を愛する少女モアナは島の外へ行くことを禁止されていたが、幼少時に海とある出会いを果たしたことで運命が決定する。モアナは愛する者たちの救済のため、命をつかさどる女神テ・フィティの盗まれた心を見つけ出して再び平和な世界を取り戻そうとする。未知の大海原へと向かったモアナは伝説の英雄マウイと出会い、冒険を共にする。

モアナと伝説の海
(C) 2017 Disney. All Rights Reserved.

映画短評

  • くれい響
    海上がデスロードと化す!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ポスト「レリゴー」な主題歌に惑わされてはいけない。『リトル・マーメイド』でディズニー・プリンセスの存在を復活させた監督コンビが、その流れを自らブチ壊す意欲作だ。「未来少年コナン」な導入から活劇が始まる匂いがプンプンし、海上の“デスロード”と化す。モアナはマウイが放つ“プリンセス”の言葉を一蹴したうえ、2人のロマンス要素は皆無。そのため、関係性はフュリオサとマックスに、暴走止まらぬ武装海賊カカモラはウォーボーイズに見えてくる。劇伴まで意識したのはやりすぎかもしれないが、これも時代の流れ。王道のプリンセスものは実写リメイクに任せ、アニメスタジオは攻めまくる。そんなディズニーの英断がスゴい。

  • なかざわひでゆき
    ありのままの先を行く新たなディズニー・ヒロイン
    ★★★★
    »読む«閉じる

     南洋ポリネシアの神話伝承を背景に、海をこよなく愛する少女モアナの大冒険が描かれる。村長の後継者として親から期待される役割を受け入れながらも、自らの心の声に従って運命を切り拓いていくモアナは、まさに近年のディズニー・プリンセスの王道だが、しかし本作では民を率いるリーダーとしての資質も問われ、より進化した英雄的なヒロイン像が打ち立てられるのだ。
     南国の豊かな緑と青い海を描き出したCGアニメーションの美しさも特筆もの。中でも、様々な表情を見せる海の水の表現力は『ファインディング・ドリー』も顔負けだ。また、日本語吹替版のクオリティの高さもさすがディズニー。モアナ役・屋比久知奈の歌唱力には脱帽です。

  • 清水 節
    アクションはマッドマックスばり! 屋比久知奈の吹替版も必聴
    ★★★★
    »読む«閉じる

     予定調和的に幸福をつかむ物語を過去のものとし、同時代のヒロイン像を追求し続けてきたディズニーアニメが、ここまで到達したかという感慨が深い。オセアニア文化をベースに描かれるのは、恋愛の苦悩ではなく、本能に従って大海原へと向かう少女の旅立ち。トロピカルなイメージを抱いていれば、マッドマックスばりのアクションシーンに度肝を抜かれる。進化したCGIによる、豊かな海の表情に眼を瞠る。テーマは、甦るプリミティブな身体性。ブロードウェイの売れっ子の作詞作曲による主題歌が耳に残る。オリジナル版の歌唱に負けず劣らず、日本語吹替版で大抜擢された新人・屋比久知奈の伸びやかで力強い歌声が、世界観を鮮やかに体現する。

  • 平沢 薫
    海洋民族の物語だから"海"がキュート!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     海が、文字通り登場人物のひとりになっている。これは、いつものディズニーアニメお得意の擬人化キャラとは、ちょっと意味合いが違う。海が、ヒロインやその祖母と心を通わせるのは、この物語がポリネシアの海洋民族の文化に基づき、海を人間と交流する存在としてとらえているからだ。目鼻もなく言葉も持たない海が、さまざまな表情を見せる。その色、透明度も変化する。

     海と生きる世界で、ヒロインは海をどこまでも進んでいきたいという衝動につき動かされる。おとぎ話の主人公は"行って帰る"のがお約束だが、このヒロインはちょっと違う。そんな彼女が自分の気持ちをまっすぐに歌う「How Far I'll Go」が心地よい。

予告編・動画

映画『モアナと伝説の海』日本版予告編
ディズニーヒロインが歌う!『モアナと伝説の海』
斎藤工&板谷由夏が『モアナと伝説の海』など3月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!
映画『モアナと伝説の海』マウイ役尾上松也が歌う「俺のおかげさ」フルバージョン

» 『モアナと伝説の海』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005

(C) 2017 Disney. All Rights Reserved.

ポスター/チラシ

  • 映画『モアナと伝説の海』ポスター
    ポスター
  • 映画『モアナと伝説の海』ポスター
    ポスター

スタッフ

製作総指揮: ジョン・ラセター
オリジナルソング・オリジナルスコア: マーク・マンシーナ
アニメーションスーパーバイザー: エリック・ゴールドバーグ
ダンス・振付コンサルタント: ティアナ・リウファウ
日本語版エンドソング: 加藤ミリヤ

キャスト

(声の出演)
タラおばあちゃん:
モアナ:
マウイ:
タラおばあちゃん:
タマトア:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『モアナと伝説の海』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • モアナと伝説の海・・・・・評価額1700円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2017年3月15日 23時37分)
    なぜ海は、彼女を選んだのか? ディズニーの第二黄金時代を代表する「リトル・マーメイド」「アラジン」から「プリンセスと魔法のキス」に至る、手描きアニメーション時代の多くの名作を手がけたレジェンド、ロン・クレメンツとジョン・マスカー監督の最新作。 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオによる56作目の長編映画である。 前作の「アナと雪の女王」の雪と氷の世界とは対照的に、本作の舞... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『モアナと伝説の海』評価と感想/ディズニー版西遊記みたいな感じも from eigamanzaiの映画レビュー (2017年3月15日 13時21分)
    映像は綺麗、歌もいい、ストーリーは普通 ☆4点 (あらすじとかはシネマトゥデイさんでどうぞ) 評判よさそうだったので観てきました。 タイトル通り、映像は綺麗で特に水のCGはアビスやターミネーター2から進歩したなぁと思いました。海底のカニのシーンでの蛍光色もよかったです。 歌もよかったかな、アナ雪みたいな感じです。 ストーリーは普通です。アナ雪よりやや落ちるか? 最近のディズニーはメッセージ性も盛り込んできてるので、その最たるものは『ズートピア』ですが、アカデミーの長編アニメ賞もそちらに軍配が上がりま&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「モアナと伝説の海」あるいは、ディズニー・プリンセスの変遷 from エンターテイメント日誌 (2017年3月14日 16時32分)
    評価:A 一旦ディズニーを解雇され、ピクサーの長編アニメ第一作「トイ・ストーリ ...[外部サイトの続きを読む]
  • モアナと伝説の海/すべては、仲間のために。 from 映画感想 * FRAGILE (2017年3月11日 11時7分)
    モアナと伝説の海Moana/監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ/2016年/アメリカ マッドマックス 怒りのアクア・ロード! TOHOシネマズ日劇 スクリーン1 J-17で鑑賞。 あらすじ:島に心を返したい。 キャスト(声の出演)アウリー・クラバーリョドウェイン・ジョンソンレイチェル・ハウステムエラ・モリソンニコール・シャージンガー ※ネタバレしています。特に注意書きはしていません。 おすすめ ポイント完全に『マッドマックス 怒りのデス・ロード』オマージュのシーンがあっ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年3月6日の週の公開作品
  3. 『モアナと伝説の海』