シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ヒッチコック/トリュフォー
Photos by Philippe Halsman / Magnum Photos (C) COHEN MEDIA GROUP / ARTLINE FILMS / ARTE FRANCE 2015 ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
HITCHCOCK / TRUFFAUT
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ/フランス
日本公開:
2016年12月10日
(新宿シネマカリテほか)
上映時間:
提供・配給:
ロングライド
提供:
ギャガ
製作会社:
Artline Films / Cohen Media Group
ビスタサイズ/カラー/5.1ch

チェック:巨匠アルフレッド・ヒッチコックについてのドキュメンタリー。ヌーベルバーグの名匠フランソワ・トリュフォーが聞き手となって行われ、書籍「定本 映画術」としてまとめられたヒッチコックへのインタビューの音声をベースに、その非凡な撮影法や演出法を検証していく。監督は『ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して』などで脚本家としても活躍するケント・ジョーンズ。マーティン・スコセッシ、デヴィッド・フィンチャー、黒沢清ら、彼を尊敬する鬼才たちの登場も見どころ。

ストーリー:『大人は判ってくれない』『突然炎のごとく』などを放ってヌーベルバーグの旗手として活躍していたフランソワ・トリュフォーは、1962年、尊敬しているアルフレッド・ヒッチコックへのインタビューを敢行する。ヒッチコックが生み出してきた、さまざまなテクニックについて語った貴重なテープや、マーティン・スコセッシ、リチャード・リンクレイター、黒沢清、ウェス・アンダーソンをはじめとする映画作家たちへのインタビューを交えながら、その先鋭性や影響に迫る。

ヒッチコック/トリュフォー
Photos by Philippe Halsman / Magnum Photos (C) COHEN MEDIA GROUP / ARTLINE FILMS / ARTE FRANCE 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • 平沢 薫
    フィンチャーら人気監督たちはヒッチコックの何を語るか
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     とにかく登場する監督たちの顔ぶれが凄い。「ゴーン・ガール」のデヴィッド・フィンチャー、「グランド・ブダペスト・ホテル」のウェス・アンダーソン、「6才のボクが、大人になるまで。」のリチャード・リンクレイターなど、まったく作家性の異なる現役監督たちが、ヒッチコックのどの部分をどのように語るのか。それに興味があるなら見る価値がある。発言と一緒に、該当映画の該当シーンが映し出されるのも分りやすい。フィンチャー監督がヒッチコックのある部分についての推測を語ると、それに続けて、その推測に関連した内容を語るヒッチコックの肉声を聞かせるといった編集も技アリ。ヒッチコックの肉声がリアルに迫ってくる。

動画

映画『ヒッチコック/トリュフォー』予告編
ヒッチコックの肉声『ヒッチコック/トリュフォー』特別映像
斎藤工&板谷由夏がイチオシの12月中旬の新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

写真ギャラリー

Photos by Philippe Halsman / Magnum Photos (C) COHEN MEDIA GROUP / ARTLINE FILMS / ARTE FRANCE 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

ポスター/チラシ

  • 映画『ヒッチコック/トリュフォー』ポスター
    ポスター
  • 映画『ヒッチコック/トリュフォー』チラシ
    チラシ
  • 映画『ヒッチコック/トリュフォー』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ヒッチコック/トリュフォー』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ヒッチコック/トリュフォー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年12月5日の週の公開作品
  3. 『ヒッチコック/トリュフォー』