シネマトゥデイ
シネマトゥデイ
天使のいる図書館
(C) 2017「天使のいる図書館」製作委員会
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2017年2月18日
(シネマート新宿ほか)
上映時間:
配給:
ユナイテッドエンタテインメント
製作:
映画「天使のいる図書館」委員会
カラー

見どころ:『魔女の宅急便』などの小芝風花を主演に迎え、奈良県葛城に実在する図書館を舞台に描くハートフルな人間ドラマ。赴任したばかりの新人司書が、地域住民との交流を通して風土や土地の歴史を体得しながら人間として一回り大きくなっていく姿を映す。『桜ノ雨』などのウエダアツシ監督がメガホンを取り、脚本を『百瀬、こっちを向いて。』などの狗飼恭子が担当。悠久の歴史を刻む里の春夏秋冬の風景に見とれる。

あらすじ:新卒のさくら(小芝風花)は、奈良県葛城にある図書館の司書として働き始めるが、毎日が緊張の連続だった。ある日、彼女は図書館にやって来た利用者と一緒に探し物をすることになり、自分が勤める地区の隅々まで足を延ばすようになる。やがてさくらはたくさんの地域の人々と知り合い、これまで知らなかった地元の魅力に気付いていく。

天使のいる図書館
(C) 2017「天使のいる図書館」製作委員会

映画短評

  • くれい響
    ガチでアニメキャラな小芝風花がスゴい!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    いきなり、ヘルメット&メガネ姿で登場する小芝風花。得意分野に関してはロボットのようにとめどなく喋り続け、実家の手伝いで巫女姿を披露し、弁当箱にうどんを詰めるこだわりを持つなど、そのコミュ障かつオタク気質は、アニメのドジっ子キャラまんま。代表作『魔女の宅急便』と比にならないほど、スクリーンの中での彼女の輝き方はハンパない。それだけでも、ウエダアツシ監督の抜擢は正解だろう。前作『桜ノ雨』に続いて美しい桜のカットや、『ベルリン・天使の詩』~『シティ・オブ・エンジェル』のオマージュなどもあるほか、一見ミスマッチな狗飼恭子の脚本との相性の良さなどから、奈良県葛城地域のご当地映画としての枠は超えている。

予告編・動画

『魔女の宅急便』などの小芝風花主演!映画『天使のいる図書館』予告編

» 『天使のいる図書館』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006

(C) 2017「天使のいる図書館」製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『天使のいる図書館』ポスター
    ポスター
  • 映画『天使のいる図書館』チラシ
    チラシ
  • 映画『天使のいる図書館』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『天使のいる図書館』杉しおり
    杉しおり

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

脚本: 狗飼恭子
原案・エグゼクティブプロデューサー: 山国秀幸
プロデューサー: 吉見秀樹 / 彦惣康宏 / 長田安正
アソシエイトプロデューサー: 宮崎大
協力プロデューサー: 柳瀬太郎 / 中亮介
撮影: 松井宏樹
照明: 佐藤宗史
録音: 弥栄裕樹
装飾: 中谷暢宏
スタイリスト: 篠塚奈美 / 中田麻未
ヘアメイク: 堀口有紀
音楽: 佐藤和生
キャスティング: 福田真弓
助監督: 土岐洋介
制作担当: 見寄修蔵
ラインプロデューサー: 梅本竜矢

キャスト

吉井さくら:
幸介:
吉井いつき:
吉井真紀子:
上嶋弘美:
森本舞子:
東川亜美:
吉井満彦:
田中草一郎:
芦高礼子:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年2月13日の週の公開作品
  3. 『天使のいる図書館』