シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ジョニー・デップ FLiX独占インタビュー 




  もう一度、バートン監督と 仕事がしたかっただけなんだ
なぜ『スリーピー・ホロウ』への出演を承諾したのですか?
D ジョニー・デップ(以下D) 監督がティム(・バートン)だったからね。僕にとっ ては、それ以外のことはどうでもよくて、二つ返事でOKさ。大好きなんだよ。彼の ことが。
あのストーリーは知っていましたか?
D もちろん。僕の家でも毎年、ハロウィーンの恒例行事だったしね。
イカボット・ クレーン役のビング・クロスビーのナレーションが懐かしいよ。イカボットは好きな キャラクターだし、その役を演じられるなんて、役者冥利に尽きるよ。
まあ、何はと もあれ、もう一度、バートン監督と仕事がしたかっただけなんだけどね。
子供心に、やっぱり怖かったですか?
D アニメの方は原作ほど怖くなかったね。原作は、学校で読んだ記憶がある。授業 で読んだんだけど、低学年の子供には、おどろおどろしい感じがしたんだろうな。
バートン監督との仕事はどうでした?
D 悪魔払いの儀式を受けてるみたいな感じだったよ。
  信じられないほど豪華な出演者たちだ
役作りは?
D 基本的にはワシントン・アーヴィングの 原作に描かれたイカボット・クレーンのイメージで。だけど僕は、改めて読み返し てこう思ったんだ。「よし! 特殊メーキャップのアーティストを呼んで、とびきり 高い鼻とデカい耳。それに、つけ指もしよう」って。ここだけの話だけどさ、それを 見たパラマウントのお偉方連中は、はっきり言って、引いてたね。「ジョニー、あま り感心しないな」とか、何とかと言ってね。
セリフが英国訛りですね。
D その方が現実味があるからさ。最初は、単純な作業だったんだ。ただ発音を正確 に覚えて、別人になりすますだけ。でも、僕が心から愛し尊敬する、親友のロディ・ マクドウェルが、インスピレーションを与えてくれたんだ。ロディ・マクドウェルと アンジェラ・ランズベリーの組み合わせなら、どんな子供ができるかな?って考えた よ。どんな子供だと思う? 
たぶん、イカボットみたいな男の子だね。なぜかはわか らないけど、脚本を読むと、いつもそんなイメージやアイディアが浮かんでくるんだ 。「ロディはあの役。アンジェラはあれ。バジル・ラスボーンはこれだ」って。アン ジェラも素晴らしい女優だと思う。
共演者の顔ぶれはどうですか?
D 聞いてビックリだよ。撮影初日、控え室 へ入っていったら、ずっと前から憧れていた“The Singing Detective”(BBCの テレビ・シリーズ)のマイケル・ガンボンがいるじゃないか! あの天才マイケル様 が、だぜ。その他には、ミランダ・リチャードソン、『ウィズネルと僕』の2人組の 片割れのリチャード・グリフィス、イアン・マクダーモット、ジェフリー・ジョーン ズ、マイケル・ゴフ。
信じられないほど豪華な出演者リストだ。僕は、この機会を得 るために、こういう滅多にないチャンスをつかむために、製作サイドのつまらない談 義も我慢して聞いていたというわけさ。
僕が好きな作品には一定の法則がある
クリスティーナ・リッチとの共演はどうでしたか?
D 彼女はすごくいい子だ。初めて会ったのは、確か『恋する人魚たち』のセットで 、その頃、彼女はまだ、8歳か9歳だったはず。とても優しくて、面 白くて、頭のい い子でね。僕は彼女の成長を何年も見守ってきたんだ。そんな彼女と、テーブルを挟 んで恋人のように見つめ合うなんて、はっきり言って、すごく妙な感じがしたよ。
様々なジャンルの映画に出演していますが、それはあなたの信条なのでしょうか?
D たまたま結果 的に、そうなっただけのことさ。『ラスベガスをやっつけろ』、ロ マン・ポランスキー監督の『ナインス・ゲート』、『スリーピー・ホロウ』の後で『 ノイズ』を撮ったんだけど、どの作品も、ほとんど間隔をあけず、立て続けに撮影に 入ってるんだ。
ファンタジーには、ストレートなドラマには語り尽くせない何かがあると思いま すか?
