シネマトゥデイ
シネマトゥデイ
息の跡
(C) カサマフィルム+小森はるか
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2017年2月18日
(ポレポレ東中野)
上映時間:
配給:
東風
助成:
文化庁文化芸術振興費補助金
製作:
カサマフィルム
HD / 16:9

見どころ:東日本大震災後に東京から陸前高田に移住した小森はるかが監督したドキュメンタリー。津波で全てを失うも自力で種苗店を再開し、独学で学んだ英語の手記を書いた佐藤貞一さんの日常をカメラが切り取る。プロデューサーは、『風の波紋』などをプロデュースした長倉徳生。黙々と外国語で本の執筆をし、工夫して日々を生きている佐藤さんの生活が見どころ。

あらすじ:岩手県陸前高田市在住の佐藤貞一さんは種苗店を営んでいたが、東日本大震災による津波で自宅も兼ねる店舗ごと流されてしまう。何一つ残っていない土地に彼は自力で井戸を掘り、プレハブを建てて店を再びオープンさせる。一方、佐藤さんは店の仕事とは別に、自身の被災体験を英語で記した「The Seed of Hope in the Heart」を自費出版していた。

息の跡
(C) カサマフィルム+小森はるか

映画短評

  • 森 直人
    それでも書く、ということに触発されて
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    映画としてどう、だとか、すわりが良い評言を一切口に出す気になれない。失語に追い込まれる鑑賞体験。しかし、それでも筆者がひとつだけ記しておきたいのは、理想的な「独学者」の在りようを見た、という想いに心底震えたことである。

    このドキュメンタリーの“主人公”は、震災の体験を、まずは母国語の情緒から引き剥がすべく慣れない外国語を使って書き始めた。そう、言葉は「道具」だ。大工にとってのカンナや金槌と同じように、生活や命をつなげるための。「職人の町」で育まれた知性から、表現の原初が立ち上がる。D.I.Y.やインディペンデントは単なるスローガンではない。はじめからコツコツ世界を作り上げていく努力のことだ。

予告編・動画

映画『息の跡』予告編

» 『息の跡』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011

(C) カサマフィルム+小森はるか

ポスター/チラシ

  • 映画『息の跡』ポスター
    ポスター
  • 映画『息の跡』チラシ
    チラシ
  • 映画『息の跡』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・撮影・編集・製作:
編集・プロデューサー: 秦岳志
整音: 川上拓也
特別協力: 瀬尾夏美
プロデューサー: 長倉徳生

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年2月13日の週の公開作品
  3. 『息の跡』