シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
 

チョウ・ユンファ
『アンナと王様』
(20世紀フォックス)
会見日:1月31日 


シャムのムンクット王と女性教師アンナとの物語を、壮大なスケールで描く『アンナと王様』。作品のPRのために来日した、香港のスーパースター、チョウ・ユンファの来日記者会見は、終始なごやかなムードの中で行われた。
 
Quick Time4.0以上
ファイルサイズ5.5M

役作りについて。
監督の指示を聞いて、一生懸命やっただけです。私自身は怠け者ですし、リサーチも苦手なんです。
ただ、監督からは原作を読んだり映画を見たりという、リサーチは一切するなと言われました。監督は今までのイメージとは全く違った、新しい王を作り上げようとしたのだと思います。これまでのものとは全く違う、ラブストーリーにしたかったのでしょう。でも、王様って不便ですよね。ちょっとお腹がすいたからといってラーメンを食べることもできないし、地下鉄に乗って自由にどこかへ行くこともできませんから。それに奥さんが23人もいたら、大変です(笑)。
早く死ぬのは、きっとそのせいだと思いますよ。
短いヘアスタイルは気に入っているのですか?
(質問に対して逆にチョウ・ユンファから)私の今のヘアスタイルは好きですか?
とてもステキです。
ありがとうございます。この髪は、ついこの前までアン・リー監督と清朝末期の映画を撮っていました。撮影が終って1ヶ月ぐらい経って、ちょうどこの長さになったのです。
ジョディ・フォスターについて。
撮影現場へ行ったら、そこにはステキな女性がいました。
それはジョディ・フォスターでした。彼女は本当に優しくて、エレガントで、すばらしい女性です。もしまた機会があって、お互いのスケジュールが合えば、ぜひ一緒に仕事をしたいと思っています。
それから高倉健さんという素晴らしい日本の俳優と、一緒に仕事ができたら最高ですね。
いつか実現できるといいと思います。
舞踏会のダンスシーンについて。
私はとてもニブイんです(笑)。何回もジョディ・フォスターの足を踏んでしまいました。
撮影には9日間を費やしましたが、映画はほんのちょっぴりでしたね(笑)。映画の撮影が終った後にダンスを踊る場合には、まず先に奥さんの許可を取らなければいけません。そうしないと、私は奥さんに足を踏まれてしまうかもしれませんから。
ラストにジョディ・フォスターの手にキスをするシーンについて。
あれはもともと脚本にあった場面 ですが、彼女の手を取り上げてキスをしたのはその場のハプニングです。
監督からの指示はありませんでした。監督からは口のキスはダメとずっと言われていたので、彼女にキスをするには手しかありませんでした。
そしてあのシーンが、彼女にキスをするラストチャンスだったのです。本当にやって良かったと思っていますよ(笑)。
ハリウッドで撮影することにどんな苦労がありますか?
映画の撮影というのは、ハリウッドだろうと香港だろうと、どこへ行っても同じ。ただ撮影するチャンスがあるかどうかということが、大事なんです。
私にとって、仕事がすごく大変であるという時期は既に過ぎ去りました。お金をもらって仕事をするという点において、ただ普通 の苦労はあります。
エンジョイの為に撮影に行っているわけではありませんし、そうなってもいけません。ですから全く普通 のレベルで、大変だと思う事はあります。私がハリウッドで一番苦労したことと言えば、食事ですね。ボリュームの多いアメリカの食事には、慣れることができません。
英語の練習について。
英語の先生と妻に感謝しています。語学というものは、必要であれば役者である以上は一生懸命やるのは当然です。ですから、仕事だと思って一生懸命やりました。私自身はあまり得意ではないし、本当はあまりやりたくないのですが(笑)。
  『アンナと王様』以降にオファーされる作品は変わりましたか?
特別に変わったということはありません。普段の生活も変わりありません。今は早く休暇を取りたいですね。とにかく、アジア人の役者がハリウッドで仕事をするには、大変制限が多いんです。ですから、私はマネージャーである妻とエージェントに頑張ってもらって、アジア人がなかなかできないような役をこれからは獲得していければいいと思っています。
日本のファンへのメッセージ。
日本のファンの皆さんには、心からの感謝をしたい。本当に長い間、私のことをとても愛してくれて、そして応援してくれてありがとう。ハリウッドで、アジア人の役者が普通 に頑張っている。それに対して、これからも応援する時は普通の気持ちで応援して欲しいと思います。それから、いつも私を支えてくれている妻にとても感謝しています。
   

『アンナと王様』
1999年度作品
配給:20世紀フォックス映画
2000年2月5日より
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク