シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ウォーナーの謎のリスト

公式サイト:http://www.cinemabox.jp/warner
ウォーナーの謎のリスト
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年10月29日
上映時間:
制作協力:
神田古書店連盟
カラー

チェック:太平洋戦争中に日本の文化財のリストを作成したラングドン・ウォーナー氏の足跡に迫るドキュメンタリー。数多く存在する文化財が空爆を免れた理由や、ウォーナー氏とイェール大学教授の朝河貫一氏が行ったとされる戦争回避の試みなどを、アメリカと日本をはじめとする各国の資料や歴史学者などの証言によってひもとく。監督は、『疎開した40万冊の図書』などの金高謙二。

ストーリー:アメリカ人美術史家ラングドン・ウォーナー氏は、151か所の日本の文化財などが記されたリストの作成に携わる。また、神田神保町の古書店街が空爆を受けなかったのは、ロシア人学者のセルゲイ・エリセーエフ氏の尽力があったからだという説がある。そして、ウォーナー氏のリストに助言したイェール大学教授の朝河貫一氏は、戦前、ウォーナー氏と共に開戦を回避する工作を試みたという。

ウォーナーの謎のリスト

映画短評

  • 中山 治美
    もし、戦争でこれらの文化財が破壊されていたら…
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    金高謙二監督の前作は、東京・日比谷図書館の蔵書を人海戦術で疎開させた史実を追った『疎開した40万冊の図書』(13)。
    今回はさらに視野を日本全体に広げ、文化財保護に奔走した人たちの足跡を、米国に遺る公文書や多数の関係者のインタビューで紐解いていく。
    作業は実に緻密で丁寧。
    さらにそこから、東京の古書街・神田神保町が焼け残った謎などにも迫り、ミステリーとしての醍醐味もある。
    それにしても米軍の攻撃の精密度の高さや、終戦後、日本人が米国に対して憎悪を増長させないようにとする用意周到な戦略に感心すら抱く。
    改めて、この文化財同様の配慮が人命にもあったなら…と苦い思いを抱かざるを得ない。

動画

映画『ウォーナーの謎のリスト』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ウォーナーの謎のリスト』ポスター
    ポスター
  • 映画『ウォーナーの謎のリスト』チラシ
    チラシ
  • 映画『ウォーナーの謎のリスト』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・プロデューサー:
プロデューサー: 森島恒行 / 花井ひろみ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年10月24日の週の公開作品
  3. 『ウォーナーの謎のリスト』