D 僕が好きな作品には一定の法則がある。ロマンの原点はフィルムノワールで、バ ートン監督のルーツは、ジャンルで言えば、SFっぽいホラーだ。そういう作品の中 で役を演じる場合、他のジャンルの作品とは違って、演技に幅を持たせることができ るんだ。
イカボット・クレーンを例に挙げてみようか。彼はアメリカ人なら誰もが知 ってるキャラクターだ。だから演じる側の責任は重大だし、事前に途方もない約束を させられる。「OK、お馴染みの彼に、僕が変身してご覧に入れますよ。もっと女性 的な側面からアプローチして役作りをするつもりですから。原作のイメージとは、ま た違ったイカボット・クレーンも、きっと観客にすんなり受け入れて貰えるでしょう 」ってね。
  フランスでは、誘拐だの、殺人だの とは無関係に暮らしている
まだパリに住んでいるのですか?
D うん、時々ね。
ヴァイパー・ルームの経営も、以前と同じようにあなたが指揮をとっているので すか?
D うん、ロスにいるときは。と言うか、アメリカ国内にいる時はね。
あの店、すっかりロスの観光名所になりましたね。
D 別に、そうは思わないけど。
“ロスの見どころ”リストに必ず載っていますよ。
D それなら僕の自宅もリストに入ってたぜ。
最近は、どのくらいのペースでアメリカに帰国していますか?
D ごく、たまにだね。この2年間は、フランスや『スリーピー・ホロウ』の撮影で イギリスにいたし。
そういう生活はどうですか?
D すごく快適さ。まず言っておくと、テレビを見なくなったね。フランスでは、誘 拐だの、殺人だの、自然災害だのとは無関係に暮らしているんだ。もちろん、フラン スにもそういう事件や事故はあるけど、スケールは全然小さいんだ。この前、ロスに 戻った時、朝8時のニュースで、今まで見たこともないほど恐ろしい映像を見てしま って……ビックリしたの何のって、ものすごく恐かったよ。それから、ニューヨーク で妹と食事をしながら、深夜のテレビショウを見ていたら、これまた “史上最悪の 追跡事故”っていう映像が流されて、あまりのムゴさに、アゴが床につくぐらいのデ カ口をアングリさ。
アメリカで子育てしなくて良かったと思いますか?
D ああ。
  『ポンヌフの恋人』はスゴく良かった
フランスでプロジェクトを進めようと考えたことはありますか?
D ヨーロッパの監督に2人ほど声をかけたことがある。あと、フランス人のプロデ ューサーやフィルムメイカーにも、様々なプロジェクトの話を持ちかけたよ。でも、 僕の中に、フランスで映画を作るという確信みたいなものが、まだ生まれてこないん だ。いつかはやってみたいと思うけど。
どんなフランス映画が好きなんですか?
D フランス映画で? そうだなぁ…… レオス・カラックス監督の『ポンヌフの恋 人』はスゴく良かったと思うよ。ずいぶん前の作品なのに、こっちで公開されたのは ごく最近なんだ。
ヴァネッサ(・パラディ)のアルバムの中でオススメなのは?
D 全部だね。アメリカでウケるかどうかはわかんないけど、本当に聴きごたえのあ るアルバムが揃ってる。それに、もうすぐ新譜を出すみたいだよ。僕も何曲かデモを 聴いたけど、これがまた、すごくイイんだ。
歌詞は英語?
D フランス語と両方だ。
彼女は、家であなたのために歌ってくれるんですか?
D いや。でも、子供には歌ってるよ。
子供を持つ決心をした理由は?
D さあね。僕は今まで一度だって“決心”というものをしたことがないんだ。僕ら が「そろそろ欲しいな」と言う前に、子供の方 が待ちきれなくなって、先に来ちゃったんじゃないかな? きっと、そうだよ。こ うなるべくしてなったのさ。
“そろそろ年貢を納めて、大人になれ”ということだったのかも。
D 大人になったかどうかは、定かじゃない けどね。
入籍は?
D してないよ。
予定は? ヴァネッサ次第?
D 子供次第だ。寝場所をどうするか、その決定権は子供にあるからね。
れにしても、どうしたら、そんな風に、いつまでも若々しくいられるんでしょ うね。
D 品行方正な生活をすることだと思うな。
Marion Ross&Steven Hardy
訳:大幸昌子
  FLiX4月号(2/26発売)に、さらに詳細なインタビュー掲載中





『スリーピー・ホロウ』
1999年度作品
配給:日本ヘラルド映画
公開中
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク