シネマトゥデイ
シネマトゥデイ
.
バッドガイズ!!
(C) Reprisal Films / The British Film Institute 2015
英題:
WAR ON EVERYONE
製作年:
2015年
製作国:
イギリス
日本公開:
2017年2月21日
(ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)
上映時間:
配給:
トランスフォーマー
製作会社:
リプライサル・フィルムズ / ヘッド・ギア・フィルムズ / クレオ・フィルムズ・FZ / メトロール・テクノロジー / リアル・シェフ・ケイタリング
カラー

見どころ:『ターザン:REBORN』などのアレキサンダー・スカルスガルドと『バチカン・テープ』などのマイケル・ペーニャが悪徳刑事コンビを演じるクライムコメディー。暴言や暴力で悪人を脅し、くすねたドラッグをキメるといった悪事を繰り返す警官コンビと、裏社会を支配する謎のイギリス人との駆け引きを描く。メガホンを取るのは、『ザ・ガード ~西部の相棒~』などのジョン・マイケル・マクドナー。アレキサンダーとマイケルの破天荒なコンビの振る舞いが見どころ。

あらすじ:アメリカのニューメキシコ州。けんかっ早いテリー(アレキサンダー・スカルスガルド)とおしゃべりなボブ(マイケル・ペーニャ)は警官ながら、悪人を見つけては脅し、暴行を加え、ドラッグをくすねるなどの悪事を繰り返していた。ある日、二人はストリップクラブの経営者を脅迫。しかし、バックには裏社会を仕切るイギリス人(テオ・ジェームズ)がいて……。

バッドガイズ!!
(C) Reprisal Films / The British Film Institute 2015

映画短評

  • 山縣みどり
    悪徳だけど、肝心なところでは正義を貫きます!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    モラル意識ゼロだけど、なぜか憎めない悪徳刑事コンビがやがて巨悪との戦いに向かう展開はややスロー。途中のアイスランド行きとか省いてもいいし、巨悪の悪徳ぶりももっと描いて欲しかった。多分、M・ペーニャ&A・スカルスガルドのハチャメチャぶりを撮るのが楽しかったのね。凸凹コンビの言動で笑わせて、クライマックスの銃撃戦で実は凄腕を明かすギャップもいい。エンドクレジットで『ある神父の希望と絶望の7日間』のジョン・M・マクドノー監督作とわかって「えええっ」と驚愕したほど作風が異なるバディ・アクションだ! でもよく考えたら裁きに値する罪が主要キャラのモチベーションとなっている点では一緒ね。

  • 平沢 薫
    この監督のアイルランド警官コメディの変奏版かも
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     オフビート・コメディになるはずが、いろいろネジれてかなり奇妙なコメディになったのかもしれないが、この監督のバディ・コメディ「ザ・ガード~西部の相棒」の変奏版として見るのも一興。あちらはアイルランドの警官とアメリカ人FBIのコンビだったが、今回はニューメキシコのヒスパニック系&北欧系の極悪警官コンビ。マイケル・ペーニャは安定の芸達者ぶりだが、いつもはヒロインの恋人役が多い男優3人、アレキサンダー・スカルスガルド、テオ・ジェームズ、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズが、まさかの大胆コメディ演技を披露。彼らが出演したのは「ザ・ガード~」のノリが好きだったからかも、などと推測しながら見るのも楽しい。

予告編・動画

アレキサンダー・スカルスガルド×マイケル・ペーニャ!映画『バッドガイズ!!』予告編

» 『バッドガイズ!!』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005

(C) Reprisal Films / The British Film Institute 2015

ポスター/チラシ

  • 映画『バッドガイズ!!』ポスター
    ポスター
  • 映画『バッドガイズ!!』チラシ
    チラシ
  • 映画『バッドガイズ!!』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ボブ・ボラーニョ:
ジャッキー・ホリス:
ジェームズ・マンガン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『バッドガイズ!!』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年2月20日の週の公開作品
  3. 『バッドガイズ!!』