シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~

公式サイト:http://www.bitters.co.jp/umi/
海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~
(C) 21Unoproductions_Stemalentertainement_LesFilmsdIci_ArteFranceCinema
英題:
FIRE AT SEA
製作年:
2016年
製作国:
イタリア/フランス
日本公開:
2017年2月11日
(Bunkamuraル・シネマほか)
上映時間:
配給:
ビターズ・エンド
カラー

チェック:『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』などのジャンフランコ・ロージ監督が、アフリカや中東から命懸けで欧州を目指す移民や難民たちにカメラを向けたドキュメンタリー。イタリアの南に位置するランペドゥーサ島を舞台に、島民の日常と共に過酷な旅を経て島にたどり着いた人々の姿を映す。憔悴しきった移民や難民の人々の過酷な現実に言葉を失う。

ストーリー:イタリアのランペドゥーサ島で暮らすサムエレ少年は、友人と遊んだり、祖母やおじさんと過ごしたりして平和な日々を送っている。だが、彼が暮らす地中海に浮かぶ島には、ここ数十年の間アフリカや中東からの移民や難民たちが押し寄せていた。彼らはみな平穏で自由な暮らしを望むごく普通の人々で……。

海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~
(C) 21Unoproductions_Stemalentertainement_LesFilmsdIci_ArteFranceCinema

映画短評

  • 森 直人
    「壁」で世界は解決しない。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    地中海に浮かぶ小さな島へ、過酷な旅を経てやってくるアフリカ・中東からの難民。一方、淡々と日々の日常を生きる島民。これは現在、最も端的な、そしてどこかの大国が蓋をしようとしている「世界の縮図」ではないか。監督は『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』のG・ロージだが、前作の“都市と群像”をめぐる定番的な答えからの逆算臭さが、今回はない。

    余計な説明や情報を盛らないドキュメンタリーだが、現実の多層性から“物語”を抽出するスタイルは巧緻。映像は審美性も高い。しかしポエジーが決して写実の精度を曇らせない。この見極めが凄い。ネオリアリズモの流儀が根付いている“イタリア映画”の傑作だ。

動画

映画『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』予告編
斎藤工&板谷由夏が『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』など2月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

(C) 21Unoproductions_Stemalentertainement_LesFilmsdIci_ArteFranceCinema

ポスター/チラシ

  • 映画『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』ポスター
    ポスター
  • 映画『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』チラシ
    チラシ
  • 映画『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』【タリアテッレ】(提供:バリラジャパン株式会社)
    【タリアテッレ】(提供:バリラジャパン株式会社)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・撮影・製作:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年2月6日の週の公開作品
  3. 『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』