シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

五日物語−3つの王国と3人の女

公式サイト:http://itsuka-monogatari.jp
五日物語−3つの王国と3人の女
(C) 2015 ARCHIMEDE S.R.L. - LE PACTE SAS
英題:
TALE OF TALES
製作年:
2015年
製作国:
イタリア/フランス
日本公開:
2016年11月25日
(TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか)
上映時間:
配給:
東北新社 / STAR CHANNEL MOVIES
製作会社:
アルキメデ
シネマスコープ/カラー/5.1ch

チェック:『リアリティー』などのイタリアの鬼才マッテオ・ガローネが監督を務め、17世紀初めに誕生したおとぎ話「ペンタメローネ 五日物語」を基に描くダークファンタジー。三つの王国で暮らす世代の違う3人の悩める女性たちを軸に、現代にも通じる女性のさがを浮き彫りにする。『フリーダ』などのサルマ・ハエックや『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男』シリーズなどのヴァンサン・カッセルらが共演。厳粛かつ不気味な映像と毒を含んだ物語に心奪われる。

ストーリー:子を熱望するロングトレリス国女王(サルマ・ハエック)は魔法使いの言葉に従い、国王の命と引き換えに海獣の心臓を手に入れて食し男児を出産する。人里離れた場所で暮らす年老いた姉妹の姉は、色好みのストロングクリフ国国王に美声を気に入られ、ある方法で若さと美貌を取り戻す。一方、城で暮らすハイヒルズ国王女は未知の世界を夢見ていたが……。

五日物語−3つの王国と3人の女
(C) 2015 ARCHIMEDE S.R.L. - LE PACTE SAS

映画短評

  • なかざわひでゆき
    ハリウッド的ファンタジーとは一線を画す艶かしい映像美
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     あらゆるお伽話の原点とも言われるイタリアの民話集『五日物語』の中から、理想の結婚、出産と子育て、永遠の若さと美貌という、今も昔も変わらぬ女性の願望を題材にした3つの物語が描かれる。
     CGまみれのハリウッド的なファンタジーとは明らかに一線を画す、シュールで幻想的で生々しくも艶かしいゴージャスな映像美は圧巻!なんたって、そこらじゅうに本物の城がある国だからね。マリオ・バーヴァに影響されたというダークで厳かな世界観とトリッキーなカメラワークも実に見事。
     「本当は怖いグリム童話」を地で行くような、残酷で凄惨なストーリーも皮肉が効いており、哀しくも恐ろしい女の性(さが)がジワジワと浮かび上がる。

動画

おとぎ話「ペンタメローネ 五日物語」を基にしたダークファンタジー!映画『五日物語−3つの王国と3人の女』予告編

写真ギャラリー

(C) 2015 ARCHIMEDE S.R.L. - LE PACTE SAS

ポスター/チラシ

  • 映画『五日物語−3つの王国と3人の女』ポスター
    ポスター
  • 映画『五日物語−3つの王国と3人の女』チラシ
    チラシ
  • 映画『五日物語−3つの王国と3人の女』チラシ
    チラシ
  • 映画『五日物語−3つの王国と3人の女』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本・製作:
プロダクションデザイン: ディミトリ・カプアーニ

キャスト

ロングトレリス国の女王:
ストロングクリフ国の王:
ハイヒルズ国の王:
ロングトレリス国の王:
老婆の妹インマ:
老婆の姉ドーラ:
ハイヒルズ国の王女ヴァイオレット:
若返ったドーラ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ショートレビュー「五日物語 ー3つの王国と3人の女ー・・・・・評価額1650円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2016年12月2日 23時40分)
    美しく残酷な、御伽話の真の姿。 夢のある異世界ファンタジーっぽいキービジュアルだが、騙されてはいけない。 これは「ゴモラ」「リアリティー」で知られる、異才マッテオ・ガローネ監督による大怪作であり、御伽話に浸るのではなく、御伽話の夢から覚める物語なのである。 ストーリーの元になっているのは、17世紀のイタリアで書かれた民話集、「ペンタメローネ(五日物語)」だ。 この民話集は、50... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 五日物語 3つの王国と3人の女 (2015) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年11月28日 3時43分)
    17世紀初めにナポリで出版されたバジーレ著「ペンタメローネ(五日物語)」には50話の物語が収録されている。そのなかには後に出版されるペローやグリムのシンデレラ、眠れる森の美女、ラプンツェル、スノーホワイト、ロバと王女、他に似た物語もある。 映画は三つの話が互い違いに進行するが同じ場面に三つの話の出演者が顔を出すところもある。 音声/タイトル/クレジットは英語だった。映画の中では国... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:五日物語 3つの王国と3人の女 Tale of Tales  マニアックな歴史的名所で展開される ダークで気色悪い昔話オムニバス。 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2016年11月19日 22時47分)
    タイトルに「3つ」「3人」とつくだけあって、オムニバス3話。 だいたいオムニバスな映画って、そんなに面白くはならない(笑) よほどそれぞれのエピソードにパンチがあるか、最後に一気に統合し驚かせる展開があるか。 だがそれは置いておいて、今作には次の2点で観るべき価値があるかも。 まず冒頭のエピソードで登場は、セルマ・ハエックそしてジョン・C・ライリー。 そしてヴァンサン・カッセル、となかなかの豪華布陣。 次にそれぞれの物語のロケ場所は、イタリアの歴史上価値があ. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年11月21日の週の公開作品
  3. 『五日物語−3つの王国と3人の女』